CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.10.16 Tuesday

面白かった

 

 

 

 

 

私はこのセミナー以外のアメリカ視察セミナーに参加したことが無いが、

 

それでも、こんなセミナーがふたつと無い事は分かる。

 

 

 

結局、この報告の初回に書いた、2 が 4 になり、4 が 16 になったという以外は、大した事ではなかった。

 

 

そのことを分かったのが、このふたつの店長インタビューだった。

 

 

お二人とも、店長という立場だが、インターヒューを聞いていると、

 

まったく立場が違うことが分かり、そこにこのウェグマンズという企業の組織的厚みを感じたからだが、

 

その厚みの途中のふたつの立場に、同じ発言が一句の狂いもなく出てくるという事は、

 

この会社の方針のスタッフへの徹底振りが、恐ろしく、

 

世界に名だたる企業の本質を見たような気がした。

 

 

 

 

おかしな事は、行かずとも、今後はどのように人は動き、

 

だから、スーパーのトレンドはどのようにしていくことが正解かの様な事は分かったいた。

 

でも、行っても分からない人が結構いることだ。

 

 

 

毎回行くと目が覚めるようなことに出会うが、

 

今回は、尊敬している北海道の社長さんがホテルの玄関から出てこられた。

 

既に、出て一服し終わっていた私は、普段ならあまり自分から近づいていくような事はしないが、

 

何故か、吸い寄せられるようにお傍に行き、軽い話しの遣り取りの後、いきなり本題に入った。

 

最近の自然災害の多さに、スーパーマーケットとして何をなすべきかと考えた結論を話させていただいたら、

 

この社長は既に、そのことを始めておられていて、そのための人事まで済まされているということだった。

 

私はいつも頭の中だけで、そのことを実行する力がまるでないダメ人間なのだが、

 

さすがにこの社長さんは、それを実際に実現されていることに感動して、時差ぼけも、飛行機疲れも吹き飛んだ。

 

 

これは、スーパーマーケットが主体の地域自主防災システムの構築で、

 

このことが今、社会的な急務であり、しかもそのことが企業が存続できる最も重要な鍵になるということ。

 

これだけ、物が溢れ、従ってお金も溢れ、今までの資本主義・自由経済が成長しなくなる社会では、

 

地域での営利活動は、社会活動の元にしか存在できなくなり、営利活動を許される必須の条件となる。

 

 

このことをシアトルの空港で、これであとは帰国するばかりとなったとき、

 

鹿児島の、実は私より少しお若いと感じていた社長がひとりでおられたので、話しをしてみた。

 

そしたら、その社長は直ぐにメモをされる姿勢を示され、そのメモが無いのであろうことか、

 

首からぶら下げている、今回のツアーのネームプレートの裏に書き始められた。

 

私の言うことなど、はなから馬鹿にして聞き流してしまわれる社長が多いが、

 

この理屈ばかりこねている者の言うことでも、一考の余地があると感じられたらメモをする、

 

こんな姿勢だから、会社が大きくなるし、ひとの役に立てるようになるのかもしれない。

 

 

 

 

まあ、ひとの事ばかりいでいても仕方が無いので、また今日から地道に積み重ねることにする。

 

 

 

 

 

 

 

2018.10.13 Saturday

まだアメリカ

 

 

 

 

この画像で大きさが伝わるかどうか。

 

 

今回一番の野菜がこの玉ねぎで、その大きさはひと口サイズ。

 

 

どんな味がするのか、買って帰ることにして、適当に袋に詰めて、インストアーの惣菜で食事をするスペースで撮った。

 

 

なんという名の野菜かも分からなかった。

 

 

 

 

 

 

 

お店は、PLUM とかいうところで、シカゴの落ち着いた住宅地の一角にある。

 

 

前回も同じような思いを持ったが、自分がシカゴに居住していて、食糧品を買いに来るならこのお店かな。

 

 

なんたって、経営者の頭の鋭さが店に滲み出しているところがよく、店の何もかもが緻密で隙が無いように見えて、

 

 

インテリジェンスというより、アカデミックな気がして好きだ。

 

 

この会社の上層部は、ホールフーズマーケットに従事していて、そのホールフーズマーケットに満足できず、

 

 

起業した人たちでリードされているらしい事は分かる。

 

 

顕著なのは、言葉が氾濫していて半ば形骸化してきていることを知って、

 

 

大きくならなくていいから、もっと知的レベルを上げようとしていることが見て取れる。

 

 

それが、店の随所に表現されていて、コトPOP とは隔世の感がある、つまり時代が一歩進んでいる。

 

 

時の問題ではなく、どちらかというと、『 界 』 という理解の難しいことばだが、

 

 

時代的には同時に存在するけど実は空間が違うという感じで、この違う空間の関係性のひとつに『 時 』があるのかもしれない。

 

 

この画像の方は、インタビュアーの気づきにによると、ドイツ系だというから、なるほどベンツかと納得してしまう。

 

 

もっとも、ベンツを乗り回した事は無いから、これまた腑抜けた話しだが。

 

 

 

 

 

 

少しは、青果も載せておこう。

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、こういう商品は『 時流 』 にあっているのかな。

 

 

この『 時流 』 というのをとても大切に思った時期があった。

 

 

 

で、その時流というのを誰かが聞いてくれた、今どのカテゴリーが一番伸びていますか、と。

 

 

 

 

 

 

 

皮肉なことに、この売り場の画像はその直後に行ったホールフーズマーケットのもの。

 

 

つまり、この飲料が急激に伸びて来ているということだった。

 

 

私の捉え方は、飲むサプリメントだ思う。

 

 

言ってみれば、○○青汁みたいなもんだ。

 

 

それがペットボトル化しているだけのことで、この『 だけのこと 』が重要な鍵になっている。

 

 

人間は横着者で、何でもお手軽に手に入れたい傾向がある。

 

 

所詮この闇を突くのがビジネスなのかもしれなくて、『 何 』 をだけでは不充分な点だということになる。

 

 

ところで、さきの分からなかったたまねぎがホールフーズマーケットでパッケージで売られていた。

 

 

 

 

 

 

 

今日一日視察すれば、もう明日は帰国になるので、今日は今回のまとめのつもりで一日過ごそう。

 

 

 

 

 

 

2018.10.11 Thursday

へぇ〜

 

 

 

 

 

アメリカ視察セミナーに月曜日から参加している。

 

 

普段はこれくらいの過密日程は、疲れる事はあっても体調を崩すほどには至らないが、

 

今回は、最初に 12〜13 時間くらい移動しているので、その疲れを取りながら日程をこなしていかなきゃならないから、

 

なかなか、つらさを感じる。

 

 

 

 

このセミナーには、毎年秋にあって今年で 3 回目の参加。

 

何故 3 回参加したかというと、その変化のスピードを感じるために、

 

最初の 1 年間と、 次の 1 年間で、変化したことではなく、その度合いで今後のスケジュールを決めようと考えていた。

 

 

 

 

感覚的には、2 が 4 になり、4 が 16 になるようなスピードの変化を感じる。

 

随分前に、司馬遼太郎の『 竜馬が行く 』 という小説が、漫画のように面白く、4 〜 5 回読んだ時期に、

 

この小説に出てこない地域の人たちは、その変化を参加していないので、16 が 32 に、64 に、128 に、進んでいくと、

 

ある日突然別世界に放り出されたような気がして、面食らっただろうなと思う。

 

 

 

そう考えると、西南戦争が起きたり、函館戦争のように勝ち目の無い抵抗が起こっても何ら不思議はないと思ったことがある。

 

 

 

 

しんどいスケジュールなので、今年でいいかと思っていたが、そんな訳には行かないような気がしてきた。

 

 

結果は未だ、三分の一をこなしただけなのだが、思ったより急がなきゃいけないような気がしてきた。

 

 

 

 

 

 

2018.09.05 Wednesday

台風21号

 

 

 

 

 

遠くにクレーンが立ち残っている。

 

 

 

新大阪で午前中商談があり、その後摂津のターミナルに寄った。

 

 

雨風は強いものの、そう大した事はこの時点ではなかった。

 

 

ただ、本社に戻ろうとしたとき、ターミナルの門扉が走った。

 

 

 

昨年の台風で、この門扉が倒れたと聞いていたので、申し訳ないけど私はスーツ姿なので、

 

作業をしてくれている男性従業員ふたりに、ロープで縛るよう頼んだ。

 

もちろん二人はびしょ濡れで、なんとか縛り付けてくれた。

 

 

 

 

それで駅で立ち往生している従業員を思い出し、ピックアップに向かうことにした。

 

 

ターミナルを出て5分ほどで、気の升目にトタンを打ち付けた大きな壁が飛んできた。

 

車の屋根に落ちた。

 

 

屋根に穴が開いたかと思ったが、中から見る限りは無事だったので、

 

突起している三角のアンテナが飛んだかと思ったが、テレビが映っているので、まあ無事かと。

 

 

 

しばらく行くと、資材を納品してくれているシャッターが外れて、扇状に揺れていた。

 

まもなく、一斗缶のようなものが飛んできて、車に当たった。

 

 

 

色々、道路に降り注いでくる道をピックアップの駅まで急いだ。

 

 

 

駅に着いて、彼を電話で呼び出し、分かりにくい阪急とモノレールがくっついている駅で、

 

私の車を見つけるのに手間取り、10分も掛かってしまった。

 

この彼は、食い物には鼻が利くのに、

 

こういうことには、パッとしたとこが少ない。

 

 

 

待っている間に、この台風はただ事では済まない雰囲気がしてきたら、

 

同行の猪ちゃんに電話が入り、

 

なにやら屋根が飛んだと言っている。

 

 

猪ちゃんの自宅の屋根が飛んだのかと思っていたら、

 

ターミナルの屋根が飛んだという。

 

 

 

ターミナルに応援に行っていた海からの電話で、今からそっちに戻ると連絡し、

 

また、ターミナルに向かった。

 

途中、橋を渡らなければならず、この橋の手前で車が立ち往生して並んでいた。

 

 

橋の側道に、立ち木が折れて、飛んで、道をふさいでいたが、

 

同じ考えのタクシーが前を抜けて行こうとしているので、

 

道路からの車高が違うが、こっちは四輪駆動なので、乗り越えられるかと思い、つっこんだ。

 

 

駐車場のストッパーにも腹がするくらいの低さだが、なんとか何個もの障害を乗り越えたが、

 

行く手を大きな枝が塞いでいる。

 

運転席側をこすれば行けそうだが、どうしようかと一瞬考えたが、

 

行くしか選択肢はないことは明らかなので、え〜い と思い突き進んだ。

 

 

なんと、十戒の海のように、車がその枝に差し掛かった瞬間後方から強風が吹き、

 

枝という枝が、前方にたなぴき、私の通る幅ができ、おかげで傷がつかずに通り過ぎることができた。

 

 

 

あちこち、物が散乱し、しかもそのものが風で動く中、通れない道も、

 

地元の利で、迂回に迂回を重ねていると、前方にいよいよどうしても渡らなければいけない橋が出てきた。

 

普段は何も感じていなかった橋への道が、とんでも無い高さに見えて、気色の悪いことこの上なかった。

 

数台が、この橋を渡っているが、意を決して登っていくと、案の定、一台前の車で赤信号になった。

 

 

川上から、川に沿って強い風が吹いて車が持って行かれそうになる。

 

見ると川沿いの青の信号で走る車はいないので、仕方が無いので、

 

一旦バックをし、対向車線に出て前の車を追い越し、赤信号を無視して橋を通り越した。

 

 

前方で手を振って、通れないと合図をしている道を迂回して、東海道線沿いの道に出ると、

 

ここも風が強く吹いているのか、街路樹が同じ方向にみんななぎ倒されていた。

 

 

 

ようやくの思いで会社に戻ると、原田さんが冬のひざ掛けに使っている毛布を、

 

あたまから被って仕事をしていた。

 

コピーをとるのにこちらを見ると、強い風の音に顔を引きつらせていた。

 

 

冗談に過ぎないが、儂がついているから大丈夫だというしかなかった。

 

 

 

一夜明けた昨日の朝、青空にすっくと立っているクレーンが、当たり前なのに何か不思議な気がした。

 

 

 

まあ、何はともあれ、前回の地震に引き続き多少のことはあっても、みな無事でホッとする。

 

本来なら、会社を休業日にできる職種なら、無論そうするが、そうもいかず、

 

ターミナルも本社も、誰もこんな日に出社などしたくなかっただろうに、申し訳ないことだ。

 

 

 

 

 

 

 

2018.09.04 Tuesday

目からうろこ

 

 

 

 

 

 

自分の生活の様式を選ぶというのは、何も職業とは無縁らしい。

 

どんな職業にも、その様式を反映した仕事ぶりというのは実現可能だということを教えてくれた。

 

 

彼は、所謂世間の職業名で言うと、美容師ということになる。

 

だけど、自分は本質的な美しさ大切にすることを旨としているので、それは容姿だけとは限らず、

 

もっと内側から本質的な美を追求したいと思い、ただその素材を髪にしているだけで、

 

だからこそ、髪の美しくある道を探っていくと、食に辿り着くという事になったそうで、

 

ここからが彼のユニークな表現で、髪の毛は野菜と同じだと言っていておどろいた。

 

 

野菜はもちろん畑の土を健全に保つことから始まる。

 

だから、野菜である髪は、身体が土にあたると言う訳だ。

 

美しい髪を育て、維持する事は、身体を育てることで、身体を育てる事は食べ物を選ぶということだと説明していた。

 

 

野菜作りで言えば、これは理化学的なことで、

 

物理性はもう少し違った観点から捉えて、つまり風通しの話しをする。

 

ロングヘアーにするとどうしても纏まりにくくなるので、今のカットの主流はだから毛先を削るように剃刀をあてる。

 

 

これが、そもそも過ちの始まりだそうで、それでは毛先が傷むのは当然だといい、

 

自分は、髪の毛の根元から量が多ければ、ばっさりと空くことによって風通しを良くするんだとか。

 

畑でも、風通しの如何によって、野菜の健康状態も従って収量も大きく変わるほど、風通しは大切の要因。

 

まったく以って個性的な考え方だ。

 

髪の毛は、カットするのではなく、剪定するイメージだそうだ。

 

そういえば、私のあたまも、そのように剪定という言葉がピッタリ当て嵌まる。

 

 

更に、髪の毛は毛細血管によって運ばれる栄養素によって、生まれ育つらしい。

 

思わず、土の表面に浮かぶように網状に根を張るセロリが頭に浮かんで可笑しかった。

 

そして、髪の毛は頭皮の比較的表面を流れる血管によって生まれ育つので、この血管を活性化するために、

 

マッサージが有効で、そもそもシャンプーとはヒンズー後のチャンプーから来ていて、

 

意味は『 押す 』 から発展して、『 マッサージ 』 まで表現するようになったので、

 

頭皮をマッサージすることが重要だという訳だ。

 

 

そうすると、泡等脂で洗い流ししずぎると、髪や頭皮を本来保護するための皮脂や髪の油分まで洗い落としてしまい、

 

行く末は、チカラの無い髪の毛になってしまうと理路整然として、美しい論理を展開していた。

 

 

http://taku-masumoto.jp/message.html

 

まあ、興味があれば、一度コピペしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.28 Tuesday

ごくろうさん

 

 

 

 

 

 

で、次男坊の結婚式の続き。

 

 

 

式を終えて、披露宴までのひととき、知らぬ間にこんな写真を撮っていたようだ。

 

 

昨日は、一日中忙しく無駄話をしているゆとりなんて無かったが、夜も更けて明日の段取りを話し終えて、

 

新しい取締役の猪ちゃんに、末っ子が「 結婚式だったんですよ 」 と話し始めて、それでこんな写真を見せた。

 

 

長男の左肩に移ってくれているのが、次男の嫁さんのなるこちゃん。

 

上手に顔を覗かせていて、シャッターを押したのが、長男の嫁のまゆみちゃんだと言う。

 

 

 

あまり、こどもと縁のない時期を過ごしてきたので、なんだか不思議な気がするが、

 

 

まあ、こうして並んで肩を組んでいると、四人で育ってきたんだと思える。

 

 

こういう機会を作ってくれた次男に感謝をする。

 

 

 

私も、写真に写っている母親も、どちらも O 型なので、四人とも当然 O 型。

 

 

私も、両親 O 型で、四人兄弟も O 型。

 

 

そんな家庭で育っているから、みんな底で繋がっていても、

 

そのつながりが強すぎるので、あえてそんなことを表面に出そうとはしない。

 

 

 

それをまた意識させたのも、母親かもしれないと思う。

 

 

そんな母親に、感謝しても仕切れないかな。

 

 

 

 

 

2018.08.27 Monday

こどもの結婚式

 

 

 

 

 

次男坊の結婚式に、埼玉県の大宮まで出掛けた。

 

 

暑いさなかの式で、着飾ってお祝いに来てくれた皆さんに、申し訳ないほどの暑さだった。

 

 

 

皆さんにお礼を述べるのに、この子が生まれた夜の話しをさせてもらった。

 

 

 

 

もう三人目だから、別に慌てることも無く、待っていた訳でもなく、

 

「 生まれるみたい 」 

 

「 ほな、送って行くわ 」 と、

 

 

送って行った帰りに、長女と長男と三人で帰る車で、

 

長男が寂しかったのか、泣きはじめた。

 

 

慰めようも無かったので、泣かせておこうと思いそのままにしていたら、

 

隣の長女が、「 泣きなさんな、姉ちゃんやって泣きたいの我慢してるのに 」 と一括した。

 

 

そしたら、ピタッと泣き止んだ。

 

まだひとつ半の長男が、こんな複雑な日本語を理解できる訳がないのに、

 

姉ちゃんの気迫に圧倒されたのか、それからの一週間、寂しい思いを奥にしまいこんで我慢している様子だった。

 

 

今思えば、この一括されたときに、弟ができるという本質を、

 

弟のために姉ちゃんのように、自分が我慢をすることだと理解と覚悟をしたのかもしれない。

 

 

 

 

 

その夜は、リビングに布団を運んで三人で寝た。

 

 

二人が眠った頃、ふと子供が生まれる不思議に思いが巡ってきた。

 

父親と母親のそれぞれの両親がいて、その両親にもまたそれぞれ両親がいて、そのように、

 

10 代遡ると、2 の10 乗で、1024 人にもなる。

 

10 代遡った時代は、江戸時代の中期の頃で、その 1024 人の子供のうち 512 人が生んだ子供の、

 

その中の 256 人が、またまた生んだ子供のうちの 128 人が子供を生み、その子供たちの中の 64 人から生まれた、

 

 

32 人。

 

 

そうして、16    8     4  と、ずうと繋がっていて、

 

それらをすべて足すと、2000 人以上のすべてひとのうち、誰が欠けても、

 

この子は、生まれなかったと思い始め、如何に貴重な命の流れかと思い始めた。

 

 

 

こんな話しをみなさんが聞きたかったかどうかは分からないが、まあ、そんなことはことはいいか。

 

 

 

生まれてしまえば、親の如何を問わず、子供は育つものだということも、この話しをしながら思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.07 Tuesday

One Love

 

 

 

 

 

昨日は、頭が興奮していて、身体は寝ようとしているのに、寝られなかった。

 

 

おかげで、眠い。

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.06 Monday

今年の夏は長い

 

 

 

 

長い梅雨と長い夏、どっちがいい?と聞かれれば、

 

どっちも嫌じゃ、と応える人が多いだろうな。

 

 

 

あれはいくつくらいだったか、ちょうど長女がお腹に出来た年だったので、

 

24歳の夏で、もう41年も前の夏だったと思うが、毎日毎日がとても暑く、毎日スイカを食べて過ごした記憶がある。

 

 

 

ボォーっとした頭が、暑さゆえシャキッとした記憶がある。

 

自分と自分以外とのつなぎ目が、暑さゆえ、明確になってそれが心地よかった。

 

 

 

The Band の Last waltz を毎晩聴いていたように思う。

 

 

 

太陽に52年周期があるなら、もうひと巡りしている頃だし、太陽にはいっぱい周期があるので、

 

そういう意味でも、歴史は繰り返すように出来ていても何ら不思議はない。

 

 

 

 

 

 

 

2018.07.08 Sunday

そうですか

 

 

 

 

今朝は気になることがあり、3:30 に目が覚めた。

 

高速道路はどうなったかと調べてみると、状況は変わらず中四国は閉鎖のまま。

 

 

それゃそうか、こんな夜中に熱心に仕事をしている人間がいるとは知っていても、関係ないと思っている連中の仕業だろう。

 

 

そんな連中は、マスコミに取り沙汰されることを厭う言ってみれば同じ狢の判断で、

 

だから、誰かを追い落としたくなれば、マスコミを使う輩がやっていること。

 

こんな事をうらみつらみを言っても仕方がないので、やめる。

 

 

 

毎年、この住んでいる前を流れる比較的大きな川は、この時期に増水する。

 

土手は堅牢に出来ていそうで、さして心配をすることはないが、一度はその水量にならないと梅雨が明けることはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、羽田近くのホテルで種屋さんの展示会があり、あまり仕入れたいと思う商材は無かったが、

 

旧知のひとと出会い、その方が今私が一番欲しがっていた情報をくれた。

 

その帰りの空港の伊勢丹で、財布を買って、ついでに見ていると、

 

白いスニーカーがおいてあり、それを履いてみたがサイズが合わなかった。

 

 

なので、あらためて京都の JR 伊勢丹に行ってみると、同じスニーカーでピッタリのサイズがあり買って帰った。

 

 

すっかり気に入ってしまい、そりばかり履いているので、同じように白いスニーカーを履き替えようにネットで探した。

 

販売店を調べて買いに行くと、馬鹿みたいに高く売っていたので、サイズだけみて帰ってきた。

 

 

 

探していると横から、こういう買い物が得意な神さんが、なんだか他所の国で安く売っているのを見つけて、

 

○万円で売ってるでぇ〜 と教えてくれたので、ついでに買ってよとせがむと、

 

しょうがないなあという顔で、買ってくれた。

 

 

 

彼女は何かをしてやると THANK YOU MY DARLING と言う。

 

これが私の耳には、THANK YOU MY DO ARIE としか聞こえない。

 

 

 

しょうもないこと書いていないで、明日の仕事をすることにした・・・・

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ