CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.03.28 Tuesday

ああ 懐かしい

 

 

 

 

 

 

昨日、見つけたチャンネル。

 

じっと聞いていれば、分かる英語も多い。

 

 

タイのドンムアン空港、もう今は無くなっているのだろうけど、

 

ここでトランジットの隙間に、空港レストランに行って初めて食べたタイ料理が、 

 

トムヤンクンスープとカオパッドクンで、これがタイ料理の入り口になった。

 

 

連れて行ってくれたカイチという連れは、もっと馴れていて、よりタイのひと達と同じようなメニューを食べていた。

 

 

 

それから、15 回ほどタイには行ったが、何を食べても死ぬほど美味かった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.27 Monday

タイカレー

 

 

 

 

  

 

ニュルンベルクの展示会でもらって帰ったカレー。

  

 

今撮りだめしている料理動画のテーマは『 集客 』で、来店される方の TPO に即した再生リストにしている。

 

ここに、もう少しメニューにテーマを持たせたくて、目下考え中。

 

考えているのではなくて、

 

テーマは、既に以って作成しているが、それをどのようにまとめて表現するかを整理している。

 

 

大前提が、病気にならないことではなくて、健康な身体作り。

 

病気にならないは、目標がゼロで、健康に成るは、+何ポイントみたいな違いを感じている。

 

実際、タイに行くと、病気にはならないが、元気になる。

 

 

なので、タイの薬膳料理には興味を持っていて、それをみんなに報せたいと思っている。

 

 

あんまり考えるタイプではないので、何かがポコッと湧いてくるのを待っているみたいな事。 

 

 

 

 

2017.03.24 Friday

チンゲン菜のお浸し

 

 

 

 

 

Alphar's Kitchen の名称でクックパットのレシピページを展開しているが、

 

これが、そこそこ人気で、月に2万件の閲覧がある。

 

 

その中で、一時期トップ閲覧数だったのが、チンゲン菜のおひたし。

 

これは、正直おどろきだが、考えてみればレシピが web 上に豊富に出されていて、

 

料理が、母から子へ伝達される事ではなくなりつつあれば、マニュアル化されたレシピで確認はよく分かる。

 

 

多分、おひたしの作り方が分からない訳ではないと思う、それより失敗をしないための確認しているのだろう。

 

 

ここに、いまの若い人の気質が現れているような気がする。

 

えいっ、とやってしまうひともいるにはいて、その後始末に手が掛かるのも困ったものだが、

 

でも、それでその人が、道から外れた時の対応能力が鍛えられればいいが、ところがそうはいかない。

 

経験上知っていることは、そういうひとは、失敗と思っていないのか、次から慎重になることは無かった。

 

 

そういう意味では、慎重過ぎるのも困るが、懲りないのも困る。 

 

 

料理動画が、お店の集客に繋がると考えて、無償でお客様に提供できるように、

 

ドロップボックスで、ダウンロードできるようにしたり、

 

Wi-Fi 環境で YouTube から、そのまま再生リストを作成して放映できるようにも作った。

 

 

考えていることは、iPad を店で設置できれば、そのまま流せるソフト面での準備をしている。

 

普通に、店舗が iPad 購入の稟議を出して、セロテープの台のように本部が「 ハイ ハイ 」となる頃には、

 

少なくとも 100 本以上は、出来上がっていると思う。

 

 

 

2017.03.23 Thursday

奇跡の存在

 

 

 

 

 

一昨日の、研修会の講習原稿。

 

そういえば、昨日は会社に行く道で、鶯が啼いていた。

 

 

ヤマダストアーさんが、一昨年やる気と感動の祭典という研修会で、アルファーとの取り組みを発表して頂いて、

 

それから、なんとかかろうじて面目を保つことが出来ていて、まことに感謝している。

 

そういう意味で、2 年間死に物狂いで仕事をしてきた。

 

昨年の 4 月は、その逆で私がヤマダストアーさんとの取り組みを結果発表させて頂いた。

 

 

 

7 年間で 700% の驚異的な伸びの発表となったが、

 

驚く事なかれ、去年から今年に掛けても、更に 116% 伸ばして頂いている。

 

 

正直言うと、これはヤマダストアーさんとアルファーがしていることは、結果が伴うことを証明していると思っている。

 

 

 

 

研修の最後に、中川トレーナーにまとめをお願いすると、

 

ふたつのお話しをしてくれた。

  

 

ひとつは、ますます来店される方のレベルが上がり、

 

熱心な質問やご意見を伺うようになったという事。 

 

 

もうひとつは、『 いかなご 』 の話。

 

瀬戸内の地域では、この春先にいかなごの釘煮を思いっきり炊く習慣がある。

 

ところが、その売れるとなったら、異常値のごとくそれこそ各小売業が天井知らずを目指すので、

 

当然、漁師も乱獲に走る事になる。

 

漁は、青果や畜産と違い、育てる事をしないので、

 

限りある資源の循環を壊していく事になる。

 

このどこが、sustainable だと思うくらい、数字を追いかける事を片方でしている。

 

水揚げが減れば、またありそうな漁港を探してまで、港に向かう事をしている。

 

 

今年は、昨年のいかなごの 3〜4 倍の相場だという事だ。

 

そこで、ヤマダストアーさんは、買いにこられたお客さんの期待を裏切る事になる懸念を振り払い、

 

『 ヤマダストアーは生態系を守る 』 企業理念から、『 今年は販売をしない 』 ことを決められ、

 

それをチラシで告知されたそうだ。

 

 

今まで、スーパーマーケットのチラシは、販売する事をチラシにしてきたのに、

 

販売しない事をチラシにする、なんて真逆の事をする。

 

 

これは、アルファーが『 水耕栽培の野菜は売らない 』 なんてレベルじゃない。

 

この事を、平気ではないだろうが、企業理念そのものに対する賛同が、

 

もっとも、お客さんの期待に添い、応える事になるとの願いが、信念を貫く事になる。

 

 

そうすると、中川さん曰くは、お客様から多数の評価の声が届きました、という事であった。

 

ミレニアルズは、実はこういう思想の元に生きている。

 

 

何故なら、彼らはこの先、私たちが生きてきた年数を生きていく事になることを知っているからだ。

 

安くなきゃ若い世代は買えない、なんてのは幻想のような気がする。

 

 

もちろん、世代で縛れるような考え方でもない。

 

 

老若男女を問わず、そういう層が存在するということで、その価値観が時代を変えていく。

 

 

 言われればその通りだが、ということを真っ当に出来るためには、本当に積み重ねが必要で、

 

その積み上げが、出来てきているという意味で、稀少な存在だと思うしだいです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.22 Wednesday

新入社員研修会

 

 

 

 

 

 私にとっては、三度目のヤマダストアーさんの新入社員研修会参加。

 

 

今回は、楽しいというより、中身のある研修会だったように思う。

 

 

 山口農園さんと、ヤマダストアーさんの間にアルファーは立たせていただいている関係。

 

今回は、大試食会に参加しているときに、中川トレーナーから依頼を受けて、どこにお連れすれば良いか悩んだ。

 

 

 

結局、少し遠いが、奈良の榛原まで来てもらうことにした。

 

 

 比叡山で半日研修の後、奈良の橿原グランドホテルに宿泊して、この山口農園まで来てくれた。

 

なんと、豪華な新入社員研修会だ。

 

 

 

でも、山口社長の講習は、大変ありがたい内容だった。 

 

まさに、ヤマダストアーさんにぴったりのグレードだった。

 

 

いま、スーパーマーケットにどのような考え方が必要で、いまから何を目指して仕事をしていくか、

 

そんなことが、盛りだくさんで、特に地域との共存が如何に大切かを、企業の成長を以って示してくれた。

 

私が知っている山口農園さんであれば、との期待に十二分に応えて頂けた内容で、私も責任を果たせて感謝している。

 

 

 

 

冒頭の画像のパワーポイントは、『  地域との自主防災協定  』 を結んで活動している報告だった。

 

まさに、sustainable の極み。

  

 

 

アメリカの PCC で話されていた『 有機農業は地域のこと 』 を地で行っている会社だ。

 

 

 

 

 

 

2017.03.21 Tuesday

Alphar's Movie 料理動画

 

   

 

 

 

 

 

一週間に 3 動画ずつ製作している。

 

まったくのプライベート製作でしていて、道具が順番に揃っていくのも面白い。

 

 

今朝は、久しぶりに、バナナとヨーグルト。

 

やっぱり、美味いし、なんとなく身体が目覚めて元気が出てくる。

 

そういえば、今からがバナナが美味しくなる季節。 

 

 

 

動画は、ドロップボックスでダウンロードしてもらう方法と、

 

YouTube で、再生リストを作成し、そのままエンドレスでお店でまわして頂く方法とがある。 

 

そのうち、動画作成の方法も確立できれば、公開したいとも考えている。

 

すべて、コンピューターの発達が、個人ユーザーにまで反映してきている事の賜物。 

 

 

 さて、今日は、ヤマダストアーさんの新入社員研修会で、奈良の山口農園さんにお連れする。

 

これで、三度目の新入社員研修会での講師を勤めさせて頂くが、過去の講習内容を振り返ると、

 

その時代があって面白い。

 

あいにくの雨模様だが、新入社員の皆さんのスタートが、良い方向を向くように話しを出来れば幸いだ。 

 

 

 

2017.03.20 Monday

日曜のお昼

 

 

 

  

 

 

最近、よくこの焼き飯が出てくる。

 

炊飯器で、1 合炊いても、夫婦ともに 3 歳児程度しか食べなくなってしまっていて、

 

それで、冷ご飯が出来てしまい、其の消化にはこれが一番簡単で、しかも飽きが来なくて良い。

 

ちりめんじゃこが入っているのがミソで、美味しい。

 

 

 

そんな繊細な事をいいながら、そういえば、むかし冷凍加工品で『 美味繊細 』 ってブランドを作っていたが、

 

最後は、ソースをブァーッ とかけて食べるのが好きだから、元も子もなくなってしまう。

 

 

 

 

 食器に凝ってるが、服にくらべれば安く済む。

 

 

この国の平和な日曜日の昼下がり、いつまでつづく。

 

 

 

 

2017.03.18 Saturday

おみやげ

 

 

 

 

 

 おからのクッキー、おいしい。

 

和菓子の味がするクッキーって、初めて食べた。

 

 

 

先日、山梨に行ったお土産に頂いた。

 

重くて、電車を乗り継いで帰る自信が無かったので、

 

申し訳ないけど、ホテルで、宅急便を使わせてもらった。

 

 

商品開発が特に好きってことでも無さそうな気がする。

 

必要だ って思われるから、ここまでされるんだろうと思う。

 

 

商売が上手なのではなくて、熱心なのだろうと思う。

 

 

必要とされるお客さんがおられるはずだから、提供する義務があると思っておられると思う。

 

 

この一念がある限り、ずうと続くんだろうと思う。

 

 

 

 

私には、その一念はあるが、他にも気が多くて駄目だ。

 

 

 

 

まあ、いま楽しく暮らしているから、満足しているが、

 

この満足が厄介だ。 

 

 

 

 

 

 

2017.03.17 Friday

春かな

 

 

 

 

会社のビルの、駐車場部分を駐輪所に借りている。

 

そこに、上の階の爺さんが、ランチュウのブリーダーを趣味にしていて、

 

おびただしいランチュウを飼っていて、おもしろい種の開発をしているそうだ。

 

最近は、自転車通勤なので、毎朝ここに駐輪しているが、動く姿を見たことが無かった。

 

 

陽が射していて、ちょっと暖かかったので、どうかなと覗いて見ると、へろへろと動いていた。

 

 

寒いと、血が流れず、動けないように身体が出来ているんだろうな。

 

腹も減らないんだろうか。 

 

 

 

 

 子供の頃、庭で金魚を飼っていて、一匹白い金魚がいて、

 

こいつが主みたいな雰囲気だったが、良く懐いていたのか、耳が良かったのか、勘が良かったのか、

 

歩く音で、ちゃんと通り道の側の上に必ず浮いてきた。

 

 

 

親父の遊び仲間で、本当は心根の優しい人なんだが、

 

話すことは、とにかく人が驚くほど、まっすぐではなく、辛らつな事を言う。

 

 

「 ほら、見てみぃ、ここの家は金魚に餌をやらないから、餌ほしさに浮いてきよる 」

 

 と、言っていた。

 

 

なるほど、兄弟が退屈しのぎに、麩をたまにやって遊ぶ程度で、餌なんてやる習慣はなかった。

 

睡蓮やほてい草がいっぱいの池だったから、そんなに餌が必要とも思わなかったからだが、

 

まあ、面白い人だった。

 

 

あのほてい草のぷくっと膨らんでいるところを、ある日つぶしてみると、

 

 プシュッ とつぶれる感覚が面白くて、20 個くらい全部つぶしたことがあった。

 

水面に浮くための進化だと思うが、つぶしても、沈まなかった。

 

 

痛かったかもしれないが、その後も池の風景が変わった記憶は無いので、浮いていたのだろう。

 

 

 

 

2017.03.16 Thursday

甲府

 

 

 

 

 

昨日から、久しぶりに甲府に来ている。

 

 

長野周りの電車で来たから、おかげで晴天に恵まれ、途中アルプスもきれいだった。

 

 

肉でも食べようかと、鉄板焼きのお店に行ったが、あいにく満席だと言うので、しかたなく中華屋さんになった。

 

 

 

 

この丸さを生む気質と、どうもあの喧騒とが、一致しない。

 

でも、礼儀正しいが行儀がわるい、という名台詞を思い出せば、なっとくもできる。

 

 

 

病気にならないと、健康になると、どう意義なのだろうか。

 

いつも、この違いに悩む。

 

 

そうすると、ボブ・マーリィーの、positive もやっぱり名台詞ということになる。 

 

 

 

 

 

  

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ