CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.06.21 Wednesday

紀州の旅

 

 

 

 

 

 

桃をもらって御機嫌な様子。

 

 

もう、18年ほどのお付き合いになるようだ。

 

畑は、カラッカラで、雨が欲しいという感じだが、今日はお蔭さんで雨。

 

 

桃も、青梅、レモン、紀州柿、温州みかん、清見、すべて無農薬・無化学肥料。

 

青梅も、周囲は不作だったようだが、うちは大豊作だった、と自慢していた。

 

 

無農薬の梅なら欲しがる人も多いのではないか。

 

多いと思っても、スーパーの人たちからしたら、少ないのだろう。

 

このギャップが、下がってこない限り、スーパーは効率を追いかける習性が壊れない。

 

そんな中でも、半年間、アルファーさんの商品を、チラシで訴えかけてきたことはうちにとって画期的と、

 

そういうことを言って頂けるスーパーさんも出てきた。

 

 

ありがたいし、いまもっとも大雪にしなければいけないことのように思う。

 

価格訴求のチラシを入れているから、価格訴求のお客さんしか集まらない当たり前から、

 

分かっていても、なかなか抜けられないって、分かっちゃいるけどやめられねぇ〜 と大昔に、歌があったから、

 

これは、人間にとって、永遠のテーマなんだろう。

 

 

うちで言えば、少しも売上に繋がらないと分かっていてもやめられない自己満足型の事業展開は、

 

世界が続く限り、続くんだろうな。

 

 

まわりが、何もかも化学的な薬も肥料も使わないけど、科学的な栽培をしているような、

 

そんな変なひとばかりだから、少しも、反省するだけで行動に結びつかない。

 

 

まあ、桃をもらって喜んでいる息子に代が変われば、少しは変わる事に期待しておこうかな。 

 

 

 もう自分は駄目だ、変わり様がない。

 

変わり様が無いどころか、ますますディープになっていく。

 

 

 

 

 

2017.06.15 Thursday

信州の旅

 

 

 

 

梨のたまご。

 

違うか、梨の赤ちゃん。

 

こっがち正解。

 

世間は、蜂がいないとか言ってるけど、この梨は蜂の被害が出たようだ。

 

今年は、久しぶりに花が咲き揃って、とてもきれいな園だったそうだ。

 

蜂が、蜜を吸いに来て、ついでに梨の実になるところを食べてしまうという事だった。

 

彼ら働き蜂は、この事を聞けば味が分からないということになる。

 

目はどの程度見えているのかと思えば、これは確実にスズメバチが私を襲いに来るので、

 

少なくとも、動くものは像として捉えられている事になりそう。

 

そうすると、花に寄って来るのは、匂いということで、仲間へ危機を知らせるのに、

 

私には気がつかない匂いを出す、分泌物を放出すると聞くので、嗅覚に優れている事になりそう。

 

ところが、彼らは音にすごく敏感だという事も分かるが、これは音楽を理解するという事ではなく、

 

周波数を感じているらしく、女王蜂はこの周波数を出して、働き蜂に自分の居場所を伝えているらしく、

 

外で草刈をしていると、そのエンジン音がスズメバチが寄ってくる引き金になるので、この周波数が似ているのだろう。

 

家の中では、一定の音楽をかけていると何処にいるのか分からないが、部屋の中に現れる。

 

家の天井裏か床下に巣があることになるので、ひょっとすると、他の女王蜂がテリトリーに巣を作りに来た、

 

と思って、様子を伺いに来ているのかも知れない。

 

 

では、ニコチノイドの何に惹かれているのかな。

 

ともあれ、食害なので、無事な花は確実に養分を吸って今年は大玉になりそう。

 

これは、私には歓迎すべき事だ。 

 

 

 

 

 

 

今年の大槻さんは機嫌がいい。

 

去年は遅い霜にあたられて、ガッカリしていた。

 

初めて訪問したときに、丸かじり出来ないで、薄く切ってもらった奥さんはおられなかった。

 

大槻さんは、とても奥さんを大切にされていて、もともと就職していた会社は、

 

奥さん大事で、ひと月ほども奥さんの実家に帰っていて、クビになってしまったと噂されるほど、

 

熱愛の夫妻で、とても親しみが持てる。

 

 

 

 

 

 ところが、このご自宅の前の園を見に行っている時、

 

あまりの大勢に、おじいさんがやって来て、『 何事か 』 と言うので、

 

『 大槻さんがちゃんと仕事をしているか検査に来たんだ 』 と言うと、『 そういうことなら毎日来てくれ 』 と言っていた。

 

 しばらく、無駄話しをしていたらいなくなって、今度は『 バレンタインデーだ 』 とチョコレートを持ってきてくれた。

 

 

息子の客だと思えばこそ、何かしなきゃと家を物色して、チョコレートしかなくて、言い訳を考えながら持ってきてくれた。

 

そのこころの動きが、何ともほほえましく、いい加減な歳になった息子をも大事に想う爺さんの心意気にアッパレを出したい。

  

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、この天気はどうしたことだろう。

 

この時期、東と西で天気が大きく変わることはままあるが、少し後が心配になってきた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.13 Tuesday

いいんじゃない

 

 

 

 

 

 

さあ、今日はロングドライブだ。

 

佐久市まで行く。

 

 

日本もなかなか広い。

 

 

そういえば、ずいぶん昔に行った事がある。

 

浅間山って山がきれいだったような記憶がある。

 

 

 

 

2017.06.12 Monday

2222

 

 

 

 

 

すごい数字だ。

 

 

比叡山の僧が、写経をするのかどうか知らないが、これだけすれば大した修行になるだろう。

 

 

初めて、この彼女の文字を見たときは、ずいぶん楽しそうな字を書くと感心したものだ。

 

何処に特徴があるかといえば、右に跳ねるところが印象的で、そこが実に軽くていい。

 

 

 

 

 

 

2017.06.11 Sunday

father & son

 

 

 

 

 

 STING 親子

 

 

Son がカバーしてた。

 

2017.06.10 Saturday

どうじゃ

 

 

 

 

 

 

 

 伊佐の自慢の逸品。

 

 

いったい、パイナップルの品種改良はどうなってるんだろう。

 

ひさしぶりに、カネコ種苗のお二人と話しをした。

 

 

あいかわらず、二人とも元気そうで、マイペース。

 

それで、熊本のたばたさんを思い出し、昼に一度、夕方に電話をしたら出た。

 

 

カネコ種苗の赤たまねぎは、本当に美味いよね。

 

信州の別荘地のレストランが、採用したと喜んでいた。

 

カネコ種苗は、上から下までの種の開発に余念が無くて、ここが上手なところ。

 

決して、美味い種だけの切り口では商売を捉えていなくて、そういう意味でアルファーは邪道なのかも知れない。

 

 

 

そういう意味で、このゴールドバレルは如何なのだろう。

 

http://agri-renkei.jp/news/docs/20160107seminar_takeuchi.pdf

 

 

ここに、沖縄県が、品種の改良に迫られた歴史が書かれている。

 

 

 

なんとか、2 社がサンプルの要請をしてくれた。

 

 

 

 

 

 

2017.06.09 Friday

お勉強

 

 

 

 

 

 

京都から新幹線に乗って、品川から地下鉄をふたつ乗り継いで、六本木に着いた。

 

 地下鉄を乗り継ぎしなに、ホームから乗り継ぐべきを改札を出るもんだとばかり思って、出たはいいけど、

 

乗り継ぐべき大江戸線へのエレベーターがあったが、どうも怪しいような気がして、コンシェルジュに聞いてみた。

 

 

何であんなところに彼女がいたのか分からないが、彼女はそういう役どころで、きっと英語も話せるのだろう。

 

今回、随所でそういう方たちが案内をしてくれていて、さすが世界の観光地然たるものがあった。

 

 

すでに、この国は観光立国になっていたと知った。

 

 

で、改札口の兄さんに説明してくれて、自動の改札マシーンに収納されてしまった切符を、

 

認めてくれて、到着駅でこれを渡せばトータルで差額だけで大丈夫です、とやたら田舎もんの老人にやさしい。

 

 

 

六本木に着いたはいいものの、西も東も分からなくて、そうだ iPhone があったと、

 

でも、どれがみんなが使っているナビのアプリか分からない。

 

会社に電話をしようかと思ったが、あまりに情けないので自分で探した。

 

マップというのがあったので、これだと思い検索してみたら、山口県だの広島県だの、

 

で、東京と打ち足してみたら、どうやらこれだというのが出てきた。

 

 

しめしめ、できるじゃん、とか思いながら、歩き出すと、ナビ通り歩いているのだかなんだか分からない。

 

 

結局、案内には 6 分 と書いてあるのに、ナビには 800m とか、歩くごとに到達距離が増えていく。

 

これは、遠ざかってんじゃねぇかと思い、冷え汗かきながら、歩くと六本木ヒルズの中に迷い込んだ。

 

 

もう、帰ろうぜ、という頭にささやきかける魔の誘いと戦いながら、ふと、喫煙所に行き当たった。

 

喫煙所にしては、見晴らしが良く、右にお兄さん、左にお姉さんがいて、どちらに聞こうか迷ったが、

 

こういうときのお姉さんは、冷たくあしらう癖があるのを知っているので、お兄さんに聞くことにした。

 

お兄さんは、私の手にある iPhone を、いいですかと、手にとって、拡大して、ああ分かりました、この下の道を・・・

 

 

と、その下の道までの道筋を丁寧に教えてくれた。

 

 

泣きそうになりながら、6 分をタクシーに乗るわけにも行かないし、まして方向が分からないから、

 

どっち向きのタクシーを拾えば良いのか分からないし、とか独りブツブツいいながら歩いていると、

 

何人か、 iPhone 片手に歩いているスーツ姿のお兄さんとすれ違った。

 

みんながんばってんだ、と自分を励まして、ひたすら心を無にして歩いた。

 

 

どうやら、この角を左に曲がればというところまで来て、左に曲がると、

 

目の前は、とんでもない上り坂だった。

 

たしかに、その交差点は、鳥居坂下、と書いてある。

 

 

 

あきらめて、登っていくと、そこは旧岩崎邸と書いてあった。

 

そうか、弥太郎君の家だったのかと思いながら、入っていった。

 

そもそも、今日は 『 秘密会議 』 という洒落た会合だが、これじゃ秘密も何もないなあと思いながら、

 

フロントのお姉さんに、どこの部屋と聞くと、やっぱり冷たく指で示されただけだった。

 

まったく、関東の女はきつい。

 

 

東男に京女というから、気をつけろとは、幼い私への父親の教え。

 

やはり、父の言う事は正しい。 

 

 

 

 

 

2017.06.08 Thursday

四万十の旅 5

 

 

 

 

 

 

 

昭和の時代とは、何だったんだろう。

 

今は、平成の時代。

 

 

世の中には、タブーという便利な言葉もあるので、

 

考えてみると、この言葉の意味は、公的と私的とを分けていることが分かる。

 

 

 

カレードーナツ。

 

これは、昭和と平成を結ぶ架け橋みたいなもの。

 

 

ここらが、この旅のテーマだったことがこの食べ物が一番最後に私の前に現れたことで、理解が出来た。

 

 

 

仮に、40 才は、平成を 11 才で迎えたことになる。

 

生まれは昭和、育ちは平成なのかな。

 

 

 

この会社の女性の家は、だんなの実家が田んぼをしてきたのだろう。

 

だから、春が来れば生理現象のように、田植えの血が騒ぐ。

 

女性は、買った方が安いと違う角度の計算をする。

 

 

買った方が安いという考え方は、昭和にもあったが、

 

春が来れば田植えという血は、昭和のものでもなく、もっと御世を遡る。

 

 

 

だから、買った方が安いと思っても、否定はしない。

 

 

 

この国の人たち、万人に共通している遺伝子を刺激するポイントが、

 

使い捨てをしてきた人間の歴史に疑問を感じ始めているこの時代にマッチしているのかもしれない。 

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.07 Wednesday

四万十の旅 4

 

 

  

 

高知県産和牛と高知県産豚の 7 : 3 の合挽きを使ったハンバーグ。

 

これは、煮込みハンバーグとして出すのと、焼いたまま出すのとふたつにするつもり。 

 

 

 

  

 

 

高知県産農薬化学肥料不使用の自社栽培生姜を使った、生姜焼き。

 

これは、ロース切り身を使っているが、肩ロースをしゃぶしゃぶ用程度の厚みでスライスした物を使う予定。

 

  

 

 

今回、最後のジャンボミートボールの煮込み。

 

この甘酢が美味しい。

 

 

 

その他にも、いっぱいあって、楽しみが増えた。

 

 

 

 

2017.06.06 Tuesday

四万十の旅 3

 

 

 

 

先ずは、カレー。 

 

 

 

 

 

 

 カレーと来たら、ハヤシもあるでよ のハヤシ

 

 

 

 

 

 

 インドから日本へ行って、西に飛んで、イタリアのちょっとピリ辛の、トリッパ。

 

 

 

 

 

 

 牛の角煮って、何処の国? 和牛だからやっぱり日本かな。

 

 

 

 

 

 

 

で、やっぱりイタリアに戻って、ミートソース。

 

スパゲッティは、金子製麺所の生パスタを使う。

 

 

 

 

とにかく、晩御飯を冷凍流通で 15 品位作ってもらう。

 

 

明日に続く。

 

 

 

 

今日は、東京まで日帰りのお勉強。 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ