CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.02.01 Thursday

鹿児島の新じゃが 2

 

 

 

 

 

毎年、この時期にはこの農家、上村ファームに来る。

 

『 農薬の少ない新じゃが 』ということでつとに有名になったが、

 

少ないどころか、未だに無農薬でやっている。

 

土作りさえ、しっかりすれば、化学肥料を減らすことが出来ると信じて、

 

年々歳々、土を作ってきた。

 

 

取引開始から、14年ほど経つと思うが、5 年前についに特栽レベルに達した。

 

はじめから、特栽を目指す、或いは有機を目指す人は多い。

 

だけど、この農家は、収量を落とさない、寧ろ上げることを考えているから、

 

その根拠が無いことはしないので、土の出来加減を見ながら、化成肥料を減らしてきた。

 

とても、真似の出来ることではない。

 

そして、今年遂に、農薬を掛けないで作ってしまった。

 

 

毎年、来れば新しいことにチャレンジしている内容を報告してくれる。

 

今年は、緑肥のやり方を変えたそうだ。

 

 

じゃがいもの収穫が終わると、畑のメンテナンスのために、緑肥を蒔く。

 

それで、その緑肥を畜産の飼料として販売することが始まったのが、一昨年だった。

 

それすら、機械化して、何処にも負けない飼料を作ることが目標にしていたそうだ。

 

そして昨年は、そのシッパーの中に、菌をほんの少し入れて、醗酵飼料としたそうだ。

 

おかげで、ダントツの飼料として、買い取りの飼料会社から評価を受けるといっていた。

 

 

 

で、それなら、アルファーには直接的な関係は無いが、こんどはその醗酵した飼料を細かく裁断して、

 

それを、畑から出た量を、もう一度畑に戻して、鋤き込むことを今作はしているそうだ。

 

 

2〜3 年すれば答えは出るだろうと言っている。

 

 

 

 

 

此処に来るのは、会社の設立記念日の 2 月 2 日の前後で、そういえば 25 周年の時もここにいた。

 

 

 

今年は昨年の植え付け時、この沖永良部島に天皇陛下が行幸されたということで、ひと月も遅れて植えたと言っていた。

 

 

 

ところが、どうだろう、4 日間で10町歩の植え付けを終えたと言っていた。

 

北海道並の大型機械を導入して、如何に省力化してやるかが経営の主眼となっているので、

 

まさに、時は金なりを地で行く経営だが、少しの時も無駄にしないで、前に突き進む。

 

今までを振り返れば、すごい道のりだが、此処から先が楽になるかというと、そうではない。

 

更に高いハードルを設定して、それを飛び越えていく。

 

天才ではなく、地道な努力だけが実を結ぶという典型のような家族だ。

 

 

 

畑を案内してくれる軽ワゴンの前に乗る兄弟を感じて、

 

うちの息子二人を今年、この二人に是非会わせたいと考えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の新しい設備は、これだ !!!!

 

 

 

収穫機。

 

 

北海道ならイザ知らず、ここは沖縄本島の北に浮かぶ小島。

 

 

元々、この農家との出会いの衝撃は、小さな島なのに、北海道でもあまりお目にかからない大型トラクターが、

 

倉庫に 2 台も置いてあった。

 

 

 

ドイツまで、買いに行くと言われて驚いた。

 

 

きっと、ヨーロッパの農園風景が、この人にはまぶたに焼き付けられているのだろう。

 

 

 

 

これで、いつも思うとおりに入荷しないアルファーのイライラを解消できるだろうと胸を張っていた。

 

 

 

その心意気、期待していますよ。

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.31 Wednesday

鹿児島の新じゃが

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島の長島という島は、美味しいじゃがいも産地として、つとに有名。

 

それでも、此処に来て、長島の中でもその支島の伊唐島は、長島本島より更に美味いんだとか。

 

 

 

たしかに、未だ食べていないが芋を見る限り、私の目にはいい物に映った。

 

 

土を見ても、見方ヶ原の佐原さんほどではないにしても、充分な団粒構造が出来ていた。

 

 

 

ひさしぶりに畑を見たが、やっぱり畑を見るのはいいな。

 

 

自分で作れば、もっとおもしろいけど。

 

 

 

 

 

 

2018.01.26 Friday

今日のハーブティー

 

 

 

 

 

 

黄色いのは、マリーゴールド。

 

後は、たんぽぽとすみれ。

 

 

お花畑みたい。

 

 

 

そういえば、北海道の有機栽培農家の一戸さんが、畑を休ませる為にマリーゴールドを植えていた。

 

 

今から台湾に行くのだが、ひょっとすれば日本でもたんぽたぽも、すみれも、頼んで植えてもらえば、

 

みんな面白がって、植えてくれるかもしれないけど、その後を如何乾かせばいいのかな。

 

 

 

それ以前に、これだったら、小豆島の自分の畑で植えればいいのかもしれない。

 

 

 

 

台湾に行くもうひとつの目的は、台湾のフルーツを中心とした産地開発。

 

 

明日初めて会う貿易会社をしている方で、通訳もお願いしているひとと、如何に出会えるかかな。

 

 

 

まあ、考えていることを話せば、面白がってくれるかも。

 

 

 

 

 

 

2017.12.25 Monday

白きくらげ

 

 

 

 

 

ひょんなことから、中澤が『 それなら、白きくらげを栽培してよ 』 と言ったかどうか分からないが、

 

『 白きくらげが出来てきたから・・・ 』 と連絡をもらった。

 

 

 

ひさしぶりに、それならと、いそいそと出かけた。

 

 

 

味は、・・・・美味しいですよ。

 

 

きくらげの味は知りませんが、食べれば美味しさは分かります。

 

 

β-グルカン という成分が、免疫力向上に効果がある成分として注目されているようで、

 

一般的には中華料理によく出てくることから、当然【 薬膳料理素材 】としても取り扱うつもりですが、

 

ふつうに野菜のあるいはキノコとしても取り扱うつもりです。

 

 

 

いずれ、この手の食品が騒がれることは分かっているのですが、

 

世間は、へんなところで中国のように、食べ物と身体の密接な関係を文化としてこの国は出来上がっていない。

 

 

文化となると 4000 年 も掛かるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.12 Tuesday

剣淵 池田さん

 

 

 

 

 

 

 

 他社さんのポスターだが、あまりに秀逸な作品だったので、一枚勘弁してもらって撮ってきた。

 

 

何やかや言っても、有機農産物は伸びている。

 

 

ぬくもりいち と読むらしい。

 

 

この方は、

 

誰でもが、着いて行きたくなる。

 

 

 

 

絵本の里作り。

 

そうかも知れない。

 

 

 

 

 

 

2017.12.10 Sunday

絵本の街 kembuchi

 

 

 

 

札幌から、雪の道を走って旭川を超え、名寄に近づくと、剣淵って街がある。

 

竹下某かの総理時代だったと思うが、ふるさと創生資金 1 億円って政策があり、

 

そのときに町で話し合って、この 『 絵本の里 』 って施設を建てたらしい。 

 

 デザインは、東京のデザイナーで、建築も町の業者ではなく、まったく直接的なの経済効果は頭の外だと思うのだが、

 

そのことが、かえって良かったのか、ほんとうに町の人が心豊かになるような、また、子供たちが夢を持って育つような、

 

そんなメルヘンの世界だった。

 

年に一回、『 絵本の里大賞 』 って、賞まで作ってなかなか考えられた、1 億円の使い道だった。

 

 

 

 

 

 

 

  

町の住民以外でも借りることが出来ると聞いて、この絵本を借りてきた。

 

 

 借りてきたら、返さなきゃいけないが、amazon ででも買うか。

 

なんと、夢の無い話しだこと。

 

 

 いまは、amazon が小売業を席巻しているが、

 

こんな温かみの無いことは、そう続くものではない。

 

アメリカでは、Brick & Mortar というらしいが、店でひとから物を買う時代に戻るだろう。

 

 

にんげんは、それほど馬鹿ではない。

 

 

 

 

 

 

2017.12.09 Saturday

札幌は吹雪だった

 

  

 

今日も元気。

 

昨日、札幌に着いた。

 

吹雪だった。

 

無限樹の大川さんが千歳まで迎えに来てくれていた。

 

ここは、駐車場まで歩くので、防寒バッチリの井手達だったが、直ぐのところに止めていた。

 

止まっていた車は、AMG の小型車。

 

メーターは 320km/h まであり、実は私が欲しかったスポーツタイプ。

  

乗り心地満点。

 

 

 

 

 

 

このホテルまで送ってもらい、

 

6 時 30 分の約束のすし屋まで行こうと、ホテルでタクシーを頼むと、

 

なんと、40 分ほど待てという。

 

これは、困ったなあと思い、外でタクシーを拾うつもりで出ると、

 

係りの人が、何処まで行くのですか と聞いてくれたので、

 

ここだと、フロントで検索してもらった画面の写真を収めた iPone を見せると、

 

ここから地下道で、歩いて15分くらいでいけますよ、と言ってくれるので、それならと地下道に出た。

 

 

 

出て直ぐに、路上に出店が並んでいた。

 

 

一旦通り過ぎようとしたが、あわてる旅でもなし、少し引き返して立ち寄った。

 

 

 

 

 

 

 何か欲しくって、画像のドライフラワーが挿してある一輪挿しが、

 

一番、気が乗っていそうなので買ってきた。

 

 

 なかなか、いい仕事をしている。

 

 

 

自分も、生まれ変わったら、こんな仕事がしたいと言って立ち去った。

 

彼も、『 励みになります 』 と言って喜んでくれた。

 

私も、こういう仕事をしている若い方と会えて、嬉しかった。 

 

 

 

 今朝は、大橋さんが 7 時 30 分にピックアップに来てくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.07.05 Wednesday

北海道の旅 5 斉藤農園さん

 

 

 

 

 

 

 今回は、有機農業をされている農家を中心にいままでお取引をしていなかったところも周らせてもらった。

 

いったい何軒の農家さんを巡ったか数え切れないくらい周らせてもらった。

 

 

そんななか、決して老齢化しているなんてことはない。

 

日本全体での農家事情は分からないが、少なくとも私がお付き合いしているところは、

 

99 % 後継者がいて、まったく将来に対して不安を感じている様子はない。

 

 

そういう意味では、独自の販路をちゃんと持つ、と考えておられる農家は事業として成立している。

 

 裏を返せば、私たちが、ちゃんと農業が事業として成立するお付き合いをしている事でもあるように思う。

 

思い起こせば 40 年前 、【 農業を守る 】 のテーマで集まった仲間と共に始めた仕事で、

 

改めて、そのことを今の状況から振り返れば、当初の目的通りできていることに安心を感じる。

 

 

 

あの頃、仲間じゃなくとも同時期に同じ思いでスタートした会社は、残念ながら、

 

ほとんどが、無くなっているか、資本が大手資本に換わってしまっている。

 

なかには、創業者利益で持ち株で現金を得た者もいそうな気もするが、それはそれで努力の結果だろう。

 

ともあれ、40 年の月日で、有機農業はすっかり定着して、その分、別ものになっていることが分かる。

 

その間色んなテーマがあったが、このテーマが進化していければ、企業としても継続していくことが出来るのかもしれない。 

 

 

 

問題は、動機のポイントにあるような気がする。

 

より大きなというか、より根源的な動機であると、ネタは無尽蔵に出てくるのが自然の摂理かな。

 

ただ、それが環境に適合していればビジネスとして発展するし、適合しなくなれば縮小する。 

  

 

生命と同じように、素朴な論理だ。

 

 

 

 

2017.07.02 Sunday

北海道の旅 4 中村さんのホワイトオニオン

 

 

 

 

 

 

昨年は大失敗の、ホワイトオニオン。

 

ブラッシングを産地でしたため、全部ずるけて届いていしまった。

 

 

ブルーシートを拡げて、何とか助けられないかと頑張ったが、結局は駄目になってしまった。

 

 

ことしは、そういう意味でリベンジです。

 

 

南の上村、北の中村、というくらい倉庫が整然としていて、神の存在を感じる。

 

 

事業が発展する、ひとつの条件かもしれないと思う。 

 

 

 

 

 

2017.07.01 Saturday

北海道の旅 3 美幌の一戸さん

 

 

 

 

 

 島本微生物だったかな、今回お会いした中で一番近い人だったかな。

 

決めたらやる、力強い方だった。

 

 

 

土が付いたままの人参を食えと言うので食ったが、

 

まあ、味はあったかな。

 

 

 

 

 

 

にんじん畑の隣の畑に、マーガレットのような花を植えていた。

 

緑肥なのだろうけど、名前を聞いたのに忘れてしまった。

 

 

 

ちゃんと、やることやっているひとで、こういうひとが信用できる感じてしまう自分がおかしい。 

 

 

なんでも、近くに有機の認定加工場があるらしい。

 

実に楽しみが多い。 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ