CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.07.02 Thursday

益田農園さんのとうもろこし

 

 

 

 

 

 

奈良の五條市と言うと、柳瀬義亮という方を思い出す。

 

 

 

『 食農医 』 という本を出されていて、自然食品の行商をしている頃に、感動した覚えがある。

 

 

『 慈光会 』という小売りの店も持っておられて、後に我が社のお客さんになってくれるとは当時は夢だに思っていなかった。

 

 

 

 

その会社が近年『 中医学=陰陽五行=薬膳 』をテーマに食事を考え始めて御縁が出来た、

 

 

生駒市の『 桂花 』 という中国料理の館 の店主、小倉さんという方から紹介を受けて、この増田農園さんとは知り合った。

 

 

 

漢方薬の『 当帰 』の葉が縁結びである。

 

 

 

当帰は薬だから八百屋は販売できないが、それは根の部分に限ったことで、葉っぱの部分は規制が掛かっていない。

 

 

効能は、血液がサラサラになるということで、ほとんどの漢方薬には混ぜられている。

 

 

それはその通りで、血が巡らない限り、どんな妙薬を以ってしても病は治らない。

 

 

逆に、血が巡り、気が巡り、もうひとつリンパ液のような津液というが、この三つが巡ると病気にはならない。

 

 

 

病気にならないどころか、宇宙と一体になれる。

 

 

宇宙と一体になれると何が起こるかと言うと、元々私たちも宇宙から生まれ、この世界も宇宙から生まれたことなので、

 

 

すべてに通じることができるようになり、五感や意識を超えたところで理解が出来るようになる。

 

 

 

不可解な時間というものについても、一体になることで自由自在に行き来を出来るようにもなる。

 

 

最近、錬金術師とはこういう人間の事を言うと知った。

 

 

 

言い方を変えれば、すべては同じ手によって書かれたという表現になる。

 

 

 

この書かれたことに順って生きるなら、周りのすべてがその応援をしてくれるということは、

 

 

きわめて論理的なこととして理解できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、まだ食べていない。

 

 

 

 

2020.04.29 Wednesday

今週から

 

 

 

 

 

 

今週から、もう一段警戒をアップさせた。

 

 

 

電車通勤のスタッフがひとりいるので、仕方なく自宅勤務に切り替えた。

 

 

電車は空いていると思っていたが、「 今日は、珍しく座れました 」 と聞いたので、

 

そんなに混んでいるのなら、リスクはあるなあと思った。

 

 

 

早くから、空気感染ではなく接触感染だから、マスクより手袋をした方が良いと思っていたので、

 

 

青果ターミナルで常備している手袋をひと箱本社に持ち帰り、

 

そのスタッフには、退社時に必ず明日の分をひとつ持って帰るように言っていた。

 

本人は、若いからあまり気にしていない様子だし、自分だけ自宅勤務というのにも少し抵抗がある様子。

 

 

でも、そういう問題でもないので、今週からそうした。

 

 

 

 

もっとも感染のケースが多い、院内感染の理由は、何なのか分からない。

 

 

一緒にすんな と言われるかもしれないが、家畜の病気が発生した時は、

 

空港に消毒マットが置かれていることを思い出した。

 

 

それで、靴の底 をひとつの可能性として、考えた。

 

 

院内での移動を考えると、床に付着したウイルスを靴の底に着けてあちこち歩くと広がるような気がした。

 

 

それであれば、床をなめる人はいないだろうと思うが、靴底も大事ではないかと思い始めた。

 

ましてや、本社の床は絨毯で土足のままにしている。

 

 

 

それで、靴底用に次亜塩素酸ナトリウムの希釈液をスプレーに入れて、消毒してもらう事にした。

 

 

数人がすると、床に靴底の跡が着いた。

 

 

これじゃ駄目よねという話しが出て、ダスキンのマットを移動させた。

 

そのダスキンのマットにも、予めスプレーして、その上で靴底をスプレーする。

 

 

 

片足で立って、もう片方の靴底を上を向かせる。

 

 

これ、けっこう難しい。

 

 

 

外から帰るたびに、これをしなくちゃいけなくて、結構面倒くさい。

 

自分でルールを作っておきながら、いつも一番最初にイヤになる。

 

 

それでも、やろうと思って続けている。

 

 

 

人間の抗体は、どのようなメカニズムで育つのか分からない。

 

 

分からないけど、脳もそうだけど、必要があれば発達するし、無ければ退化する。

 

 

このように考えると、巣篭りって誰が言い始めたのか分からないが、

 

引きこもっていると、抗体は退化することは想像がつく。

 

 

 

ひきこもったり、ソーシャルデイスタンスとか、飛沫感染を防ぐという点では正しいけど、

 

抗体の育成という意味では、逆の事をしている気もする。

 

 

なんでも、過ぎたるは及ばざる如し、とは子供の頃に父親から教えられたので気を付けているが、

 

元々のめり込むタイプなので、ひとつの考えに固執する傾向はある。

 

 

 

脳の問題ならいいが、心を奪われることは避けた方がいい。

 

 

 

 

 

こころは、冗談で満たされている方が健康的やわな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.04.22 Wednesday

もう一段アップ

 

 

 

 

 

 

そろそろ、エタノール消毒役も出まわって来た。

 

 

 

 

収束することはあっても、終息することは無いと分かって来たので、

 

 

ポスト COVID-19 を考えて、今の自らの防疫力をもう一段アップさせようと思い始めた。

 

 

 

 

今以上に何に留意すればいいのだろうか。

 

 

 

先ず、顔を触る癖があるのでこれを失くす努力をしようと思う。

 

 

そういえば、子供の頃は『 ご飯を食べる前に手を洗いなさい 』と言われていたような気がする。

 

 

洗ったことはないが・・・・

 

 

 

鼻炎が始まったのが、38歳の時だから、それ以降、鼻と目を触る癖がある。

 

 

でも、先日七尾の人と、「 我々は煙草を吸っている 」 から口近くに手を持って行く頻度は高いと。

 

 

それなら、『 煙草を吸う前に手を洗いなさい 』 となる。

 

 

やれやれ。

 

 

 

 

階段で手すりを持つ癖は無くなってきた。

 

 

 

 

ドアの取っ手もあまり触らなくなってきた。

 

 

少し待てば開く自動ドアなら、一瞬待つことでプッシュしなくて済むことも覚えた。

 

 

エレベーターのボタンは、持っているキーで押す。

 

 

お金は出来るだけ触らずに買い物をする。

 

 

20数年前にキャッシュレスとはどういう策略かを本で読んで以来、

 

 

キャッシュレスには抵抗があった。

 

 

でも、これは高速道路のプリペイドカードの便利さにあっさり負けた。

 

 

今は、コンビニで煙草を買うのに Pay Pay を使う便利さに負けた。

 

 

空港の売店では、JAL や ANA のカードで引かれる僅かな金額に負けている。

 

 

 

車にも、消毒液は飲み物のポケットに入れてある。

 

 

洋服のポケットには、鼻炎の薬の空き容器に消毒薬を入れて持ち歩いている。

 

 

 

後、気になるのは、会社は土足なので、靴底が気になる。

 

いっそのこと、今でも半数近くが、履き替えているので全員履き替えるようにしようかな。

 

今の会社に引っ越しする前は、革靴のかかとが椅子のキャスターですぐに駄目になるので、

 

上履きを用意していたけど、今では小豆島のリビングのスリッパに使っている。

 

 

 

家の玄関には、スプレー式の消毒薬を置いているので、それで靴底をシュッシュッとするか。

 

 

 

お前、その前に煙草をやめろよ と言われそうだが、これもいずれは理由が見つかったらやめるが、

 

喫煙者と非喫煙者の肺がんの発生率が逆転している事から、副流煙の方が害があるなんて信じられないことを言われると、

 

 

抵抗したくなって、しまう。

 

 

 

大事なことは、家族や、会社や、Community で話し合ってルールを作ることかもしれない。

 

 

自然と、会社はマスク着用が増えて来た。

 

 

 

 

私の実家は、結核のひとが多くいたようで、

 

当時は、遺伝的要因を疑われていて、それで大叔母が単身戦前にシアトルに渡った。

 

大東亜戦争時は、収容所にいて苦労をしたそうだが、同じような苦労を今の在米日系人は味わうのだろうか。

 

ひとは、ひとを蔑むのがどうも好きらしい。

 

 

 

JBpress に記事を出している徳山あすかって女性の、ロシア在住奮戦記がおもしろい。

 

ひとから親切を受けやすい人と、受けにくい人との違いが分かったような気がして、何とか元気になってほしいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

2020.04.17 Friday

クローバーの花

 

 

 

 

 

何て言う観葉植物か知らないが、この鉢にクローバーが生えている。

 

 

 

 

徳島の農家が作っている、鳴門わかめの残渣を醗酵させて作っている液肥をもらって来たので、

 

 

3度ほど、30倍から50倍に希釈して、施肥しておいた。

 

 

 

葉が隆々としている。

 

 

 

 

楽しみに見ていたら、つい先日そこにあるクローバーが蕾を付けているのを見つけた。

 

 

 

昨日、ふと見ると、花びらを開かせていた。

 

 

 

 

そっと咲く草花が僕は好きだ。

 

 

 

 

そういえば、クローバーの花は違う花だった。

 

 

いま、隣で違うよと言われて、思い出した。

 

 

半円球に咲く、白っぽい花びらの集まりだった。

 

 

じゃあ、この花は、何の花なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.04.08 Wednesday

おばさん達のすごさ

 

 

 

 

 

昨日は、袋詰めの数が多いので、作業終了時刻が夕方6時半頃までかかる予定と報告があった。

 

 

本当は、今日が大変と思っていたが、入学式か何か理由は知らないが、2名欠勤が出ているという事なので、

 

 

午後2時半頃、急遽ターミナルに行って作業の手伝いをすることにした。

 

 

 

行く道々、自分が1時間で今から3時間できるとして、300パック弱しか力になれず、焼け石に水かとも思ったが、

 

 

まあ、それでも猫の手よりましと自分を励まし、手伝いをした。

 

 

やっぱり6時なっても終わりそうもなく、だんだん身体が動かなくなってきて、

 

 

予定通り、6時にギブアップ。

 

 

 

地球畑 Organic キャロットを終えて、柔らか太ごぼうのパックになった。

 

 

この画像の容器に、左側の位置の人が袋に詰めてこちらに送ってくれる。

 

 

その左では、ごぼうのひげ根を除去して、端を切り落とす作業をしている。

 

 

この容器に入ったごぼうの袋の先を掴んで引き上げ、コニクリッパーで止めていくのが私の作業。

 

 

この容器の発見で、この作業は倍とは言わないが、1.5倍くらいのスピードになった。

 

 

スピードが上がるという事は、作業が楽になるという事とイコール。

 

 

 

ちょっとしたアイデアだが、作業数量がすごいので、相当額のコスト削減になっている。

 

 

 

役どころが3つくらいあるのだが、同じ作業ばかりしていると、スピードが落ちるので、

 

 

ローテーションで定期的に役を交代していくようにしているが、これもすごい。

 

 

いずれも、先代のリーダーの発案らしい。

 

 

昨日書いた、深雪というおばさんのアイデア。

 

 

先代と言うのは、若返りを図って、次の世代がリーダーをしている。

 

 

 

こっちは3時間でバテテしまったが、みんなは朝からやっている。

 

 

最後まで付き合おうと思っていたが、駄目だった。

 

 

『 すいません、参りました 』 と保々の体で帰って来た。

 

 

 

 

『 もう、みんな女を上がっている 』 とか言いながら、やってくれている。

 

 

 

みんな、すごいよ。

 

 

 

 

 

 

 

2020.04.07 Tuesday

花壇

 

 

 

 

 

 

我が青果ターミナルの花壇がめっちゃ綺麗に花盛り。

 

 

 

 

『 政ちゃん 』 と呼ぶか、親しみを込めて『 政子 』 と呼び捨てにするか、どっちにしても、

 

 

政ちゃんは、政ちゃん。

 

 

 

 

 

花壇とは、名ばかりで金木犀が数本植わっていただけだったが、

 

 

4年だったか経つうちに、みんな4つ歳を重ねただけではなく、色んな花が咲き乱れる花壇にしてくれた。

 

 

 

感謝感激雨霰

 

 

 

 

久しぶりに昼礼をしに行った。

 

 

 

 

 

 

おかげさまで、ここまで誰もコロナウイルスに感染しないで来れた。

 

 

 

このウイルスとの戦いは、長期戦になるので今一度気を引き締めて感染を避ける事をしようよと呼び掛けた。

 

 

 

 

ひとりお手製のマスクをしていた。

 

 

なかなか似合っていた。

 

 

 

彼女も山本で、深雪という。

 

 

深雪ちゃん、とはどういう訳か呼びにくい。

 

 

さりとて、山本さんはもう一人いるので、

 

 

だから深雪と呼び捨てにする。

 

 

 

あまりに目立ったマスク姿なので、

 

 

 

『 近くの銀行にでも行くのか 』 と声をかけた。

 

 

何なら、サングラスも貸すが、成功の暁には手数料をもらおうかな。

 

 

 

 

最近は、スーパーマーケットでも、コンビニでも消毒薬が売られているので、

 

 

車にも一本常備している。

 

 

おまけに携帯用の化粧ボトルで、ポケットにもひとつ入れて歩いている。

 

 

 

『 出来ることはすべてやる 』 と決めた。

 

 

 

本社でも、来客のたびに入り口の消毒液で手の消毒をお願いしている。

 

 

 

ヤマトのお兄さんは、手袋をして伝票をめくるのに、右手の親指と人差し指だけ切り取っていた。

 

 

 

『 消毒をしてくれましたか 』 と声を掛けると、『 はいっ 』 と返事する。

 

 

『 手袋をはめたままですか 』 と言うと、『 ごにょごにょ 』 と聞き取れない返事をしていた。

 

 

本人は、手袋をしているから良いが、その手袋であちこち触られたらこちらが困る。

 

 

 

彼は、消毒薬で手があれる体質のひとかもしれないので、

 

 

今度から、手袋を脱いで入って来てくださいとお願いする事にしよう。

 

 

 

 

大半の内の荷物を運んでくれている運送会社の社長にも、久しぶりに電話をした。

 

 

 

『 気を付けて下さいね 』 とお願いをしたら、『 私は神経質だから大丈夫ですよ 』 と言っていた。

 

 

 

 

みんなの気持ちも落ち着いてきたから、今なら、徹底できそうな気がする。

 

 

 

みんなが、真剣に取り組めば、撲滅は出来なくても抑えることは出来るように思え始めた。

 

 

 

半端なことで、長年定着してきた金融体制を替えることは難しいのは分かるが、このやり方は少し陰湿ではないのか。

 

 

 

もっとカラッとしたやり方は無かったのかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.03.22 Sunday

測定

 

 

 

 

 

 

 

約3ヶ月ぶりに出荷されてきた名水にら。

 

 

 

やっぱりいいにらだわ。

 

 

わずか7本で115グラムもあるにらなんて、他にあるか。

 

 

今シーズンは1本植えという定植方法に切り替えたというので、

 

 

あっそうか、今までは2本を一ヶ所に定植していたのだが、それを1本ずつにしたということで、

 

 

果たしてどうなるのだろうと思っていた。

 

 

 

初期の収量は少し少ないのかもしれないが、最初から土の養分を独り占め出来るからなのか、

 

 

初収穫から名水にらの特徴である、太さが出ていて、当然葉肉も厚い。

 

 

 

 

 

 

 

今、コトPOPやデザインを担当してくれている馬場さんに中澤が測定を指導していた。

 

 

 

にらを自分でも測ってみたくって、何とか指先でエキスを絞ろうとしたが無理だった。

 

 

「 そんなん無理に決まってる 」 と馬鹿にされたが、残念、もう少し若ければと、

 

アナログの糖度計があれば・・思いながら、摩り下ろして絞った。

 

6.1 度だった。

 

 

 

そうすると、また前から『 私たちが測ったら、6.4 度だった 』 と言われた。

 

 

 

しばらく測定に手が回らずサボって来たが、今は新しい商品が少ない時期なので、

 

 

また、再開してくれた。

 

 

 

 

この名水にらの糖度が6度台なんて、みんな知らないだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.03.10 Tuesday

今週のお花はん

 

 

 

 

 

 

このオレンジの吊り鐘草みたいな花が愉快で、撮ってみた。

 

 

 

毎週たった2千円で近所から自転車でやって来て、こういう風に飾ってくれる。

 

 

 

今日は、和洋折衷みたいな組み合わせだが、この花屋の兄さんは洋風の大きい花が好みらしく、

 

 

私の和風の小さな花が好きというリクエストは無視している。

 

 

 

 

それゃそうだろう、わずかな金額で無理言うなというところだ。

 

 

もちろん本人はそんなことはひと言も無く、12年間通い続けてくれている。

 

 

 

 

 

おかげさまで、会社は花のある事務所になっている。

 

 

 

 

さて、今日は京都だわ。

 

 

 

新しい、楽しいお客さんのお店をまわらせてもらう。

 

 

 

むかし、宇多野に通っているころ、たしか北の西向き道路を仁和寺辺りに向かっているときにあったような気がする。

 

 

 

 

それでは、楽しみにして行ってみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.03.02 Monday

清潔第一

 

 

 

 

 

いつも間にか、計量商品を一旦この笊に入れて量り、次の袋詰め係に回すようになった。

 

 

 

私の印象では、二度手間のように感じる。

 

 

ただ、規模にも拠るとは思うが、自分たちでいいと思う方法を選択することや、

 

 

何より、最後の袋止めの工程が何人いるかや、出来た商品の流れ着く先で変わったり、コンベアーがあるかないかでも違う。

 

 

 

 

 

そんなことより、その笊がいつもきれいに洗われていることに感謝をしている。

 

 

 

この背景に写っているクッションフロアーもいつの間にか綺麗に作業台に貼られていて気持ちがいい。

 

 

 

ありがたいことだ。

 

 

 

 

 

2020.02.27 Thursday

あ〜あ

 

 

 

 

 

束の間の夢を見た。

 

 

 

FOODEX が中止になった。

 

 

 

経費的には200万円ほど戻ってくるが、期待をしていた。

 

 

 

ひょっとすると、火付け役になってくれるかと思う、普段なら商談できない相手さんとの機会なのに。

 

 

 

 

何も確かなことはわからない。

 

 

分からないときは、どういう現象が起こってくるのか様子を見ていて、

 

 

現象が現れるまで、強引にでも現象を現れるまでやるので、その強引さで現れる現象を見て、

 

 

その現象に誰がどういうメリットを受け取るかを見ていれば、目的があるとすればニュースを繋ぎ合わせると目的が分かる。

 

 

 

 

ひとつは、ウイルスは熱に弱いということなので、体温を上げることと、外出から戻れば熱い物を身体に入れることか。

 

 

 

もうひとつは、これだけ経済が停滞することを躊躇なくしているところを見ると、次の展開に、

 

 

いったんダウンする必要があるということなのかも知れない。

 

 

 

その指標の株価を見ていれば、終息の予想がつくような気もする。

 

 

 

そういえば、久しぶりにアメリカに行ったときは、大統領が代わる年だったから、

 

 

今年もその年に当たる。

 

 

 

まあ、何のための2週間かは、その後の数字で分かる。

 

 

 

劇的な数字の変化がなければ、延長の可能性もある。

 

 

 

 

ニューヨークに行く5月には、もう少し落ち着くかなとは思うが、

 

 

この2週間の結果次第かな。

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ