CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.07.11 Saturday

日本橋

 

 

 

 

 

ひょっとすれば、有限会社アルファーの歴史を変えられるかもしれない。

 

 

 

そのように考えれば、2008年に会社を小さくして以来、干支がひと周りもしているのだからいい頃かも。

 

 

 

 

ほんとだね、この会社ももう30余年になる。

 

 

始めようとしたのは、1987年だから、えっ間違いじゃないよな。

 

 

昭和62年11月創業届けを出した。

 

 

私が生まれた昭和28年は1953年だから、昭和62年は1987で合ってるよな。

 

 

そうか、今は未だ2020年か、2027年かと思ってた。

 

 

 

いやいや、びっくりした。

 

 

世間って意外とゆっくり動いてるんだな。

 

 

 

2027年は7年後だから、67に7足すと74か、周りの人を見ると未だ意識は大丈夫だな。

 

 

 

 

1945年に先の大戦が終了し、今年で75年経過しているとなると、そろそろ歴史の転換点を迎えてもおかしくない。

 

 

 

銀座線の日本橋駅を降りて、地下鉄はいつもそうだが何番の出口を上がるかで、地上に出てからのルートがまったく変わる。

 

 

 

調べるというより勘に近いが B5という出口を上がったが、少し様子がちがった。

 

 

 

どうも、iphon の map なるものは苦手だ。

 

 

 

以前も六本木の旧岩崎邸の会合に行くのに、歩いて5分だと聞いたのに、1時間近くも捜し歩いた。

 

 

 

今回も5分程度だと思うが、20分くらい探した。

 

 

結局、元の B5 の出口付近に戻って来た。

 

 

 

周りをよく見ると、道路案内に左に行けば国道1号線と書いてあった。

 

 

 

お江戸日本橋だもんね。

 

 

1号線の起点だから、この標識が一番役にたった。

 

 

これで分かると思うと、周りの店がようやく目に入って来た。

 

 

【 うさぎや 】とかいう和菓子屋さんのどら焼きが美味そうだった。

 

 

しばらくいくと、【 とらや 】 があった。

 

 

 

買いたかったけど、リュックは既に満杯で、遊びに来ている訳ではないので、

 

 

土産物の紙袋を持って、まさか商談に行き、そのままその紙袋を持ちかえる訳には行かないので帰りにしようと諦めた。

 

 

 

黒江屋って漆の老舗もあった。

 

 

 

 

 

初めて会うので、気を使って大きなマスクをしている。

 

 

 

覗いてみたかったが、早くに着いたので時間を早めてもらえないかとメールしたばかりなのでこれも諦めた。

 

 

 

やっぱり、江戸はいいなあと思う。

 

 

 

 

意外と商談は早くに終わったので、これならターミナル会議に間に合うと思うと、買い物どころではなく、

 

 

すぐにタクシーを探した。

 

 

1台は断られた。

 

 

田舎者め という目である。

 

 

 

もう一台通りかかった逆方向のタクシーを、車道を横断して停めた。

 

 

急ブレーキで止まってくれた。

 

 

 

こちらは、逆方向だと断られた先のドライバーと違い、ありがたい人だった。

 

 

自分なら、Uターンするがと思っていた通り、ターンしてくれて新幹線側に付けてくれた。

 

 

 

これで、ヨシッと思い、チケットを買い替えて、飛び乗った。

 

 

 

 

どら焼きも、羊羹も、漆のお箸も買えなかったが、会議には間に合った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.07.09 Thursday

Hotel Artemis

 

 

 

 

 

 

 

2028年の Los Angels の様子を映してる。

 

 

いわば近未来。

 

 

 

今、降りかかって来ている王様が領民に仕掛けている戦争は、5年掛ると思っている。

 

 

 

これは、予告されていた戦争なので、終わりも予告されている。

 

 

 

New Normal という状態があるなら、それは戦時中という意味で、

 

 

戦時中があれば、戦後がある。

 

 

 

 

 

その戦後の米国の姿が映し出されていて、

 

 

よく覚えていないが、暴動の原因は上水道が民営化されていて、

 

その水道代が理不尽な高さで、所得によっては支払いが出来ず水を止められてしまっている状態なのかな。

 

 

 

 

 

この戦争後の米国は、地獄の様相だが、日本は相変わらず天国になるという。

 

 

 

 

今読んでいる本は、経済学者が書いているのか、こうなる前の前のレーガン大統領の時代の話しから始まっている。

 

 

お客様は神様どころか、私の仕事でもそういう人もいるが、王様の如き振る舞いの国になろうとした。

 

 

 

この時から、この国はこの映画の如き時代を迎えるシナリオになっていたのかも知れません。

 

 

 

 

そしたら、日本はまたしても何もしなくて天国の時代を迎える事になっている、その素はどこにあるのだろう。

 

 

まさか、神の国と言うんじゃないだろうな。

 

 

 

 

そうは思うが、そう言われれば元も子もないような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.07.08 Wednesday

Don't ask me why

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.07.07 Tuesday

明けると思ってた

 

 

 

 

 

 

希望的観測っていうやつ。

 

 

 

 

毎年、梅雨が明ける前に、梅雨がこのまま明けると思う。

 

 

 

 

こんな思いを何年繰り返しているのだろう。

 

 

 

 

最近は、梅雨が明ける前には、必ず雨雲が大暴れするということは分かっている。

 

 

 

 

それでも、このまま梅雨が明けると思ってしまう。

 

 

 

 

そのくせ、天の神様と地の神様の会話を聞いていると思っている。

 

 

 

 

聞こえることも多いが、聞こえていても、自分でその話しを捻じ曲げて聞いてしまう。

 

 

 

哀しい性と言えばそれまでだが、これも無くては生きていけぬかもしれない。

 

 

 

春と夏とが、喧嘩をする、結局はいつも夏が勝つのだが、そのとばっちりを人間が受けている。

 

 

 

だとすると、もう少しそのとばっちりを上手く受け止められないものかと思うが、

 

 

 

ひとを支配するのに不安を使おうとする輩が存在する限り、

 

 

逆に不安を好む人がいる限り、同じことを繰り返し、命を奪い去られていく。

 

 

 

政治なんぞ、誰がやってもひとが幸せになる道があるのに、人はそれを選ばない。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.07.01 Wednesday

Murder Most Foul

 

 

 

 

 

 

この 新しいアルバムタイトル Rough And Rowdy の文字を読んだ瞬間、

 

 

Bob Dylan に対する理解が一気に進んだ。

 

 

 

 

まだ、手元に届いたばかりで詳しく調べていないが、

 

 

曲名を読んだだけで、あるバルタイトルから推察したことが、少なくとも当たらずしも遠からずであると確信した。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.06.23 Tuesday

毎月曜日の夜

 

 

 

 

 

 

 

この、上手く写真に映る男、Mr. Robert と、月曜日の夜は毎週一緒に一時間過ごす。

 

 

 

お客さんでも、社長がお友達でもある、HELP という自然食品のお店の2階に教室がある。

 

 

 

 

彼は、カナダ育ちの 私より8歳下の Jewish で、とても興味深い男。

 

 

 

 

瀬戸内海に浮かぶ、大三島という島出身の彼女について十数年前に日本にやって来たそうだ。

 

 

 

 

何故かは知らないが、初回から私たちと話しが合い、楽しい1時間を過ごしている。

 

 

 

 

昨日は、気が乗らずにどうでも良い会話を、会話というより彼が場を繋ぐために、ペラペラと一人話していた。

 

 

 

 

週末に、若狭湾の西の方に、ドライブがてら釣りに行ったと地図を見せるので、

 

 

私たちは、小豆島の家を Google earth で探して見せたりして遊んでいるだけだったが、

 

 

そのエリアには、今は、爺さんと婆さんだけしか住んでいないが、第二次世界大戦後まもなくは・・・・

 

 

 

と話ししていて、それでスイッチが入って、第三次世界大戦の話しに急にすり替わった。

 

 

というのも、発売と同時に聞くことが出来た Bob Dylan の新しいアルバムにとても興味を持っていたからで、

 

 

それは、先週末にアップしたが、そのタイトルが Rough And Rowdy Ways だったから。

 

 

この歌手も 米国育ちの Jewish だから Robert も興味を持つはずだと思ったから。

 

 

 

同じ出自の者同士、今の Covid-19 に感想を寄せていると想像したから、どのように言っているのか知りたかった。

 

 

 

 

そういう話しを英語でするのだけど、まったく説明すべき英語が出てこなかった。

 

 

英語が出てこないのではなくて、内容が重すぎるので日本語が出て来なかった。

 

 

 

先ず、話しが小豆島から、第三次世界大戦に変わったことに着いて来れなかったから、余計に大変だ。

 

 

 

でも、なんとかかんとか、私の口の重さの理由を理解した Robert は、今度は彼の口が重くなってしまった。

 

 

 

月曜日は、毎週週の初めなのに、私には週末のように火曜日の朝は身体が重い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.06.20 Saturday

何をうたってんだろう

 

 

 

 

 

Rough And  Rowdy Way

 

 

 

 

 

 

粗っぽく、乱暴な、方法って、ピッタリじゃないか。

 

 

 

このアルバム、すべてが聴けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.16 Saturday

台風1号

 

 

 

 

 

 

もっと大きな台風が来るのかと思っていたが、台湾辺りで小さくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

小豆島に通うようになって、また天気を気にしだし今週末は雨だって分かっていたので、

 

 

高槻の仕事をすることにしていた。

 

 

 

 

こんな雨の中を消防車が3台も走って行った。

 

 

どうも近いような雰囲気で、5分後に更に違うところから走ってきた。

 

 

 

消防車が走ると、家族の住むところじゃないかと心配したり、

 

会社じゃないかと心配したりして、いつもベランダに出て消防車の行き先を見守る。

 

 

 

 

とうとう始まった激動を、無事乗り越えられるかどうか、此処が思案のしどころで、

 

その思案通り動けるかどうかの正念場を迎えている。

 

 

赤子が泣いても蓋を開けてはならない。

 

 

 

 

どうやら、本番は来年になる雰囲気が出てきた。

 

 

 

一世一代の大勝負が始まる。

 

 

準備は始めているが、勝負どころの見極めが肝心だから緊張している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.12 Tuesday

久しぶりの高速道路

 

 

 

 

 

 

ひょっとすると、奥に現れるみどりの光の輪は、トンネルにあるのじゃなくて、

 

 

上り坂のトンネルのみに出てくるのではないか。

 

 

 

お隣を走る中国自動車道は、上り坂のトンネルが必ず混んで渋滞になる。

 

 

いつだったか民主党が政権をとった時、あろうことか休日の高速道路はどこまで走っても千円とか、

 

 

訳の分からない政策を打ち出して、宝塚トンネル付近は大渋滞になると思った。

 

 

ところが、ところが、トンネルの中の電気を全て点けて、明るいトンネルになって、

 

 

そうすると、渋滞が普段より緩和されていた。

 

 

 

 

わずかな電気代を節約して暗いトンネルにして、いったいどれだけのみんなの時間というコストを無駄にしているのか。

 

 

これでは経済を発展させるために、高速道路は作ったのではないかと思っていた。

 

 

 

 

この緑の輪っかが動き、走るごとに近づいてくる。

 

 

自分が走っているスピード感の目安になり、トンネルに入って上り坂だと、

 

 

アクセルはそのままではスピードが当然落ちてしまうのに、気づかずに結果渋滞になる。

 

 

 

 

 

高速道路は、いつ走っても今はスイスイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.10 Sunday

追悼

 

 

 

 

 

丁度40年前に出会った 山口徹平 さんの訃報をムソーの八坂さんが届けてくれた。

 

 

 

今年の2月にプレマの岸江さんから、あまり具合が良くないんだと聞いていた。

 

 

 

私たちの年代で、その兆候が現れるとあまり先行きが長くはないことは冷静に受け止めれば分かることなので、

 

 

覚悟はしていた。

 

 

 

1週間ほど前に、万博公園の話しが出たときに、手塚治虫のことを思い出していた。

 

 

思い出していたら、突然 You Tube に手塚治虫の NHK 番組が出てきた。

 

 

 

 

僕は 『 ワンダー スリー 』 が好きだ。

 

 

 

 

どういう訳か、万博公園と聞くと、芸術は爆発だあ〜 以上に、手塚治虫が出てくる。

 

 

 

 

山口徹平ちゃんと、手塚治虫のどこに関係があるのかそれは僕にもわからない。

 

 

 

 

ただ、今まで一度も出てこなかったところに、訃報と同時に手塚治虫が出て来ただけのこと。

 

 

 

 

 

 

でも、考えても分からない関係こそ、本当の関係のような気がする。

 

 

 

 

私の中では、岡田烈幸さんと山口徹平さん以外に、知り合いという知り合いはいなくて、同じような痛手だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ