CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.08.14 Tuesday

今日のパン

 

 

 

 

 

シナモンロールというが、この手のパンで何を食べるかというと、

 

あとは、メロンパンとあんぱん。

 

 

 

子供の頃は、何ていうんだっけかな、

 

 

コルネ だ。

 

 

 

 

うちでパンを普通に焼くようになって、

 

本当に美味しいパンを食べられるようになった。

 

 

こんなに美味いパンを食べると、みんなに食べてもらいたいという気持ちが強くなってきた。

 

 

いつの頃からだったか覚えていないが、

 

 

何処に行っても、材料が気になるようになって、結局外ではコストを考えなければ、

 

美味しいものにありつけることは分かって来た。

 

 

 

外で食べて、別次元の味は、心斎橋の大丸だったか、もう少し南の方の高島屋だったか、

 

ブランド物が並んでいるエリアにイギリスの紅茶屋が入っていて、そこのケーキが今まで食べたことが無かった味だった。

 

 

 

 

 

家では、エシレバターのおかげだってことになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.12 Sunday

ぷっかけ素麺

 

 

 

 

 

 

夏の風物詩と言えば、てんぷら素麺だった。

 

 

これが、若い頃に仲間にすこぶる評判だった。

 

 

それが高じれば、ナスの田楽とそうめんを食べる。

 

 

ところが、いまの嫁は具沢山の素麺を作る。

 

 

つゆに、キュウリや錦糸卵を入れて、生姜や大葉も入れて、のりをかけて、それで食べる。

 

 

 

これっ、意外と美味いけど面倒くさい。

 

 

しごとで遅くなった息子が帰ってきて、ひとりでこのメニューを食べるときに、

 

気持ちはよく分かる面倒さで、どんぶり鉢にバサッと全てを入れて、食べていたのを発見。

 

 

以来、そうして食べるようになった。

 

 

 

 

 

 

上から見るとこんな感じ。

 

 

 

最近追加しているのが、オクラ。

 

 

これがまた美味しい。

 

かごしま有機生産組合のオクラ。

 

ここの野菜は美味しいが、あまり商売にならない。

 

 

惜しいと思うが、組織が大きすぎてなかなか方向を変えられない。

 

 

 

小豆島に行くつもりだったが、二日間どうしても仕事を避けられなくて、ことしもがっかりしながら断念。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.09 Thursday

フルーツミディトマト

 

 

 

 

 

 

北海道の朝日町というところ。

 

山深いところだが、なかなか空気感が良い。

 

地域の少し小高い山の上に、由緒は分からないが、私のお気に入りの神社があり、

 

何でも熊が出るらしいが、かつて開拓後の未だ不安があったころ、地元の人が大切にしてきたであろうことが伺える。

 

 

 

そこで、育つ『 アグリオーレ 』 という名のミディトマト、品種はサカタのシンディースイート。

 

 

 

このトマトがきっかけで、野菜を美味しく育てるコツみたいなものを知った。

 

 

野菜の味を作る農家と、野菜の味を引き出す農家とがいる。

 

 

 

どちらがどっちということは無いが、結局は長く飽きが来ず食べられるのは、こっちということは分かって来た。

 

 

 

それは、どっちと聞かれても、それはどちらも美味しいので簡単には公表するわけにはいかない。

 

 

それよりあまり上手くないのは、単に産直、生産者直結というだけで、価格訴求のための産直で満足してしまうこと。

 

 

ここには明らかにランクの差がある。

 

差があるが、気がつかない店も多い。

 

どんな情報にも不完全さが付き物で、その不完全なところを自分で埋めるしかない。

 

 

仕掛けの底が浅いと、受けいるひとの量も少ないのは当たり前のことだが、

 

先日、同じ特別栽培で、同じ品種なら、価格が安い方が良いと、並べていた店の人参を買って帰った。

 

数値を測定するまでも無く、ジュースにして飲んでみたら、申し訳ないけど、これが不味くて飲めたものではなかった。

 

 

 

特別栽培や有機栽培のレッテルには何の意味も無い。

 

品種にも、生かすことをしなければ、宝の持ち腐れになってしまう。

 

せっかく親が有能に産んでくれても、本人がその能力を磨くことを怠れば、少しも輝くことはない。

 

 

 

味は作れる。

 

味の理屈が分かっていれば。

 

 

栄養素は味でもある。

 

 

それなら、もっと手っ取り早い薬膳素材はいっぱいある。

 

もちろん、野菜なのでサプリメントよりは身体も吸収してくれるだろう。

 

 

 

手っ取り早さも価値には違いがないが、省いたことは現れることはない。

 

 

もちろん、分かっちゃいるけどやめられない、っていうのも好きだ。

 

 

 

奥に写っている南瓜は、田畑さんの恋するマロン。

 

美味い、一瞬で売切れてしまった。

 

 

恋するマロンの美味しさを知ったひとは、栗五郎なんて絶対作る気にならないという。

 

手っ取り早く作れて、お金になれば良いと言う人は、栗五郎に走る。

 

だから、種苗会社も、よく売れるんですよと言う。

 

 

世の中ってのは、まったく上手く出来ている。

 

 

 

 

今年のお盆は小豆島で過ごせると思ったが、見通しが甘かった。

 

 

 

休むなら、その前後に働けといわれているようで、お盆明けにとんでもない量の注文が入り、

 

けっきょく、はたらくことになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.07 Tuesday

One Love

 

 

 

 

 

昨日は、頭が興奮していて、身体は寝ようとしているのに、寝られなかった。

 

 

おかげで、眠い。

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.06 Monday

今年の夏は長い

 

 

 

 

長い梅雨と長い夏、どっちがいい?と聞かれれば、

 

どっちも嫌じゃ、と応える人が多いだろうな。

 

 

 

あれはいくつくらいだったか、ちょうど長女がお腹に出来た年だったので、

 

24歳の夏で、もう41年も前の夏だったと思うが、毎日毎日がとても暑く、毎日スイカを食べて過ごした記憶がある。

 

 

 

ボォーっとした頭が、暑さゆえシャキッとした記憶がある。

 

自分と自分以外とのつなぎ目が、暑さゆえ、明確になってそれが心地よかった。

 

 

 

The Band の Last waltz を毎晩聴いていたように思う。

 

 

 

太陽に52年周期があるなら、もうひと巡りしている頃だし、太陽にはいっぱい周期があるので、

 

そういう意味でも、歴史は繰り返すように出来ていても何ら不思議はない。

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.05 Sunday

美幌のにんじん

 

 

 

 

 

今年は心配したが、立派な品質のにんじんが届いていた。

 

尻尾を切る工程を入れてくれれば言うことはないが、これももう少し関係性を前に進めないと上手くは行かない。

 

 

 

特に、この後に出てくる有機栽培の人参との兼ね合いがあるので、難しい。

 

もっとも、夏場に有機栽培で人参を作ろうと思うとかなりのリスクがあるので、価格が違うが。

 

 

相場が上がっているので、注文も多い。

 

 

いつも思うが、相場狙いで弊社に発注してくるスーパーさんが多いのには、閉口してしまう。

 

価格だけでうちを選ばれても困ってしまうが、その裏返しで、

 

価格だけでは集客できない顧客層が、

 

店には来られていると思うのだが、どうなのだろう。

 

 

お客さんはお客さんなので、出来る限り応えようとは努力はするが、限界もある。

 

 

暑いさなかの作業で、素早くやらないと品質が劣化してしまうので、なかなか気が許せない。

 

 

 

こんな暑さの中、ハウスで畝をバーナーで焼いてベビーリーフを栽培していた。

 

あたまがボーとして、内耳の圧力がおかしくなり、音も聞こえなくなる。

 

心臓の鼓動も早く、おかしくなっている耳の直ぐ脇に心臓があるような気がした。

 

 

出来上がって家に戻ると、シャツが汗でべったり背中にへばりついて、ひとりで脱げない。

 

被るTシャツは先ず無理で、前がボタンのシャツにすればいいだけだったが、気がつくのが遅い。

 

ズボンを脱ごうにも、ベルトまで汗がびっしょりで、ベルトを外すのにもひと苦労。

 

 

にらの森さんも、今、定植に向けて畝の養生に奮闘中。

 

なにやら、空調服なる熱を遮断して、服の内側に貯まった熱を外に逃がしてくれる機能なのか、

 

良いものを見つけたとブログに書いてくれていた。

 

これをターミナルのおばさんたちに買えば、彼女らも少しは暑さを軽減してもらえるかもしれない。

 

 

電話で聞いてみよう。

 

 

 

 

 

 

2018.08.03 Friday

彦根通い

 

 

 

 

 

 

いくつくらいだったか、南風商店をしている頃、

 

何を思ったのか、このパリヤさんで催事をさせてもらうことを考えて、

 

自然食品と有機の野菜の催事コーナーを随分広く取っていただいて、ちょうど日本シリーズをしている秋だった。

 

 

 

お母さんが来られて、何かこのお母さんが気に入られそうな商品をと思って、

 

『 玄米甘酒 』をお勧めした。

 

 

 

翌日来られて、『 あなた、玄米甘酒は今まで飲んだこともない美味しいものだったわよ 』 と褒めてくれた。

 

 

 

もちろん親なので、『 うちの息子は、大丈夫かなあ 』 と、ひとこと不安をもらして立ち去られた。

 

 

おかげさまで、思惑通り、今で言う『 とくし丸 』のような訪問販売の新しいお客様を3組頂いた。

 

 

なつかしい思い出で、ちょうど今頑張っている長男が生まれて座ることも出来ない、

 

ひと月半程度で、実家に預けて母親と共に二日間やっていた。

 

 

二日目が終わり、撤収をして、母親は早く預けている息子のところに戻ってやりたそうだったが、

 

私は、この空気を入れ替えたくて、喫茶店に寄ってひと息ついてから戻ろうと言うと、仕方が無いという顔で付き合った。

 

付き合ったが、もう気持ちは息子のところに戻っていて、落ち着かない様子だったので、早々に店を出た。

 

 

物分りの良い息子だってことは分かっていたから、大人しく待っていると思っていたが、

 

母親のこの仕方がないという気が息子に伝わって、本人は怒っているだろうことは想像出来た。

 

子供の頃は、いつも親の都合で自分の都合は後回しで、でも、そういうもんだと思って育ったので、

 

もちろん、自分の子供に対しても、そのように常に子供の事情より自分の都合を優先してきた。

 

 

実家に戻ると案の定、母屋を過ぎたところで離れから彼の泣き声が聞こえてきた。

 

離れの戸を開け中に入り、すぐに息子のところに行こうとする母親を、そこにいろと気で制して留め、

 

息子に聞こえるように、預かってもらった礼を述べると、彼はちゃんと泣き止んだ。

 

 

 

どうも彼は、迎えに来れるのに迎えに来ないのは、自分は捨て置かれたのではないかという不安で泣いていたようだ。

 

 

それで、声が聞こえるように話しをすると、戻ってきてくれたことが分かって、ちゃんと普通に戻った。

 

 

これにはさすがの親父も驚いて、

 

「 ずうと大人しくしていたのに、半時間ほど前から急に泣き出して、

 

あれだけ何をしてやっても泣き止まなかったのに・・・ 」 と目を丸くしていた。

 

 

その母親も今年の春にこの世を去ったが、ほんの35年ほど前の出来事で、この会社には恩を感じている。

 

 

恩を感じていても、頭の片隅で感じているだけで、いつだったか、

 

同窓会であったとき、「 そんな仕事をしているなら、是非営業に来てよ 」 と頼まれたが、

 

まったく、お客さんを増やすことに興味がなくて、知らん振りして、

 

「 清ちゃんでなくても、営業のひとで良いから頼むわ 」 とまで言ってくれているのに。

 

 

それで、自分の都合で、お客さんになってもらいたいと思えば、こんどは、

 

「 お袋が未だ元気で、自分が取り扱っている野菜を食べてもらいたいから・・・ 」と店に置いてくれるように頼みに行った。

 

 

 

まったく、穴があったら入りたい気分だが、過ちはあくまで過ちで、必要以上に気にしない性分で、

 

それ以上に今を取り戻せばいいやといつも考えていて、それで今は心を尽くしている。 

 

 

 

 

 

 

 

 

Y Y セールって何かと思っていたら、社長が、

 

「 野菜を安く、野菜を安くって、つぶやいていたら、そうだYYだって思って名付けた 」と言っていた。

 

まったく、どういう頭をしてんだと思ったが、「 わいわい 」と賑やかな感じていいだろうと付け加えた。

 

まあ、いいけどね。

 

 

 

ずいぶん調子が良くて、昨対で110%と伸びて来たらしい。

 

なんで?と聞くと、今まで投げても投げても、ファーボールばかりで、

 

ストライクがまったく入らなかったけど、最近はストライクゾーンに入るようになってきたと説明してくれた。

 

 

そういえば、彦根東の増井君は立ち上がりに3連続ファーボールで、ストライクを投げに行って打たれたようだ。

 

かわいそうに、悔やんでも悔やみきれない気持ちで、今頃暑さと戦って受験勉強をしているだろう。

 

おなじように、あの時ああしていればという場面を未だに思い出しているが、

 

試合は、過ぎれば何もすることができない。

 

 

ストライクゾーンにボールが入るようになれば、今度は四隅に投げ分けられる技術が必要になり、

 

それができれば、ど真ん中に投げて、あえてお客さんにホームランを打ってもらって喜んでもらうことも出来る世に為る。

 

 

 

客数も伸びてきたようで、まことにうれしい。

 

 

 

 

 

 

2018.08.02 Thursday

いのちゃんの歓迎会

 

 

 

 

 

後ろの列の中央、いのちゃん。

 

 

 

たしか6人くらいで始めたのに、いつのまにかこんな人だかりになって。

 

 

あまりみんなが何を話していたのか聞いていなかったが、笑い声だけが聞こえていた。

 

 

増井さんは、いつもと少し違い随分どっしりしていた。

 

 

増井さんにしてみれば、ようやく後輩が出来たのかも知れなくて、そういえば、

 

 

会社の飲み会慣れをしている社員が今までいなかったような気がする。

 

 

そういえば、増井さんが来てからもう 8 年ほどになるのかも。

 

 

来たころとこの 1 年は随分の変わりようで、やれやれめんどうくせぇ〜なあ、というところかもしれない。

 

 

大阪の城東区の生まれ育ちで、大阪城があるのでてっきり城下町だと思っていたが、

 

 

殿様不在の奉行の街だと言っていた。

 

 

なるほど、

 

 

そういうことかもしれない。

 

 

大阪の人間が、商売人として他の府県からあまり好かれない理由も話してくれていた。

 

 

要は、国中に米を一旦北浜に集めて、そこで値を付けてもう一度国中に出荷する、

 

 

もちろん、相場をつけて。

 

 

そういえば、いまでも北浜辺りに証券取引所があるのもその名残かもと納得した。

 

 

さて、この会社がどこに辿り着こうとしているかは明確だが、

 

 

いつのまにか、知らないところでその手助けが始まっているかもしれない。

 

 

昨日は、いのちゃんの出身母体の富士ゼロックスから、営業の手ほどきに来てくれていた。

 

 

息子二人を世間に通用する営業マンに育成するための指南役も揃った。

 

 

黒潮の流れに乗るように、ただその身を任せているだけで、行き着けるところまで沈まず流れていけば良いと思っている。

 

 

足し算は出来るけど、引き算ができない人、

 

引き算は出来るけど、割り算ができない人、

 

割り算は出来るけど、掛け算ができない人、

 

掛け算は出来るけど、因数分解出来ない人、

 

因数分解は出来るけど、無秩序に並んだ数値から法則を見出せない人、

 

無秩序に並んだ数値から法則は見出せるけど、何も計算は出来ない人、

 

 

 

すべてを出来る人は誰もいないけど、分担すれば何でも出来そうな感じになってきた。

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.01 Wednesday

熊本の恋するマロン

 

 

 

 

 

 

熊本の田畑さんの【 特栽 恋するマロン 】

 

 

毎年この時期は、意外とこの恋するマロンが売れなかったが、

 

今年は何故か思っている以上に注文が多く、おかげでロスが少なくて助かっている。

 

収穫時期の日照も少なかったので、割と長く畑においてくれていたような味になっていて、

 

宮崎の恋するマロンに比べると、澱粉質の糖化が進んでいて、その甘みがまた美味しい。

 

 

特にこの田畑さんの南瓜は、昨年管理が行き届いている感じが無くて、

 

それは、玉ねぎに忙しくて構造的なものだから、もう諦めようと、

 

今年は、うちは採れないよと話しておいた。

 

でも、

 

 

実際始まってみると、

 

昨年より 25% 多い宮崎の南瓜も順調に消化が進んで、

 

足りなくなったので、急遽田畑さんに連絡して、ほしいんだけどある?と聞いた。

 

勝手なもんだが、田畑さんは、あるよ、あるよ、と喜んでくれて、渡りに船という感じだった。

 

 

この後、長野県から二産地出荷されてくるので、ゆっくりしている訳にも行かず、

 

その後は、8月の最後の週には北海道から本隊がやってくる。

 

昨年は、南瓜がよく腐敗する年だったが、

 

ことしは何が違うのか、

 

助かっている。

 

 

 

ターミナルの二人の出荷係りも、

 

ちょうどこの時期に入社をして、

 

南瓜は検品して出荷をするもんだと思っている。

 

 

 

この恋するマロンは画像からも良く分かるように、

 

ひとつひとつの細胞が細かい。

 

この事は南瓜に限らず、いまの宮崎県産のごぼうでも同じことだが、

 

どうも美味しい野菜の最低条件だということになりそう。

 

 

ひとつの細胞が肥大することよりも、細胞分裂が進むことが優先されることを科学すると、

 

それが美味しい野菜作りに行き着くのかもしれなくて、その細胞が肥大して収量を上げ、

 

今度は、その肥大した細胞が、成熟することで味を増して行く。

 

 

このメカニズムが理解を出来れば、次はそのタイミングの見極めが経験から学び取れれば、

 

農業は、儲かる農業に発展して、スーパーマーケットの強い味方になるように思う。

 

さすれば、私の仕事は、その技術をもった農家を全国くまなく捜し歩くことになる。

 

ここで今までは終わっていたので、会社はいつまで経っても大きくならなくて、

 

力不足で、せっかく獲得した機能を発揮出来ない状態が続いていて、昨年からその脱却を図っている。

 

 

 

NOURISHING  HEALTH  WELL-BEING

 

OF PEOPLE AND PLANET BY BEING THE  AUTHENTIC

 

PURVEYOR OF FOOD FOR THE CLEATER      GOOD

 

 

ホールフーズマーケットのインスタカート用のスペースに掲げられた文字だということだが、

 

読んでみると、分かるけどこれがホールフーズマーケットの限界を現しているような気もして、

 

かといって、この答えは未だ世間では BUSINESS としては成立しなくて、哲学の段階でしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.07.30 Monday

Shawn Mendes

 

 

 

 

 

よく車で走るので、スピーカーはグレードアップしています。

 

 

20年ぶりに買った車で、初めて手を入れて、後はカーブで心地よく回れるように歪みを消すバーを入れています。

 

 

ちょっと贅沢してみました。

 

 

 

おかげで、長い距離を走っても、あまり疲れなくなりました。

 

 

 

たまに、ラジオを聴くことがあり、その中でここに残った歌手ですが19才というのに驚きました。

 

 

 

なんとなく、気分が分かります。

 

 

 

 

 

これがヒット曲のようです。

 

 

結構好きです。

 

 

やっと今週は8月に入るようで、今からが暑い夏の本番なのかも知れません。

 

どうか、御自愛下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ