CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.06.04 Thursday

久しぶりに

 

 

 

 

 

 

昨日は、青果ターミナルで一日中出荷作業をした。

 

 

 

夜になると、右手首の腱鞘炎は悪化するし、明け方左足がつった。

 

 

 

6時間ほど寝るつもりだったが、結局今朝も4時間で目が覚めた。

 

 

 

 

ターミナルで仕事をするといつも思うのだが、いいチームに出来上がってる。

 

 

 

誰もサボろうとしないし、誰も手を抜こうとしない。

 

 

 

 

たまにダレている時もあるが、それもまた楽しいのかも知れない。

 

 

 

でも、分かっている。

 

 

本当は、めいっぱい動いて、その後の充足感を得たいのだと。

 

 

 

 

むかし、隙の無いレーンを作ったことがある。

 

 

ちょうど、ベルトコンベアーを導入したての時、歩かないで済む方法を作った。

 

 

あの時は、トマトの段ボールを再利用して、確か5の倍数を作った。

 

 

とにかくこの仕事は、数えない事がカギになっている。

 

 

単純な作業だから、どうしても頭が遊んでしまう。

 

 

頭が遊んでしまうのに、数が数えられる訳が無いので、数えなくても数えられる数値はどこまでだと考えて、

 

 

 

それで、5という数が限界だと分かった。

 

 

 

5単位とすると、5×5=25まで誰も数えなくても、箱に入る。

 

 

 

 

あとは、図形を持ち込む。

 

 

図形は、頭ではなく、眼が数えてくれる。

 

 

5列を5列作ると、中の隙間は16出来、そこを埋めると41まで数字が揃う。

 

 

 

それを5じゃなくて4にすると、25になる。

 

 

そこに、後5を足すと30まで数える必要が無くなる。

 

 

 

並ばないなら、重ねる段数を表裏で積む。

 

 

一段目は表、二段目は裏向け、三段目はまた表向き、そうすると目が働いてくれる。

 

 

 

これは、中国で袋に袋を10枚入れる仕事を頼むと、10枚入りの確率は極めて低い。

 

 

そこで考えられたのが、10人並んで一人1枚入れれば次の人に送り、最後の人で10枚入りになる方法。

 

 

 

 

頭は遊ばせればいいし、口も自由に動かすことが、単純作業は一番疲れない。

 

 

 

 

 

昨日は、慣れないフォークリフトの運転で、冷蔵庫を壊さないよう緊張し続けていて、とても疲れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.09.23 Monday

秋のお彼岸

 

 

 

 

 

秋の彼岸。

 

 

今年は、お萩はおあずけかな。

 

 

金曜日の朝に、寝ぼけたままトイレに行って、左手でドアの取っ手を引き、右手で便器の蓋を開けようとしたとき、

 

 

腰の左から、背中にかけて斜めに、痛みが走った。

 

 

トイレと洗面所は、要注意というか、腰を傷める頻度が高いのに、

 

 

随意筋と不随意筋というが、本人の意思とは係わりなく動く筋肉がある限り、このように不注意と、

 

 

あとから、思うことが発生する。

 

 

普段から余程、継続的に言い聞かせておかないと、防ぐ事はできない。

 

 

防ぐ事は出来ないが、発生の頻度は低く抑えられるということになる。

 

 

暑さ、寒さも、彼岸までと、まったく昔の人は上手に教えてくれているが、

 

 

ことしほど、どっぷりクーラーで冷やし続けて過した夏は無かった。

 

 

ひとつには、鼻炎が今までのようにひどくなくなってきた事もあるが、

 

 

そうじゃなければ、暑さと鼻炎の葛藤を繰り返す、どうしろというのだという状態に陥っていただろう。

 

 

 

これだけ、あちこち行く必要のある仕事で、若いときに遊んできたから、キリギリスのように、

 

 

今頃になって、寒さに震えながら仕事をする順番がまわって来ているにもかかわらず、

 

 

薬膳のおかげで、思いのほか、元気に過させてもらっている。

 

 

腰が立たなくなって、這っていかなければいけないような状態の金曜日を過し、

 

 

上手い具合に、土曜日から三連休で、家で仕事ができる地球の回りで、

 

 

朝から、1時間ほど畳の上に仰向けに、寝転がって、腰と相談しながら気を巡らせ、

 

 

なんとか、立って歩ける様にまで、回復させることが出来て、

 

 

いつもの体操は、ある箇所で音を立てて、動くその箇所が、壊れるのではないかと思うほど、

 

 

強烈な抵抗と、大きな2段階の音を立てて、動いて、ああなるほどと、絶望の淵をかろうじて踏みとどまっている。

 

 

 

 

3年でも5年でもなんて贅沢は言わない、1年でも2年でも長く生きていられるように、

 

 

その時が来たらもちろん足掻く事無く、あっさりと諦めるけど、その前に意識して努力も必要かと思う。

 

 

 

世の中も変わるけど、それ以上に自分が変わっていく。

 

 

 

決して、変わっていく世の中の傍観者ではいられないので、うごがせて行く方に回りたい。

 

 

 

 

 

 

2019.08.28 Wednesday

めざせ Willie Nelson

 

 

 

 

 

 

 

2019.08.26 Monday

信用スコアー

 

 

 

 

 

以前にも、似た様なイラストを見た覚えがある。

 

 

先日訪問した上海では、このようなことが実際に話しに出ていた。

 

 

信用スコアーの基礎になるのは、「 評価 」。 

 

 

怖い事になりそう。

 

 

何故、何処の国の政府もアプリ決済に優遇措置を取るかと言うと、

 

 

この「 評価 」 システムが新しい支配の、ネタになりそうだから。

 

 

神・お金・評価 となかなか心の隙間を突くのが上手い連中だわ。

 

 

 

 

新幹線に乗ると、いつも雑誌が置いてあり、それを読むとひとつふたつは読むべき記事がある。

 

 

 

 

最近、アチコチ文章を書く機会が多く、なかなかこのブログがお留守に成ってきた。

 

 

 

 

今日書いているのも、実は最近心臓が寝ている間に痛むことがあるので、

 

 

どの程度の頻度で起こっているのか記録する必要があるから書いておく為。

 

 

お腹周りが大きくなってきたので、心臓にも脂肪がつき始めているのか。

 

元々、心臓の一室は肥大していると小学校の頃から言われ続けているので、その肥大がひどくなったのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.06.10 Monday

仙腸関節の調整

 

 

 

 

 

世にも不思議な事はある。

 

 

もう10年以上前、最初におかしいと思ったのは、高知の池さんのハウスを見ているときだった。

 

 

右の足の外側の付け根に違和感があることに気がついた。

 

痛い訳では無いが、痛い。

 

 

足や腰を動かしてみても、その違和感は引かなかった。

 

 

 

以来、少しずつ、その違和感は激しくなっていき、

 

数年を経れば、立っていられなくなってきた。

 

 

そのころは、じっと立っていると痛くなってくる。

 

歩くとどこかへ行く。

 

 

 

その内、歩いてもどこかへ行かなくなり、

 

どんどんと、ひどくなってきた。

 

 

そんなことをこのブログに書いていると、

 

読んでくれたニラの森さんが、腰痛から来ていると思いますよと言ってくれた。

 

 

 

そうかなあ、と思っても、腰痛体操をしても一向に良くならない。

 

 

 

そのうち、歩けなくなるかもなあと心配を始めた。

 

 

 

 

自体は5分も立っていられなくなり、5分も歩けなくなって来ていた。

 

 

展示会なのでも、必ず椅子を用意してもらって、

 

何処に行っても、すぐに座るところを見つけて、時々座らなければ歩く事が出来なくなっていた。

 

 

 

あるとき、あんまり身体を使う事がなくなったので、

 

 

昔を思い出して、バッティングセンターに行ってみた。

 

すると、駄目になった。

 

 

それで、腰ではなく患部はやっぱり右足の外側の付け根だと分かった。

 

長年、上半身と下半身の間の腰を先に左に開き、

 

その上下の反動でバットが強く振れる様にしていたことが原因だと分かった。

 

 

 

 

分かったからといって、治療法が見つかる事でもなく、

 

以来、会うひとごとにその話しをしていた。

 

 

遂に、昨年の秋に、明確な答えを教えてくれる人間が現れ、

 

『 それは、仙腸関節の歪みですよ 』 

 

と、とても丁寧に教えてくれて、初めて聞く関節の名前だったので、

 

漢字もメモに書いて、体操すれば直りますよと教えてくれた。

 

 

 

それで、この VIDEO を見つけた。

 

こういう体操は、専門的ではなく、また激しくないのがいい。

 

 

早速、畳に寝転んでやってみた。

 

 

4〜5日続けていると、自分なりに分かってきた。

 

両足を一度に上げるより、片足ずつする方が腰への負担が少なく、

 

また、正常な左足と、右足では違う感覚があることも分かる。

 

 

 

右足を内側に回して、伸ばしていくときに、カクンとなる。

 

 

このカクンが何を意味するのか分からないが、とにかくカクンとなると歪が調整されているような気がする。

 

 

 

 

 

以来、その違和感は影を潜め、現れてこなくなったし、

 

あれっと思ったらその場で立ったまま何かに掴まって、同じ体操をして直すことが出来る。

 

 

 

つい最近、左の足が痺れて入院している人の見舞いに行く人が現れた。

 

 

同じ症状かどうかは分からないが、もし同じだとすると整形外科では治らないようにも思うし、

 

 

あれから何度探しても出てこない VIDEO を探してみると出てきたので、

 

その見舞いのひとに教えた。

 

 

結果は、未だ聞いていないので知らない。

 

 

 

 

よくなってくれているといいが・・・。

 

 

 

 

 

2019.04.01 Monday

やっぱり

 

 

 

 

 

これは先週大阪阿倍野におかゆを食べに行ったときの画像。

 

 

このおかゆには、何か酵母エキスのような味が出るような物質が入っていたような気がする。

 

 

 

迷ってしまう。

 

そういう味付けがあった方が、いっぱい目は美味しく感じる。

 

だけど、二杯目を食べると、もう厭きてくる。

 

そうすると、やっぱり家庭で食べてもらうおかゆには無い方がいいという事になる。

 

問題は、世間が其れを分かるかどうかなんだが、常にそんな事はお構い無しに、

 

自分が食べたいものを開発する事になってしまう。

 

 

そうすると、絶賛を受ける事は確かなんだが、それが少数だという事。

 

 

いまさら、少数派を怖がるなら生き方そのものを変えなきゃいけなくなるので、このまま突っ走る。

 

 

 

薬膳粥を3〜4品、薬膳カレーに薬膳クラムチャウダー、韓国風のサムゲタン、これらの製造工場と話しが出来た。

 

 

 

久しぶりの商品開発で、すっかり興奮した先週だった。

 

 

土曜日の朝に、ようやく膀胱炎と結石が治まり体調が戻ってきたかと思えば、

 

興奮したままむきになって頭を洗っていると、腰を痛めてしまった。

 

最近は、腰というより背中の低いところを痛めることが多くなってきた。

 

背筋がほとんど無くなって、背骨を支える事が出来なくなって来た様な気がする。

 

 

これは、やっはり忙しくとも、小豆島に通わなきゃいけないってことかな。

 

 

ふたつあって、片方を休ませながら使えればいいのに、母親がもうひとり生んどいてくれたらなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.14 Thursday

知恵熱

 

 

 

 

 

 

 

ようやくこのひと月ほどの侵入者に対して、自己回復機能が働き始めた事と、

 

化学薬品を体内に入れる時期とが僅か無さで、合致して回復に向かってきた。

 

 

考えてみれば、不思議なものだ。

 

 

病は気から的な、回復にも機という事が働くような気がする。

 

 

ちょうど作物に対して、同じ農薬を散布しても効くときと効かないときがあるように。

 

 

その機を細かく分析しても、分析しきれる事は無いし、従って理解しきれる事は無い。

 

 

文中にあるように、そしてその事には何の意味もなく、それは意欲として肯定はしたいけれど、

 

傲慢のような気もするのは、過信もしくはその事に対して無関心から来る罪のような事だろう。

 

 

 

この世を数学的に見るならば、この自然界の要因と結果の関係は論理的に必要と充分の条件を生業としている。

 

 

 

この関係を中国の素学の基礎は、陰陽五行として曖昧な部分を残しながら大きく網羅しようとした試みも正しい。

 

 

 

そういう意味で、侵入者である菌が増殖しようとするときは、暖めるより冷やした方が理に適っていたと反省する。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.01.26 Saturday

遠視力

 

 

 

 

 

遠く用の視力、分かりにくい表現だが、多分遠くまで見えるかどうかで、

 

いわゆる近視というのは、近くしか見えないと言うことかな。

 

 

 

視力が戻ってきたような気がしていて、夜に車を運転していても不安を感じないので、

 

近視のメガネはかけないようになった。

 

 

 

昨日、四日市まで出掛けていて、そのショッピングモール帰るとき、

 

ふと、視力を測る装置が置いてあったので、測ってみた。

 

 

ところが、ええ加減になってきたのは、はっきりとはまったく見えないのだが、

 

何となく分かってしまう。

 

それで、当る!! 変だが、当てている感覚になってきた。

 

昨日の装置は、それを見破っているようで、

 

「 ホンマか、それやったらこれはどうか 」 

 

「 下だろう 」

 

「 下じゃねぇよ、じゃあ、さっきのも当てずっぽうだろ 」

 

「 そんなことねぇ、じゃあもっう一回出してみろ 」

 

「 これは? 」

 

「 ・・・右だろう 」

 

「 ・・・・、ならこれは? 」

 

「 ほな、これも見えるのか 」

 

「 ?????? 」

 

「 ほらみろ、見えてねぇんだろう 」

 

ってな応酬で、何度も似たような大きさを行ったり来たり。

 

結果が、1.2

 

元々、右眼が見えにくいが、右目になったらお互い厭きてきて、あっさりギブアップ

 

 

人間とやっているような錯覚に陥った。

 

 

 

 

なかなか、楽しい相手だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.01.22 Tuesday

早退

 

 

 

 

 

南の島に行って、人のことを心配していたが、自分がこんなになるとは。

 

日曜は、しんどくてほとんど寝て暮らした。

 

寝ても寝ても、疲れが取れず、

 

おまけに身体の節々が痛くなってきて、

 

早々に寝ようと思って、ベッドに入ったが、悪寒が走り、

 

これは参ったと思って、夜中に何度も水を飲みに起きだしていた。

 

 

 

月曜日にはやらなければならないことが山のようにあるので、

 

なんとか、今日一日と思って、頑張って出勤した。

 

 

夕方5時過ぎにようやく終わって、早退した。

 

 

 

ずうと、変なことが頭の中で蠢いていたが、

 

どうも、パソコンのある地点からある地点までの移動で、ショートカットするソフトが動いていた。

 

 

これは、間違いだと自分に言い聞かせても、やっぱりその画面が出てきて、一所懸命ショートカットをやっていた。

 

 

 

家に戻って、洗濯物を取り入れて、ストーブに火を入れて、それで寝室に行った。

 

 

窓の外には大きな月が出てきていた。

 

 

 

けっきょく、ハーブティーが効いて回復した。

 

 

 

 

 

 

2018.09.17 Monday

スピード

 

 

 

 

 

 

 

走るにしても、歩くにしても、とにかく足に関するスピードでは、負けたことが無かった。

 

 

ところが数年前から、この駅までの道で、後ろから来る人に追い抜かれるようになった。

 

 

最初は、後ろを歩いている人が、駅に着くと前にいる。

 

 

選ぶルートが違うのかなあと思っていたが、このルートが好きなので変えていなかった。

 

 

段々後ろから足音が聞こえるようになって、最終的には追い越されるようになった。

 

 

画像は、追い抜かれただけではなく、あっという間に置いていかれた。

 

 

この後ろからの画像、追い抜かれて直ぐに電話を取り出し、シャッターを押した1分も経っていない。

 

 

この後、前の人に合わして足を動かしてみた。

 

 

続かないだけではなく、とてもそのスピードでは足が動かなかった。

 

 

・・・・・・・

 

 

その人が特に足が早いようには見えなくて、さらにショックは深まる。

 

 

先日、久しぶりに出荷作業をする役がまわってきた。

 

 

背の届かないところに、養父養生にんにくが乗っていて、背の高い息子にその箱を下ろしてもらった。

 

 

4個でいいのに、引っ付いていて、5個取って来ていたので、1個戻しに行ったらもう高いところに置かれていた。

 

 

バスケットボール部なので、ジャンプしてそこににんにくを戻したが、足がつった。

 

 

「 そうなんや、ジャンプして足がつったの 」 と哀れそうに嫁が言う。

 

 

今日は、志願して出荷係りをしに行く。

 

 

神様、精進致しますので、高校生の頃の足に戻してくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ