CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.02.22 Thursday

アグリフーズEXPO

 

 

 

 

 

なんて書いてあるのか。

 

はふ と思っていたが  と書いてあると、今気がついた。

 

 

ようは、わさび屋 さん。

 

 

こういうわさびが売れる八百屋になりたいとずうと思ってきた。

 

 

今まで、二度トライしたことがある。

 

二度とも、いつの間にかやめることになって、今は無い。

 

 

その理由が分からないので、今回もどうか分からない。

 

また、トライして、今度はどうしたらいいのか、ちゃんと考えよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おなじ、わさびでも、こっちは 山わさび 。

 

 

最初はなにか分からなかった。

 

 

でも、山わさびに間違いない。

 

 

「 山わさびが、こんなに大きさになるとは思わなかった 」

 

というと、ブースのひとは、どうだという雰囲気で笑ってた。

 

以前に、肉売り場においてもらう提案で、よく売れたというと、何やら加工品を持ってきてくれた。

 

どこも、加工品を一所懸命作っている。

 

 

でも、なかなか難しいものばかり。

 

 

もちろん、味はいい。

 

 

 

 

 

 

あんのう芋三兄弟。

 

三姉妹かな。

 

 

冷凍焼き芋で売りたいと言っていた。

 

 

 

 

 

ことしは、あんのう芋が良く売れている。

 

 

というか、根物・土物しか売れていない。

 

よくこんなんで商売が成り立っていると思うが、まあこれらが売れる八百屋をしたかったので、

 

それは、それで喜んでいる。

 

 

レアな品目が売れるのも面白いけど、基本は基本的な野菜が売れることが私の一番の願い。

 

 

だって、八百屋なんだから。

 

 

有機や特栽と言っても、特別なものしか売れないようなら、

 

何のための有機特栽か意味が無い。

 

 

 

 

40年前にみんなと一緒に有機の八百屋を始めた頃、

 

 

スーパーマーケットで、普通に有機の野菜が並ぶようになるまでやろう話ししていた。

 

 

私は、もう直ぐだと思っている。

 

 

 

今回は出展するのではなく、仕入にまわろうと決めていた。

 

 

結果は、面白かった。

 

 

有機・特栽が普通になってきたと実感している。

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.20 Tuesday

屋宣さんの特栽塩セロリ

 

 

 

 

 

久しぶりにセロリの硝酸態窒素の残留値を測ってもらった。

 

 

葉っぱ部分の糖度が 10 度もあった。

 

 

 

 

 

栽培しているのは、彼ら。

 

 

いつだったか、ターミナルで小分けしているとき、

 

すごい綺麗な、ツヤツヤした葉っぱに驚いた。

 

 

この画像でも分かると思うが、光っている。

 

 

 

もっとも、彼らの顔も輝いているように見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

畑全体は、こんな感じ。

 

 

沖縄は、とっくに桜が咲いて、もう散っているらしい。

 

北見に行こうかと思い調べたら、今日は最低気温が -16 度  最高気温が -4 度だった。

 

 

ちなみに、和田政治さんが行っているローマは、最低気温 4 度 最高気温  12 度。

 

高槻と同じだ。

 

 

 

 

 

2018.02.17 Saturday

料理動画

 

 

 

 

 

 

 

初日にいちやまマートさんがお見えになって、

 

この料理動画を御覧になっていただき、リニューアルオープンのお店で、

 

デジタルサイネージを設置するのですが、この料理動画を放映していいんですか と聞かれた。

 

 

もちろん、嬉しくて、直ぐに「 是非是非 」 とお応えしたのだが、

 

それで、この料理動画は店舗内で放映可能ですとお知らせする事になり、

 

プリントの裏紙で書いたが、あまりに洒落ていないからか、

 

ブースで急遽中澤が、画像のように作ってくれた。

 

 

 

これが今回ミソになったので、一動画終わるごとにこの画像が流れるようにするのが大変で、

 

結局、動画の本数と同じだけコピーして、動画に偶数のナンバーを振って、コピーした画像に奇数を振って並び替えた。

 

 

 

 

おかげで上手く流れるようになったが、誰も見てくれなく、誰一人として問い合わせしていただけなかった。

 

 

ガッカリ

 

 

 

それにしても、今回いろんな方にブースを訪ねて頂けた。

 

 

やっぱり出展して良かったと思う。

 

 

もちろん、試食を出せば通りすがりの方も多く足を止めていただけたと思うが、

 

それが、その後の関係性に繋がるかどうかは別な問題だと分かっているので試食・試飲は出さないことにしている。

 

 

 

かえって、落ち着いて話しができない。

 

 

 

それで、椅子を用意して、ほんとうに用事のある方は、座ってじっくり話しをすることを旨として出展している。

 

 

 

いちばん可笑しいのは、歩きつかれたお客様が、椅子に座って憩っていかれること。

 

 

和やかに話しをして、周囲の喧騒を他所に癒しのブースになっている。

 

もちろん、お茶も出しませんで申し訳ございませんという事になるのだが。

 

 

 

帰りの飛行機まで時間が無いので、大急ぎで撤収作業をしているとき、

 

ヤマダストアーさんの堀口さんや足立さん一行が、「 間に合ったぁ〜 」 と駆け込んできていただけた。

 

あれは、嬉しかった。

 

 

 

さあ〜、これで終わりと思っていたら、こんどは昨年アメリカで仲良くなったロピアの富田さんが走ってきてくれた。

 

 

仲良くなった方が、ちゃんと覚えていて、わざわざ走り込んで来てくれれば嬉しくない訳がない。

 

 

 

BOXチャーターがなかなか来なくて、駅までの800mほどを小走りに歩いて、

 

この電車にならなければ、もう飛行機に間に合わないという電車発車2分前にホームに着いた。

 

券売機が混んでいたらアウトと思い、頑張った。

 

頑張るところが違うだろうとも思うが、なんとか予定通り電車を乗り継いだ結果、たどり着いた。

 

 

 

 

サニーマートの和田さん、よくお越しくださいました。

 

 

 

 

 

 

2018.02.16 Friday

捕獲者

 

 

 

 

象とシロナガスクジラの壮大な物語を紹介している。

 

 

ひとの身体は、機械のようにパーツで考えることは出来ない。

 

なんでなら、そこに生命という、原子以前の状態が存在するからという説明をしたがっているが、

 

そこは科学者なので、証明することが出来なければ、「 思う 」 という表現でとどめて、

 

でも、このひとは、理科系でありながら「 言葉 」 を駆使して、なんとかひとに伝えようとしている。

 

そこがこのひとの面白いところなのだが、その言葉は『 動的平衡 』 という分かりやすい言葉で、

 

この言葉は、随分前に読んだ「 生物と無生物の間 」 という書籍名の本で書いていて、分かりやすい言葉と思った記憶がある。

 

 

 

つまり、『 砂上の楼閣 』 だという。

 

砂浜に、砂で楼閣を作って、翌日、潮の満ち干きの後、見に行っても、そこに楼閣は変わらず建っていた。

 

でも、その楼閣を構成する砂粒は、すべて別な砂粒に入れ替わっていたという話しで、

 

その説明の引用に、鴨長明だったか方丈記の有名な一説、『 行く川の流れは絶えずして・・・・ 』 だった。

 

 

動的平衡という分かりやすい言葉で置き換えるセンスの良さに驚いたが、

 

生物を定義づけると、『 自己再生能力 』 と説明していた。

 

 

 

『 エレファントム 』 という書籍の一節を紹介している。

 

 

 

 

捕獲者による、象の危機。

 

 

 

 

 

 

 

 

アルファーが30年掛けて探して選んできた生産者のカタログ。

 

 

 

ブースにおいて、閲覧していただくための展示だったが、

 

心無い捕獲者が、知らぬ間に持ち去っていた。

 

 

 

 

樹から降りて、象に道を譲ってもらって、どれだけの月日が経つのか。

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.15 Thursday

YAKUZEN BAR

 

 

 

 

 

 

野菜のお客さんと、薬膳のお客さん。

 

 

ひょっとしたら、出すブースのエリアを間違っていたか。

 

 

まあ、今年はこれで正しかった。

 

 

 

ひとり、神戸の人と千葉で出会うってのも可笑しいが、勢いのあるひとが飛び込んできた。

 

 

 

 

おかいしいことをしていると、おかしいひとが入ってくる。

 

せっかくこういう人たちのために、椅子を用意しているのに、もう一人の方に椅子を勧める余裕もないほど可笑しかった。

 

 

 

話しをしながら、相方が立ったままでいるので、どうしたものかと思っていると、私の隣の椅子がひとつ空いていた。

 

 

 

話しの中身は、薬膳はブームになっているそうだ。

 

 

薬膳茶があるなら、薬膳酒もあり、それならそのふたつの BAR があっても当然か。

 

そういえば、薬膳スープBAR もやりたいって言ってたな。

 

 

 

まわり疲れた人の安息所になって、どういう訳か、数は少ないがみなさん息を取り戻して、行かれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.14 Wednesday

幕張

 

 

 

 

 

今日から3日間、展示会に出る。

 

 

やってることは、昨年の ORGANIC EXPO とまったく同じだから、

 

面白くもなんとも無いが、設営が楽でいい。

 

 

 

みなさん、大掛かりなブースを作っておいでだが、

 

それでも10年前に比べれば、地味になってきてるかな。

 

 

狙いはなんなんだろう。

 

やっぱり、我が社のように無名のところは新規顧客開発かな。

 

メジャーなところは、商談会っぽい感じかな。

 

 

 

まあ、いずれにしても、時間をもてあます三日間になりそう。

 

 

 

まあ、ひとの様子をみながら、いろんなことを考える機会にしよう。

 

 

 

それより、本気でこの国の行く末が心配になってきた。

 

戦争の時代が終わる最後の戦争の時期で、それが終わった後のことを考えているんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.11 Sunday

選抜高校野球

 

 

 

 

 

 

彦根市から、この2チームが出場して、

 

おまけに、膳所校まで21世紀枠で出場するらしい。

 

 

 

 

前代未聞だ。

 

 

 

平たく言えば、どういう風の吹き回しとなる。

 

 

 

 

2018.02.09 Friday

動的平衡

 

 

 

 

 

 

この人の専門分野は、未だに何かわからない。

 

 

生物と無生物との違いは、自ら再生できるか否かだと定義付けているが、それとてイメージが湧かない。

 

 

 

 

再生とは、合成と分解との動的な平衡状態で、そのことが「生きている」という状態だということは分かる。

 

 

「生きている」状態を「生命」と捉えるなら、この平衡状態が保たれている間が生命なので、

 

「効果」といえなくもないが、「状態」という言葉の方が私にはピタリと来る。

 

 

 

ところが、この摩訶不思議な状態が解けそうで解けないところが、命の不思議ということだろう。

 

でも、いずれは最近私が俄かに気になり始めた「量子」が解明されれば、命の不思議は解き明かされるに違いない。

 

 

 

そういう意味では、「量子コンピューター」ってのも、非生物でありながら、生物に近づいているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.08 Thursday

台湾の地震

 

 

 

 

台湾の記事を書いたら、台湾で大きな地震があった。

 

 

 

たった2泊の滞在だったか、着いて街を歩いたときから、妙に地震が気になって、

 

滞在中、何故か地震のことばかり考えていて、

 

通訳してくれる方にも、地震は如何なんですかと聞くと、

 

確かに、大きな地震もありますよ、日本と同じです。

 

 

ということだったが、私には日本より地震が多いような気がしている。

 

 

 

地図を見ると、台湾の東250kmほどのところに石垣島があるが、

 

この八重山諸島とは、成り立ちが違うように見える。

 

そもそも、台湾は九州から長崎県と佐賀県を削ったような大きさだが、

 

 

台湾から南に下り、ルソン島を経てミンダナオ島まで、更にパプアニューギニアがひとつのグループで、

 

どう見ても、このラインで地殻がぶつかっていそうな感じがする。

 

 

 

 

そう考えると、台湾は地震が多くても不思議ではない。

 

しかも、割りと直下型のように思う。

 

 

 

今回の震源地である、なんと読むのか花蓮というところは、次回訪問しようと思っていた、

 

農業が盛んな地域で、ここに有機栽培の農家がいるような気がしていた。

 

いわゆる、台東と書いて、タイトンと読めばいいのか、

 

アルファベットでtaitungと書いた、

 

ダンボール箱が、先日の市で店の裏には積まれていて、

 

少し、気になっている。

 

 

 

来週あたりから、台湾は旧正月を迎えるはずで、

 

中国文化の人たちにとっては、一年の節目なるのだが、

 

 

なんだか、他所事ではなくなったきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.06 Tuesday

台湾の南瓜

 

 

 

 

 

 

私の見立ては『 くりゆたか 』だと思うがどうだろう。

 

 

玉サイズは、5玉くらい。

 

 

上手に作っている。

 

 

 

 

 

 

このおじさんは、丁寧に玉ねぎの皮を剥いて並べていた。

 

 

私が、写真をバチバチ撮るもんだから、怒っていた。

 

 

 

 

 

 

だいたい勘で分かるのだが、こういう親父は美味しい野菜を作る。

 

 

そういうことを理解しているので、怒った顔をしていても、直ぐに仲良くなれるので気にしていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本にも沢山いる、何を作らせても一流の物に仕上げるいい親父だ。

 

 

それが証拠に、並べている野菜はどれも、気が入っている。

 

 

画像の生姜も、この生姜の品種はこんなに大きくなる品種じゃなさそうな気がする。

 

それを、こんなに大きく育てているので、きっとこのおやじはこの生姜は自慢なんだろうと思う。

 

南瓜だって、こうして切って中を見せて並べているということは、見る者が見たら分かるはずだと思っている。

 

 

だから、どうせお前らは分からないんだろうと思っていることが分かる。

 

 

もう少し、こちらの気分が違えば御機嫌をとって話し込むのだが、あいにく今回はそういう出会いではなく、

 

先を急がなければいけない設定だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

生姜の横に外して並べてあるにんにくだって、この通り。

 

 

青森のホワイト六片ではないと思うが、南のにんにくにしては立派な粒をしていた。

 

 

 

 

 

 

このおばさん、おばさんと言えば気の毒な気もするが、見るからに働き者の女性で、野菜もそれを物語っている。

 

 

 

今回は、こういう人がいるって分かっただけで、おおきな収穫だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ