CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.07.24 Wednesday

甘水農園とまとの測定

 

 

 

 

 

この農園を訪問した時、北海道は大干ばつで、みんなが雨を欲しがっていた。

 

ところが、行くと大雨で、みんなが「 雨を連れて来てくれてありがとう 」 と案内してくれた方に言っていた。

 

雨の中を、孤独に大丈夫かなあ〜と、不安まで至らないが確信を持てない雰囲気で、心情がとても良く伝わってきた。

 

是非、自信につながり、確信に到達するまで根を張って励んでいただきたいと思う。

 

案内してくれた方に、北海道でまともなとまとを特別栽培で作る農家を紹介して欲しいと依頼していての農家さんだった。

 

どこを当っても芳しい答えが無くて、それならと縁の深い彼に私の要望を持ちかけてくれたのだと思う。

 

 

 

あの頃は、支柱の少ない仕立てに私も少し不安になった。

 

見ると、樹が元気過ぎるようにも見えた。

 

樹が元気だったら都合が良くない訳じゃないが、その元気さを実に送るためには、

 

カルシウムやマグネシウムを始め、微量要素が無いと力に成りきれなくて、症状に出てしまう。

 

マグネシウムはマッドグアノを入れていたから大丈夫と思うので、対策は、ほとんどカルシウムの不足を如何に補うか。

 

 

窒素過多と水分過多が合わされば、確実に症状が出るような気がするので、

 

とにかく、水を必要以上吸わせないためには、カルシウムが必要になる。

 

根からでは時間が掛かってしまうので、葉面散布が手っ取り早い。

 

ところが、カルシウム摂取はホウ素とセットでないと定着しないので、ホウ素を探す必要がある。

 

むかし、ベビーリーフの栽培をしている頃、ターサイの葉が巻いて困った事がある。

 

調べてみると、ホウ素欠乏だと出ていたので、ホウ素を遣ろうとしたが、化成肥料は遣りたくなかったので、

 

どうしようかと考えて、手持ちの肥料の中のホウ素を含んでいる物はないか、探していくと、卵殻があった。

 

それで、次の作から卵殻を多めに入れると、びっくりするほど効果覿面で正常に戻った。

 

理屈だけで、自分が認識若しくは理解できないことを鵜呑みにする事に抵抗のある自分は、

 

自分が分からない事を信じようとしない弱点があるが、自分には理屈がまったく分からない事実がいっぱいある、

 

そんな当たり前のことに、実際に出くわして、解決の嬉しさとなんか厭な気になるない交ぜの複雑な心境になる。

 

中学三年生の時の国語の授業中に、魚は鰓に水を通してその中から酸素を摂取するんだっけと教師が、

 

賢い、末に東大入学した仲間と、二十歳代で司法書士に合格した仲間二人の顔を交互に見て話しかけた。

 

横から「 そんな馬鹿な 」 と下等動物がそんな高度な機能を持っているはずが無いと短絡的に考えた私が叫ぶと、

 

「 アホはだまってろ 」 と一括された。

 

おかげで、命の仕組みは自分の概念を超えた存在だと知ったが、

 

心の中では、「 お前に謂れとうは無い 」 と思った記憶がある。

 

これには、後日談があり、結局彼は、私の顔を「 俺もアホだった 」 と私の顔を見る場面が来た。

 

 

まあ、そんなことはいい、問題は若い彼が、如何にカルシウムとホウ素を葉面散布するかだ。

 

 

 

 

 

 

 

測定を月曜日にするために、サンプルを送ってもらったが、月曜日はそんな時間は取れなくて、

 

見ただけに終わった。

 

見て触ってみると、確信した。

 

これは、稀に見る良いとまとだと。

 

この結ばれている縁は、何も測定値を媒介にしなければいけないちゃちな関係ではなく、

 

もっと別な次元の価値観で繋がっていると思っているので、すぐに世話になった案内してもらった方に連絡した。

 

 

食べてもいないのに、寸評しても、相手もあまりピンと来ない。

 

普段なら、吉田さんが云うなら間違いないと思ってくれるのだが、

 

これは、そんな無責任ではすまない案件なので、そうですか程度で終わった。

 

 

昨日、測定後、直ぐに測定者が試食を持ってきてくれたので食べた。

 

私が観じたとおりの味に、「 やっぱり 」 とひとりほくそ笑んだ。

 

 

 

で、隙間を見つけて、また電話をした。

 

今度は「 食べた 」 という事実がバックにあるので、安心して一緒に喜んでくれた。

 

 

 

バンザ〜イ !!!!

 

 

 

こんな話しが通用しない真面目な方達のために、コストを掛けて測定している。

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.22 Monday

昨日行ったスーパーマーケット

 

 

 

 

 

最近よく行くようになった、我が家から7〜8分のスーパーマーケット。

 

 

少し気色の違うお店で、遣っている事がおもしろい。

 

 

今、高騰している静岡県の湖西市の男爵・メークを量り売りで売っていた。

 

 

 

 

ここのじゃが芋が美味しい事をちゃんと知っている。

 

 

そういえば、日本で一番美味しい関川村のコシヒカリもちゃんと置いてある。

 

2kgで、1,280円で、決して高くない。

 

むかしは、この村の出身の女性と一緒に暮らしていたので、

 

当たり前のように、この地域の農家さんから送られてくる米を食べていた。

 

もっとも、3年間住みもした。

 

 

色んなものを売っているが、よく見ると有名な産地や、しっかりした栽培のものを置いてある。

 

長らく、阪急オアシスさんがアルファーの野菜をとってくれていたこともあり、そこで買い物をしていたが、

 

いよいよ買いたいものが無くなってしまい、それでむかしうちから仕入れてくれていたミートモリタヤさんに鞍替えした。

 

 

最近になって、顳襭瓧鬘薀后璽僉爾砲盥圓ようになった。

 

 

で、湖西市のじゃが芋の話し。

 

 

Sサイズと3Lサイズを売っている。

 

最初、2Lかと思ったが、どうも3Lのような気がする。

 

言ってみれば、上下規格外の商品をSは定量で3Lは1個2個3個と選べるように作ってある。

 

 

なかなか考えられた手法のように思う。

 

ということは、産地がある訳ではなく、市場から仕入れていることが分かる。

 

さらに、よく見ると、3Lの商品は形が歪な玉が入っている。

 

これは、B品ということではなく、ちゃんとした農家の栽培では無いことも分かってしまう。

 

 

 

施肥成分の調和が取れていないと、こういう歪な形のじゃが芋になってしまう。

 

この地域には、毎年出掛けるので、周りにどういう農家さんがいるかは分かっている。

 

畑を見ると、私どもがお付き合いしている農家の畑か、違う農家さんの畑か分かるようになってしまっている。

 

 

 

地上部の違いが一目瞭然なら、地下でも同じ事が起こるのは当然のように思う。

 

 

なかなか、商売は奥が深い。

 

どこで、利を得るかはそれぞれ企業さんの個性だが、

 

店内のお客様の顔ぶれを見ていると、ちゃんと商品を見ている顔つきに見える。

 

長くこの仕事をしていると、お客さんの雰囲気で、価格を見ている方と、商品を見ている方の目が違う事に気づくようになった。

 

 

ということは、どんな商品を売るかということより、売りたい商品を買ってくれるお客さんを集客することの大切さが、

 

分かるようになってきた。

 

 

松の商品がいいという訳じゃない。

 

松も、梅も、竹も、その地域に添うバランスで品揃えをすることが大切のように思う。

 

それぞれに、集客のポイントがあるように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.21 Sunday

梅雨明け

 

 

 

 

これが、今日から3日前の天気図。

 

 

 

 

 

 

 

これが、今日から3日後の天気図。

 

 

 

あれっ、1週間勘違いをしていた。

 

 

 

間に合うような気もするが、緊迫感からなのか勘違いだった。

 

 

 

問題は、26日に青森の木村さんから人参が届くかどうかを考えていたんだが、

 

どうしても必要なのは、更に一週間後の企画だった。

 

 

 

これは、他の事情もあり、大失敗だったか。

 

 

 

天気図の話しに戻ろう。

 

 

 

小豆島にいた頃は、過去の天気図を暗記するほど見ていた。

 

あの頃の見ていたサイトは、方式が変わって見難くなったので、違うサイトを見るようになったら、過去の天気図も出ていた。

 

 

 

 

3日前の天気図で、今回の台風の進路は日本海を北上しない予想がついた。

 

 

普通台風は、前線に沿うように進んでくるが、今回は西から東に移動するような気がしなかった。

 

 

でも、根拠は無かったので、ゼロじゃない確率に用心をした。

 

 

 

あれだけ躊躇していた蝉も、昨日の朝は気が狂ったように鳴いていた。

 

 

下の川の堤は桜並木なので、うるさくてしょうがない。

 

 

 

で、今回新たな疑問が湧いてきた。

 

 

高気圧は、どこから降って沸くのか今まで考えた事がなかった。

 

 

 

 

別に気象学を今更勉強しようとは思わないが、そもそも偏西風って言うのがよく分からない。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、ともかくも人参は掘れそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.18 Thursday

薬膳カレーの試作

 

 

 

 

 

ナツメを初め、松の実・枸杞・蓮の実等、スーパーフードとも言うが、

 

中薬がいっぱい入っている。

 

 

 

 

関係ないけど、お米が美味しそう。

 

 

実際に美味しいが、長くこんな贅沢なお米を食べて過していたんだなあと思う。

 

 

やっぱり、新潟県岩船郡の関川村は日本一の米どころかな。

 

 

うちの子供たちは、いいところで育ったんだと改めて思った。

 

 

 

考えて、試行を繰り返し、作り上げた薬膳カレーのレシピで、美味しいカレーに仕上がっているが、

 

それをレトルト化するとなると、やっぱり味が少し変わる。

 

 

 

お粥はすでに3回もやり直していて、次回で4回目。

 

多分、これで決まる。

 

 

 

 

薬膳カレーは、今始まったばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.16 Tuesday

新しい切り口の企画

 

 

 

 

新潟に行ってくる。

 

 

 

今、数社の企業さんと惣菜の新しい取り組みを企画している。

 

 

 

ポイントは、私自身がつなぎ役になることで、コストを抑えたいということ。

 

 

 

ひとつの矛盾を抱えている。

 

それは、忙しい主婦の応援という言葉。

 

惣菜のそもそもの発端は、女の人が忙しいので、料理の手助けをする発想で、惣菜に力を注ぎ始めている。

 

 

 

ところが、店で売られている惣菜は、賞味期限がその日かあくる日で食べないとダメな商品になっていて、

 

これでは、忙しい割りに毎日買い物に来る必要がある設定になっている。

 

これでは、要望に応えきれていないのではないかと思う。

 

また、さりとて冷凍では、いまひとつ冷凍惣菜のイメージが、払拭しきれていない。

 

 

薬膳のレトルトパウチの開発を一緒にしてくれるメーカーさんを探していたら、

 

そのメーカーさんは、元々チルドで90日設定の惣菜を作っていた。

 

 

それで、初めて訪問した時いろいろ食べさせてくれた。

 

どれも、私の好みの味で、薄味でしっかり味がする。

 

簡単な話しが、出汁を宗田節・かつお節・さば節に椎茸と昆布から引いている贅沢品だった。

 

 

 

薄味の方向を何故?と聞いてみると、

 

北前船で、関西の味が古くから新潟には入ってきていて、

 

新潟でも、薄味が好まれるようになっていて、新潟と言えば塩気が強いというのは誤解だといっていた。

 

 

 

元々、農家だがこれ以上農業で次代を担うのはきついと考えられて、惣菜製造で家を建てていくことを決心された。

 

 

農家の六次産業化と言うのでは無い、製造業への転進で本格的な仕事を目指している。

 

 

こんなメーカーがあったとは知らなかった。

 

東京の紀ノ國屋さんに言わせれば、知らないのは吉田さんだけだとのことだった。

 

それくらい、知る人ぞ知るメーカーさんだった。

 

 

 

添加物も無しで、化学調味料も無し、原料野菜は国内産、ここまでは他でもありそうだが、

 

味がついてこなければ、元も子もない。

 

出汁をしっかり引く事で、味は類をみないものになる。

 

 

おまけに、社長のセンスがすばらしく、惣菜の最大の欠点は、

 

代わり映えしないメニューにある。

 

そこに、旬の素材を盛り込んで短期でメニューを入れ替えられる。

 

 

 

ここまでは、自分で考えた。

 

 

これで商談に臨む間に、アルファー顧客が集まって、

 

この集まってというのが私は好きなのだが、各社のバイヤーさんが企画を提案してもらって、

 

それを集まった企業さんが協力して販売していくということで、それぞれの企業さんのお抱えメーカーが出来上がる。

 

もちろん、その提案を受けて作る製品は、匿名ではなく、○○社の○○バイヤーさんの提案ですと、

 

公表をしてスタートするので、もちろん思い違いの商品もあると思うが、それは次に繋がればいい。

 

 

多企業さんとの仲間作りが今回の企画の最大のポイントとなる。

 

言ってみれば、惣菜コミュニティーが出来上がる。

 

 

 

 

さあ、新たな楽しみにトライする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.14 Sunday

 

 

 

 

 

10日ほど前に、一匹だけ蝉が鳴き始めた。

 

 

日によっては、まったく鳴かない日もある。

 

 

鳴いても、泣いてるんじゃないかと思うほど、弱々しい鳴き声が聞こえて、気の毒に思う。

 

 

 

 

今から、仕事を始めるのに、iPone の電池が蝉の鳴き声のように心もとないので、交換に京都まで行った、

 

 

最近は、スーツを着るのがまったく嫌になって、シャツのままでいるが気が引けるので、

 

ついでにジャケットを買ってきた。

 

 

何と夏のセールが始まっていて、30%も安くなっていた。

 

おまけに、もう一品買えば、更に10%安くすると言う。

 

思わず笑ってしまったが、それならと探してみたが、着ようと思うのがない。

 

 

だいたい、何処にどういうのがあるのかは分かっているので、そちらの方まで探しに行くと、

 

 

きれいで、着心地の良さそうなシャツが見つかった。

 

それも買おうと思ったが、生憎これはセール対象品ではないという。

 

 

まあ、元々期待していないので、そのまま買ってきた。

 

 

足も短いが、手も短いので、どちらも袖丈を直してもらわないといけない。

 

 

 

帰ってきたら、玄関脇に蝉がとまっていた。

 

 

 

 

梅雨は未だ上がりそうも無い。

 

 

 

今年の夏は極端な日照不足にならなきゃいいが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.12 Friday

雨の彦根

 

 

 

 

 

 

結局というか、薬局というか、彦根が担当に戻ってきた。

 

 

無駄な抵抗だったようだ。

 

 

芹川の堤のこの並木が好きだ。

 

 

今では子供がこの川で遊ぶ事もなくなったのかもしれないが、

 

 

昔は、いい遊び場だった。

 

 

 

でも、子供には少し遠かったのだと思う、あまり遊びは行かなかった。

 

 

 

 

ここを琵琶湖まで下って、右に曲がればお城に行く道が好きだが、

 

 

最近は、一旦左に曲がり、パリヤさんに営業に行く。

 

 

思ったより、赤松さんは元気そうだった。

 

 

また、始めますのでよろしくお願いしますと挨拶して、

 

 

二人で立てた目標を進むお誘いをしてきた。

 

 

僕自身は、この会社の年商が130%になることを人生の目標にしている。

 

 

そのために、昨日は惣菜の提案をしてきた。

 

 

担当の堀尾さんは僕の話しに目を丸くして聞いていた。

 

 

「 漁夫の利 」 って、言葉を知っているか確認をすると、

 

 

他方と他方が争っている間に、美味いとこを食ってしまおうって、いいとこ取りみたいな話しでしょ

 

 

と、上手い事を言っていた。

 

 

 

 

 

やっぱり僕らの世代は、もう古いのかもしれない。

 

 

 

 

それで、世代交代の仕方の技を話したら、笑ってくれた。

 

 

 

下の店まで降りていると、元青果バイヤーの坂東店長と階段で出会った。

 

 

 

少し、具体的な目標が必要なのかなと思った。

 

 

 

一度、アポを取らしてもらって1時間くらい話してこよう。

 

 

 

忙しかったが、少し母親に顔を見せておこうと思い、一年ぶりに実家に寄った。

 

 

 

姉さんが店番をしていて、奥に行くと兄貴がパソコンを見て何か考えていた。

 

 

 

よろこばはるから、と声に押されて、さらに奥に行くと、お袋が通帳を三つほど広げて、店の帳面を電卓叩きながら、

 

つけていた。

 

 

 

93歳のおばあさんが、金銭出納長をつけている。

 

 

私は驚かないが、世間の人が知ったら驚き桃の木山椒の木だろう。

 

 

離れ業という言葉があるが、正しくその通りだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

行くと必ず、このサボテンが目に入る。

 

 

台所が南に向いていて、その窓辺に置いてある。

 

 

行くと、いつもタバコを吸わしてもらうので、お袋にしてみたら、

 

 

「 清(せい)が来たらタバコを吸うから 」 と、ここに灰皿を置いてくれてるに違いない。

 

 

ほとんど大きくならないサボテンだが、他の植物が1週間でなる大きさを1年くらい掛かって成長しているような気がする。

 

 

 

でも、ぷくっとふくらんで、元気そうで安心した。

 

 

 

 

 

母親と兄貴に見送られて、帰って来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.11 Thursday

ふふふっ

 

 

 

 

 

そうか、エグミが無くて甘いキャベツか。

 

 

 

誰でも、たまにやってしまうミスを笑う訳では無く、

 

なんか、ホッとするような失敗作を目にして、愉快な気分になった。

 

 

 

エグミがあるキャベツがあるんだ。

 

きっと、大きくしようとして窒素過多になり、

 

硝酸態窒素が多く残ってしまったキャベツが多いのでしょうね。

 

 

 

 

天然酵母で生地を作り、ピザを焼くことになり、近くのスーパーさんに、

 

ソース用のとまとと、トッピングのチーズが足りないので補充に行った。

 

 

 

 

 

 

2019.07.10 Wednesday

野本農園さんでの出来事

 

 

 

 

 

北海道の和田さんが会社に来てくれていた時に、野本さんの鳴門若布の話しをした。

 

 

直ぐに和田さんが反応して、和田さんは昆布を使ったボカシ肥料を作っているのだが、

 

その原料昆布が和田さんの手元にやって来るまでの運営方法が変わって手に入りづらくなっていると言った。

 

 

 

それで、急遽改めて徳島まで来るので紹介して欲しいという事になった。

 

事の重大さが分かるので、その場で直ぐに電話を野本さんに掛けた。

 

野本さんは、私が連絡すれば100%出てくれる。

 

ただの一度も繋がらなかった事は無い。

 

こんなひとはただひとり。

 

 

 

 

で、かくがくしかじかでと北海道の付き合いのある農家と話しを伺いに行く旨を伝えた。

 

 

前日の夜更けに思い出して、明日よろしくお願いしますとメッセージを入れた。

 

しばらくして『 お待ちしています 』 と連絡が入った。

 

 

 

それで、朝早い目に出て、和田さんが前泊している徳島駅前のホテルに迎えに行って、

 

20分ほどして野本さんの家に着いた。

 

 

車を停めると、作業場からちょうど「 おかあさん 」が出てこられたところで、

 

あらあら、いらっしゃいませ  といい笑顔を向けたくれた。

 

 

 

自宅の応接室の事務所に行くと、先客がおられた。

 

 

仕事の付き合いの方が、アポなしでお見えになっているのかと思ったら、

 

ちゃんと、鳴門若布の液肥を作る元菌の社長さんだった。

 

うちの中澤曰く『 1を聞いて10を知る人 』 の面目躍如で、たった1分の雑なアポに、

 

要件を理解して、1を聞いて10を知る人はいるが、それで12を出来るひとは滅多にいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、乾燥した若布。

 

 

重量としては20分の1になるという。

 

何の話しかというと、若布の栽培も人出不足で沖に出て、刈る人がいなくなり、

 

網ごと陸に揚げて、陸で株元から刈って、網に根や茎の残りが着いたのを機械で掃除をして網を再利用するときに、

 

大量の根や茎が残渣として出来るので、其れを産業廃棄物として出している。

 

 

それを農業に肥料として再利用するという訳で、野本さんの野菜は美味しく収量も沢山上がっている。

 

 

 

で、その残渣を譲り受けて、北海道に運んで和田農園の肥料にしようという訳である。

 

 

 

ところがだ、これがその時点だと、海水を95%含んだ状態で運送費を掛けて運ぶ事になるので、

 

乾燥してくれる段階が必要になるのだが、これが誰も投資をしてまで施設を作ろうとしない。

 

 

 

ここで暗礁に乗り上げた。

 

 

 

 

ところが、今この瞬間に、船をその暗礁から降ろす方法が頭に浮かんだ。

 

 

 

 

うん、これは可能性があるし、大義もあるから尽力してみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.09 Tuesday

Fernando Tatis Jr.

 

 

 

 

 

 

夜10時になると、クイズ脳ベルショーを観る。

 

そこから、15分ほど、眠たい目をこすりながら我慢をすると MLB のダイジェストが観られる。

 

 

 

昨日出てきたスゴイ選手。

 

 

 

めずらしく付き合っていた Saechan がしきりに「 このヘアースタイルにしたい 」 と言い始め、

 

iPad を持ち出してきて、調べ始めた。

 

 

それはいいが、運動能力と身体能力の両方を兼ね備えていて、しかも20歳だという。

 

 

 

一体どんな選手になるか、分からない。

 

 

 

 

いいな。

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ