CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.09.23 Wednesday

有精卵の痛快

 

 

 

 

 

 

この記事は、2016年に【 やる気と感動の祭典 】というセミナーでステージに立った時の原稿に使った。

 

 

 

創業当時、有精卵も無精卵も栄養素の含有という観点からは、特に差異はないとの評価だった。

 

 

 

あれっ、あれほど、なるほどなあ、と思ったのに、

 

 

たった4年ほど前の発見だのに、

 

 

すっかり思い出せずにいる。

 

 

『 世も末だ 』という古い言葉は思い出すが、記憶に出てこない。

 

 

 

まあ、そんなことはいいや。

 

 

 

今回は同じ平飼いや有精卵の中でも、

 

 

さとうファームの有精卵は、味が際立って美味しいという事。

 

 

 

 

普通、卵の味を見る時は、ゆで卵にすると一番よく分かる。

 

 

でも、さとうファームの卵の味を再確認した時は、カタラーナの開発をした時だった。

 

 

 

だれが食べても、このカタラーナは美味しいという。

 

 

でも、その美味しさの秘密はレシピにあるのではなく、卵の味の違いだった。

 

 

 

というのは、まったく同じレシピで有名なメーカーで作っても、さとうファームで作る美味しさが出なかったので、

 

 

もしやと思って、さとうファームの液卵を送ってもらって、その有名メーカーで作った。

 

 

たしか、神戸のベルという会社だったと思う。

 

 

そうしたら、同じ味になった。

 

 

 

 

洋菓子も、パティシエの技よりも原材料という訳である。

 

料理人の技の見せどころの大部分が素材選びにあるという普通の話しだが。

 

 

 

今回のテーマのさとうファームの卵の味だが、決め手になっているのは、

 

 

餌ももちろんだが、飼育方法の中に【 生体エネルギー 】 を摂り入れている点にある。

 

 

 

不自然な物事を製造過程に入れるとそれだけ味が落ちる事は定説だが、

 

 

そうだとすれば、食べ物はすべて身体に対するエネルギーだから、

 

異質のエネルギーを入れないというだけではなく、おなじ有機由来のエネルギーでも、

 

 

そういう目に映る範囲のエネルギーの質だけではなく、「 気 」 という目には映らない、

 

実は、凝視すると映るのだが、そういうエネルギーを摂り入れれば、さらに味は増して当然ということになる。

 

 

 

目には見えないが、確実に存在するフリーラジカルという存在を御存知だろうか。

 

 

電子ではないのだが、磁力がこの世界には働いているのだが、この磁力が安定している様子が肝心になる。

 

 

磁石にプラスとマイナスが存在するように、磁力にも同様に存在する。

 

 

但し、この世界は多夫多妻制ではなく、一夫一妻制のようで、

 

 

フリーラジカルという存在は、独身みたいなものだ。

 

 

 

人間と同じように、一夫一妻制といっても、くっついたり離れたりする。

 

 

そうすると、安定しない状態が続く事になる。

 

 

 

このフリーラジカルが少ない方が安定したエネルギーを放出することは容易に想像できるが、

 

 

つまり、生体エネルギーというのは、この安定化を図るエネルギーの事を指しているようだ。

 

 

これが、味に影響を及ぼすし、食べた人間にも味に影響をする。

 

 

 

一般的には、平飼いはケージ飼いに対して、言うようで、そこに雄鶏が一緒に住むと有精卵になる。

 

 

ここでも、プラスとマイナスの存在が働いて、雄鶏がいる事でより安定した情緒が生まれるということになる。

 

 

 

この情緒が、生み出すエネルギーが、無精卵との違いとなって現れる事を、

 

 

可視化すれば、例え人間の眼に見えなくても、拒みさえしなければ身体は感じるということが、

 

 

 

さとうファームの卵の味として現れているという結論になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.07.28 Tuesday

真打の登場

 

 

 

 

 

後、数日でこのカボチャが出来上がるところ。

 

 

 

 

 

いよいよ、恋するマロンも真打の登場。

 

 

 

 

10年ほど前、南瓜はこの品種と決めて追いかけて来たが、

 

 

それは私自身の思いであって、その品種で作ってくれる農家があってこその思いだが、

 

何人もの農家が、その価値を感じてそれならと自分の存在をかけて作ってくれて来た。

 

 

 

いくら農家が作ってくれても、小売りの皆さんがその価値を感じて食べてくれる人に、

 

その目利きの自信をかけて売り込んでくれなければ、最後にお金を出して買って食べてくれるひとには伝わらない。

 

 

 

本当に美味しい作物、滋養たっぷりの作物を作る事が出来る農家は、別に南瓜じゃなくても、

 

何を作っても超一流の作物を作れるのだが、その超一流の作物を評価してくれる人間の存在が無ければ、

 

糠に釘を打っている、馬の耳に念仏を唱えてるみたいなもので、自己満足にも限界がある。

 

 

 

そのそれぞれ違う立場で評価を共に出来て、喜びにつながる。

 

 

 

今年は、相場が高そうだが、いつも蓋を開ければ、何のことはない、南瓜は南瓜の価格に落ち着くのだが、

 

それでも、高々野菜の値段は知れている。

 

相場より、著しく高い南瓜を買って味を楽しんだからと言って、

 

家計が壊れる訳では無い。

 

それより、あいつがあそこまで言うなら、作ってやろうじゃないのという心意気が、

 

最終的には、人を動かして、人気商品というのが出来上がっていく。

 

 

 

 

ところで、今まで、南瓜の茎は太く作らないと駄目だと思っていた。

 

この画像を見ていると、茎が案外細いことが気になった。

 

実の茎に着き方が、不思議なくらい、太く着いている。

 

人間で言えば、お母ちゃんから生きる術を貰うへその緒みたいなものだが、

 

がっちり、着いていて、ここからあの味に仕上がる養分がどんどんと送り込まれ、南瓜は吸い込んでいく。

 

 

 

 

小売店の方が、何もかも高くて、売り出すものが無くて困っておられる。

 

だから、『 100年に一度の俺の願いを聞いてくれ 』 と身勝手なスケジュール迄話して急き立てている。

 

 

 

本当は1000箱、8月の7日の息子の誕生日に送ってほしいと言っている。

 

スタートで、特売でも組める量があれば、それこそみんながみんな、もろ手を挙げて大喜びとなる。

 

でも、その為には先走る南瓜を畑で探し回らなければならない。

 

そんな労を厭うような農家ではないが、

 

南瓜の畑と言うのは、縦横に根が、茎が、葉が密集しているので、

 

畑に入れば入るほど、それらを傷つけてストレスを生じさせて、じっくり構えて成長している南瓜に影響を与える。

 

南瓜は、この農家や私と同じくらい、実に精密なハートで生きていて、出来ればすくすくと育ててやりたい。

 

 

 

でも、物事に 機 という不思議な力はつきもので、この機にソッポを向かれると、

 

いくらいい物でも、独りよがりの、あるいは一部の身近な人だけの評価で終わってしまう。

 

 

 

自分が携わる作物の、商品の、評価というのは、いくら直接的な通信手段が無くても、

 

感じようと思えば、いくらでも感じられるものだという事も分かっている。

 

 

 

圧倒的なヒット商品というのは、ひとりで作れるものではない。

 

 

 

楽しみにしておいて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.07.22 Wednesday

土用の丑

 

 

 

 

 

 

鰻は明日だと勘違いをしていた。

 

 

 

明日のために、昨日お伺いした彦根のパリヤさんで、和田さんの長芋を買っておこうと思って買った。

 

 

 

 

大塚社長に、「 今日と明日で、鰻は金額でいくらくらい売れるの? 」 って聞いた。

 

 

 

「 明日なんか、ほとんど売れへんわ 」 との応えに気づくべきだったかもしれない。

 

 

 

 

さあ、帰ろうと思い会社を出たが、子供たちの分も予約しているのに彼らも何も言わなかった。

 

 

 

 

帰る階段を降りようとしたときに、一緒に帰る中澤が「 鰻は? 」と聞くので、一日日付を勘違いしている事に気づいた。

 

 

 

 

トップワールドさんの筒井部長に申し訳ないが、お店に今から行きますと伝言をお願いした。

 

 

お客さんの部長にそんな願いをするかとも思ったが、電話番号を調べるより、早くいかなきゃと思った。

 

ごめんなさい。

 

 

 

 

来年の土用の為に、長芋を使って食べる提案の画像を撮ろうとして、頑張った。

 

 

 

タレも自家製でと、頭と尻尾で出汁を引き、札幌の新醤で味を調えてくれると言うので、

 

 

その動画も撮影した。

 

 

 

 

 

食べる前に、ずいぶんと仕事をした。

 

 

 

 

 

さて、肝心の鰻だが、これがまたその作業を吹き飛ばしてくれるほど美味しかった。

 

 

 

いつもたれの味にごまかされて、鰻自体の味をあまり感じなかったが、

 

 

なるほど、さっぱりしたたれで、鰻自体の味がよく感じられ、その鰻が実にいい蒸し加減で、

 

 

口当たりも良く、味が最高だった。

 

 

 

天然の鰻とは別物だが、こっちの方が美味しいと思える美味しさがあった。

 

 

 

実は、社長に会いに行ったパリヤさんでも、食べてみたいと思う鰻が並んでいた。

 

 

 

少し趣が違う焼き方に見えて、3000円を超える値段が付けられていたような気がする。

 

 

 

 

別に土用だけが鰻じゃないので、今年の夏は、出掛けるあちこちのお店で鰻を買って帰って、

 

 

味比べをしてみたくなった。

 

 

最近、ようやくお店があちこち開いて、買い物をするようになったが、

 

自粛のおかげで小遣いが余っている。

 

もっとも、油断するとあっという間に無くなる程度の小遣いだが、

 

 

生きてるうちに使いたい。

 

 

後になって苦労しても、それよりキリギリスでいたい。

 

 

 

 

 

 

2020.06.27 Saturday

DAL CUORE

 

 

 

 

宮崎・鹿児島を案内してくれた濱口さんが連れって行ってくれた御飯屋さん。

 

 

 

一度、私どもを訪問してくれた時に、たまたま行ったところがフグ尽くしを遣っていたので、

 

 

それを一緒に食べた。

 

 

 

さほど期待はしていなかったが、キャンペーン中で品物も良かったのか、美味しかった。

 

 

 

でも、味をしめたのは私ではなく濱口さんで、確か農業について気の利いたことを言っていたが、

 

 

以来、私が彼のところに行くと気を使ってくれて、いつも美味しいものを御馳走してくれる。

 

 

 

 

 

この日は、古い民家を再利用したとんかつ屋さんだった。

 

 

 

 

分厚いヒレカツが出てきた。

 

 

 

分厚いのに、上手に火が通っていて、絶妙な揚げ加減だった。

 

 

 

外に煙草を吸いに出た戻りに、こんな POP に彩られたパスタがあった。

 

 

 

買おうかどうか迷ったが、重いのも嫌なので、また amazon ででも買えばいいと写真だけ撮った。

 

 

 

 

濱口さんが会計を済ませてくれている間、車で待った。

 

 

 

 

そうすると、 お土産です と買って来てくれたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

いま、青果ターミナルに来てくれているイタリア人の面接のとき、

 

 

 

ボイ・エロ の話しをしたとき、このパスタの名前も言っていたような気がする。

 

 

 

 

宮崎に行った日は、木曜日で、その前日の水曜日はターミナルで身体を鍛える日で、お昼はヒレカツだった話しはしなかった。

 

 

 

 

 

 

2020.06.03 Wednesday

オコゼの唐揚げ

 

 

 

 

 

語学学校の再開で、久しぶりに長岡京のヘルプで買い物をした。

 

 

 

和豚もちぶたを買おうと思ったが、売り切れていて、あんまり仕入れてくれていないんだなと思いながら、

 

 

買うものが無いなあとか思いながら、鮮魚の方に行こうとすると、鉢合わせになって互いに顔を見合わせると、

 

 

何だ、社長じゃないかと思い、向こうも何だ吉田やないかって顔をしていた。

 

 

 

魚の方へ行くと、「 オコゼを買え 」 と言う。

 

 

ひとつ、美味しそうな魚が上手に捌かれていた。

 

 

 

 

 

見て直ぐに、思い出した。

 

 

この社長と二人でタイによく出かけていた時、

 

 

ある昼ご飯の時、突然「 こらぁ、お前いい加減にせぇ〜 」 と怒り出した。

 

 

「 真ん中ばかり食い散らかしやがって 」 と箸で示して言った。

 

 

箸の先を見ると、大きな唐揚げの魚の食べやすい真ん中を、確かに食い散らかしている。

 

 

彼の言う事は、正論で、これではシェアーして食べている相手は一言いいたくなるのも当然な姿をしていた。

 

 

 

自分は美味しい物を前にすると、サッサと食べて行く。

 

 

社長は、酒飲みのような食べ方で、ゆっくり食べて行く。

 

 

 

確かにその通りだと思った私がとった行動は、

 

 

「 ほらっ、宗さん 」 と言いながら、魚をひっくり返して「 こっちは手つかずやから 」 と。

 

 

声には出さなかったが、「 そういう問題と違うやろ 」 と顔に書いてあった。

 

 

こっちも、「 さっさと喰えよ 」 と思っているが口には出さなかった。

 

 

 

 

唐揚げなんて作ったことないが、頑張って揚げた。

 

 

 

丁寧に油に使っていないところに、杓子にすくって掛けながら辛抱強く揚げた。

 

 

 

いや、上品な味のする白身だった。

 

 

贅沢なさかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.06.02 Tuesday

冷奴とオクラ

 

 

 

 

 

 

ガラスの器が好きで、この器も高松に行ったとき、古道具屋さんがあったので覗いてみた。

 

 

 

分厚いガラスで、昭和を感じる趣があり、思わずセットの5枚のまま買った。

 

 

 

 

もう一枚、大皿で綺麗な模様が入っていて、それとセットで揃えてみた。

 

 

 

 

ようやく、冷奴の季節になった。

 

 

湯豆腐より、冷奴の方が好きかな。

 

 

 

豆腐はやっぱり生のままがいい。

 

 

火を通すと、豆腐の食感が損なわれる。

 

 

 

麻婆豆腐なんて、もっての他だ。

 

 

 

豆腐はお金さえ出せば美味しい豆腐はいっぱいある。

 

 

別に美味しい物の為には構わないのだが、たまに価格で買っても『 あれっ 』 と思う物もある。

 

 

 

その点、このマルヨシセンターさんの豆腐は、実に廉価でいい。

 

 

これには、亡くなってしまったが会長の心意気が感じられて、今も会長を思い出す。

 

 

 

一時はささくれた心を支えてもらった。

 

 

あんな人になりたいと思って、今も小豆島や高松に行くたびに思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.23 Saturday

にんじんサラダ

 

 

 

 

 

にんじんを、シリシリのように千切りにして、同じ道具できゅうりも同様に。

 

 

 

卵を薄焼きにして、短冊に切り、ポイントは胡麻ドレッシングとマヨネーズで和える。

 

 

 

 

これが実に美味い。

 

 

 

 

 

昨日、前回ここで紹介した人参を測定すると、とんでもない数値が出た。

 

 

 

疑っている訳じゃない、自信を持ちたかったのでもう一度測定することにした。

 

 

 

 

ところで、ウイルスの件は山を通り越した。

 

 

 

来年、もうひと山大きな坂を上らなきゃならないが、まあそれはいい。

 

 

今から、6ヶ月ほどあるのでその間に急ぎ次の山の準備をしよう。

 

 

 

その準備のひとつに、どうしても外せない事柄がある。

 

 

 

 

それは、一見意味が無いと思う事に一所懸命になれる自分を作ること。

 

 

 

今回、コメディアンの志村けんを亡くしたが、私は彼が好きだった。

 

 

特に好きだったが、石野洋子とのコントが気に入っていた。

 

 

 

お笑いのほとんどが、何か人を小馬鹿にしているような笑いが多い中で、

 

志村けんの笑いは、純粋にバカバカしい笑いで好きだった。

 

その中に、何か愛情のようなものを感じてしまう。

 

 

 

 

彼がドリフターズと一緒にやっていた番組で、事務所が同じだったのか、キャンディーズがよく出ていた。

 

 

照れながらやっていた沢田研二にも好感を持ったが、ミキちゃんがとても一所懸命していたのが気に入っていた。

 

 

 

 

 

あの頃に、意味のないことを分かっていながら一所懸命になれる事に、すごく意味を感じた。

 

 

 

 

意味が無い、と、ついつい軽く見たり扱ってしまう事が多いが、

 

本当に奥深い意味こそ、そこにあるような気がする。

 

 

 

 

実は、無意識の時に、一番神というか天に繋がっているような気がする。

 

 

 

この、宇宙とまで言わなくても自然から自分が生まれたからには、

 

 

一番近いのはお袋だと思うのだが、一番大きく育まれているのは自然なのではないかと思いずうと生きて来た。

 

 

 

 

その自然の摂理の中に還れるのが、人間が意味を感じる時以外の時じゃないかと思ってしまう。

 

勝手気儘ばかりする心が一番素直になっている瞬間で、自分と心が自然とひとつに戻れている状態のように思う。

 

 

 

案外、人間のチカラというのは、この瞬間に補充できているのではないか。

 

補充できているが、そのチカラが外には出ない。

 

 

 

まれに、この状態を離さないで、そこにマッチする意識が働く時がある。

 

その状態の時は、信じられないほどの結果をもたらす。

 

 

こんな不思議を感じながら、若い時チリ紙交換をやっていた。

 

 

 

つまり、無が有に変わる瞬間で、表現のしようがない快感に包まれる。

 

 

もちろんそんな瞬間は、お金では買えない。

 

 

 

ウイルスもそんなお金に利用されたくはないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.18 Monday

久しぶりにパスタを作った

 

 

 

 

 

 

今我が社は、青果ターミナルが動いている。

 

 

新しいひとを迎えていることが原動力になっている。

 

 

基本的には人材不足が私の泣きどころなので、いい機会ではないかと考え、直接育成に当たっている。

 

 

 

 

正社員の男性が1名とアルバイトの男性が2名と、女性が2名。

 

 

 

 

 

そろそろ外に出て行っても、いい時期だがそれまでに何とか自分の思うレベルまで引き上げたいと思う。

 

 

そんな流れで、毎日青果ターミナルに出社して、業務の細かなところまで点検をしていることと、

 

 

その細かなところが視野に入る意識を育てられれば、昔に戻れるのではないかと考えている。

 

 

 

かつて有能な営業マンがいたときに、飛躍的に業績は伸びた。

 

 

その時は、その営業が外で約束してくることを、そのまま実現できる業務力を作りたかった。

 

 

 

でも、自分でしていては前に進まないので、見守るようにして来た。

 

 

その間は、スピードを飛躍的に上げてくれるた。

 

 

 

ここに来て、もう一段そのスピードを落とさず丁寧さを付け加え、

 

 

構造的な利を生みだす仕組みを備える強さを作ることを目的にしている。

 

 

 

遣っていることは、相変わらずゴミを美しく出すことから始まっている。

 

 

おかげさまで、段ボールの始末は定着しているようで有難い。

 

 

昔、回収を依頼していた方に、ひと月くらいならこれくらい丁寧な出し方をするところはあるが、

 

ずうと、この状態を継続しているところは滅多にないと褒めてくれた。

 

 

出勤した人の自転車の停め方も大切で、こういう事が上手く行くと、発言が前向きになっていく。

 

 

少し油断すると、誰がどうだとか、こうだとか、全体に目を向けないで個人に目を向け、そんな話しにばかりなる。

 

一番大切な話しは、全体で良くなっていこうという意識を文化ほど大げさでなくてもいいので、

 

社風としてみんなで築き上げられることが、私の夢見るところで、こういう事なら力が湧く。

 

 

 

その上で、生産の質を上げて行くための仕組みを作りたいと思う。

 

 

 

 

画像は、今、売れに売れていて、味も良くなってきている長崎産の特別栽培トマト。

 

 

たまに過熟のトマトが混ざってくる。

 

そんなトマトが、廃棄のところに捨てられていた。

 

 

捨てられていたというのは多少誤解があるが、作業が終了したとき、みんなが持って帰るという方が正しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな丸々太った美味しいバナナも、房の付け根が駄目になっているという理由で、房ごと撥ねられている。

 

 

 

通常のバナナであれば、ここに防腐剤をスプレーしたり、防腐剤入りのプールに泳がせたりしている。

 

このバナナは、Organic なので、そういうことはしていないから、一定の確率で発生する。

 

 

 

みんなより、ひと足先に引き上げたので、後で『 ああ〜 社長がもって帰ってしまった 』 と嘆かれていたとか。

 

 

そうか、みんな楽しみにしていたんだと申し訳なかった。

 

 

 

 

おかげで、久しぶりにトマトソースを作ったが、箱ごと買ってあるボイェロのリングイネによく絡んで美味かった。

 

そういえば、同様に撥ねられていた鹿児島の Organic新玉ねぎと、沖縄の若い人たちが栽培した特栽塩セロリを、

 

味付けに足していて、まほろばの七五三塩や有機のワインで味を足していた。

 

贅沢を言えば、少しレモンの酸味でもあれば、もっとキレのある味が出来たかもしれない。

 

 

 

高くつくだろうが、『 八百屋のパスタソース 』 とでもして売りに出せば、みんなに喜んでもらえるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.06 Wednesday

たこ焼き

 

 

 

 

 

大阪の人なら、たこ焼き器は普通に持っているそうな。

 

 

 

小麦粉は良いけど、たこ自体がお店で買っていては、あまり美味しい蛸に巡り合わないから、

 

 

自分で籠を沈めて捕るしかないのかな。

 

 

 

先日は、小豆島産と書かれていたので、これは美味しそうと思い買ってたこ焼きにしたが、

 

 

 

やっぱり美味しかった。

 

 

一度も冷凍されていなかったのだと思う。

 

 

 

海から上げて、スーパーの袋に塩と一緒に入れて、袋の上からグチュグチュとしつこいくらいに揉む。

 

 

 

そうして、真水で洗って茹でると、得も言われぬ美味しいゆでだこが出来上がる。

 

 

 

似ているようでも、イカで焼いても美味しくない。

 

 

やっぱり、たこ焼きは蛸じゃないと駄目だ。

 

 

 

 

外はカリカリ、中はトロッとしたたこ焼きが出来た。

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.04 Monday

美味い

 

 

 

 

 

 

外で、汗をかいて仕事をした後の、この一杯が美味しい。

 

 

西村さんの四万十源流生姜でコンフィチュールを作ってある。

 

 

これをマジックブレードで、ガァーっとやる。

 

 

 

 

ベースは牛乳だが、案外豆乳が上手い。

 

 

バナナを持って来ているので、それを入れた。

 

 

 

 

そういえば、3年越しで西村さんの赤生姜で毛生え薬を作った通販の会社があったが、

 

 

売れているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ