CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.21 Saturday

SALES

 

 

 

 

 

 

朝 7 時前に家を出て、ひたすら東へ。

 

navi に2 軒目を登録して、余裕だと思っていたら、1 軒目に行くのは更にその先 1 時間なので、

 

ゆっくり自動運転で走っている場合じゃないと、アクセルを自分の足で踏み込んでいた。

 

 

 

 

おかげさまで、15 分ほど前に着き、お店を見せてもらう時間ができた。

 

 

何度来ても、いいお店だ。

 

商品がお客様によく見えるように設計されていて、

 

しかも、その商品がどれも見ごたえのある品質で、お陽さんをたっぷり浴びて育ったように輝いていた。

 

 

 

 

それから、順番に西へ戻っていく。

 

最後のお店を出たら、既にお陽さんは西に傾き始めていた。

 

 

 

行きは自分で運転したので、帰りはずうと海の運転。

 

さすがに若く、ポルシェを追いかけて遊んでいる。

 

 

向こうは余裕で道路状況を見ながら走っているのに、彼はポルシェのお尻のみを見据えて走っている。

 

 

やっぱ、ゆとりが違う。

 

その間、10 分ほどで、ポルシェが左によって高速を下りようとすると、

 

「 なんだ 」 ってがっかりして、まだまだこれからだって雰囲気だった。

 

 

その勢いで、普通の車を煽っている。

 

「 やめとけ 」 と言ったが、自分も同じ歳の頃に同じ事をしていて、

 

とうとう、勢いのある奴にパチンコの玉を放られて、フロントガラスに傷がついた。

 

今の車は買って間なしの頃、前のトラックの小さな石がはねて、既に傷がいっている。

 

もうひとつ傷がいったら、交換する羽目になるので、それなら右へ左へとハンドルを切って前に出た方がいい。

 

言わなかったけど。

 

 

 

「 ずうと、西へ走っているのでいつまでも陽が沈まない 」 と言っていた。

 

『 こいつは、地球の自転スピードと競争するつもりか 』 と思いながら、「 そやな 」と返事しておいた。 

 

無駄なことに夢中になれるのは、若い人の特権で、それに意味を求めてしまえば歳を老いることになる。

 

 

セールスも、結果を性急に求めなければ老いていく。

 

しばらくは、結果を気にしながら走ることにしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.03.31 Saturday

春爛漫

 

 

 

 

 

 

このお店の青果チーフさんは、吉田さん。

 

 

もう何年前のことか思い出せないが、青果チーフ全員参加で沖縄研修に行った。

 

 

その時に、いちばんおとなしい吉田さんで、すこし心配になっていた。

 

それからしばらくして、確か北野店から辻井店に移動になって、辻井店さんにはよく訪問するので、

 

その時々で顔を合わせられるようになって、私の顔を見ても笑ってくれるようになり、喜んでいた。

 

 

 

 

その店が、移転してリニューアルされて、超人気店になった。

 

 

前にも増して頻繁に顔を合わせるようになったが、なんとなく、自信が顔に出てくるようになって、

 

私もおおよろこび。

 

 

 

バイヤーに話しをすると、それゃこれだけ数字が伸びれば・・・・と、笑ってた。

 

 

やっぱり、結果って大事なんだ。

 

 

 

ひとが成長するのに、成長するから結果がついてくるのか、結果が出れば成長するのか、

 

そのふたつが上手くかみ合えば、結果的に成長したということなんだろうけど、

 

それなら、まわりの人間のサポートがないと、ひとはなかなか成長できないって事になる。

 

 

 

我が社でも、上を退けて成長しやすい状態を作ろうとしているが、

 

いまから、3ヶ月間が勝負かな。

 

 

ちょっと気を張って、注視しておかなければ。

 

 

 

よく、昔は会社も若ければ自分も若いと自分に言い訳をしてきた。

 

 

いまは、会社も 30 になり、自分ももうすぐ 64 、違った 65 になる。

 

もう、言い訳は出来なくなった。

 

 

 

 

 

 

 

2018.03.15 Thursday

デジタルサイネージ

 

 

 

 

山梨の『 いちやまマート 』 さんに行って来た。

 

 

間違っているかもしれないが600坪を少し超えたくらいの、広いお店だった。

 

価格は、open 間際なのか、安い印象を受けた。

 

 

アーリーレッドと空豆が目を引いた。

 

でも、本当の訪問した目的は、ALPHR'S MOVIE を店内で放映していただいているということで、行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーマーケットトレードショーに来ていただいて、ブースで料理動画を流していたので、

 

このときに、御担当の天野さんがこれを流していいかと話ししていただき、勿論ですとお答えして実現した。

 

やっぱり、こうして利用していただけると嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら、アルファーの野菜はこの玉ねぎ一点だけしか見つけられなかった。

 

198円ではなく199円、これでいいと思う。

 

一日に2500人来店されて、平均点数が 8 点 だとすると、

 

2500×8=20000で、2万円の売り上げ増になるから、一日の電気代くらいにはなるのかも知れない。

 

 

 

えっ、考えたこと無かったが、一日 2 万円ならひと月 600 万円になり、

 

まったくの勘で書いたけど、合ってるとしたら、電気代って高い気がする。

 

 

有機のたまねぎ、199円。

 

高いのか、安いのか、

 

6000000÷200=30000パック

 

30000×3個=90000個

 

10kgで大体50個入りとすると、

 

90000÷50=1800箱

 

18トンの玉ねぎ代に匹敵する。

 

 

18トンの玉ねぎは、画像の森谷さんの栽培台帳には反当り 4t と報告されているので、

 

4.5 反分ということで、100m×45mの 畑で採れるたまねぎが、スーパーマーケットひと月分の電気代か。

 

 

やっぱり電力会社って儲かるような気がしてきた。

 

 

 

経済ってのは、力のあるものが先に取り分を取って行って、

 

弱いものは、最後のお皿についた残りを舐め取るようなものなのかもしれないな。

 

 

 

朝から、詰まんないことを考えてしまったなあ。

 

 

 

 

 

2018.03.14 Wednesday

温泉

 

 

 

 

 

昨日、笛吹市という情緒のある名前の街に来た。

 

 

ひさしぶり露天風呂に浸かった。

 

 

 

そんなに湯量のあるところではなかったが、温泉はやっぱりおんせんだ。

 

 

 

にわかに春になったような、いまではあの最高気温が4度、5といった寒さが懐かしい。

 

 

 

寒くて、雨の多い冬だった。

 

 

寒い分には、暑いより八百屋にとっては都合がいいが、

 

寒すぎて、バナナをはじめ低温障害でへこたれたひとふゆだった。

 

 

 

今年は、冷蔵庫の前部屋を作り、野菜の温度管理もより丁寧にすることになる。

 

 

口だけで商売するつもりだったが、なかなか実際に物まで管理すると、あらゆる問題を解決しないといけない。

 

 

いつも、こんなはずじゃなかった と思いながら生きてきたが、

 

60を過ぎれば、そんな思いもどこかに消え去って、ようやく自分の今いるところに根を下ろしてきた。

 

 

 

 

まったく、人生ってのは上手くできている。

 

 

今日は、新店で ALPHAR'A MOVIE をデジタルサイネージで放映してくれているというので、

 

そこを勉強せてもらいに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.25 Thursday

温泉

 

 

 

 

 

 

宇都宮に行こうと、新横浜から東京に移動して東北新幹線のホームのエスカレーターに乗った。

 

 

 

こんなポスターが貼ってあり、いやいや温泉に行きたいという気になったが、

 

此処に貼ってもらっても、もう行き先は決まっていて、今更、すいません温泉に行きますので、

 

今日のご商談はパスさせてください、なんて出来るわけがないので、次の機会にってことなんだろうか、このポスターは。

 

 

 

 

右のポスターのお姉さん、温泉につかってリラックスしているようにも見えるし、

 

ソファーに座ってるようにも見える。

 

 

それなのに、随分長いこと温泉につかってないなあ〜、ああ行きたいなあ〜、って思ってしまう。

 

 

 

でも、最近は温泉に行っても、夜に湯につかることなんて無くなった。

 

いつも、朝につかる。

 

 

 

そうだ、薬膳もいいけど、温泉につかろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.20 Saturday

建物

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨年、米国視察セミナーで一緒になった方が設計というのか、デザインをしたということなのか、

 

建物自体は、また別な人が設計・デザインしたのか、それは分からない。

 

 

いや、思い出せば、記憶が曖昧なのか、元々の把握がええ加減なのか分からない。

 

 

ただ、店舗デザインもさることながら、建物の設計・デザインというのもひょっとすれば面白い仕事なのかもしれない。

 

 

 

なかなか、難しい仕事かな。

 

 

 

 

 

 

 

最近見た、面白い建物をもう一枚。

 

 

 

 

よく働いた一週間だった。

 

何年ぶりだろう。

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.18 Thursday

BRIDGE

 

 

 

 

 

 

 

船で島に渡るのも好きだが、橋を渡るのも好き。

 

 

好き、好き、って、むかし新潟で仕事をしているとき、長谷川好って、同僚の女の子がいた。

 

 

高い橋を車で渡るときの恐怖っていうのもあるし、ましてや四日市の橋を強風のなか、渡る怖さは格別。

 

 

軽く、1m くらいは横に持っていかれる。

 

 

 

 

それでも、橋を渡るときは、どうしてか心躍る。 

 

 

 

この橋は、明石海峡を渡っている。

 

 

 

2017.11.12 Sunday

パリヤさんのリニューアル

 

 

 

 

 

 彦根のパリヤさんのリニューアル OPEN 初日に行って来た。 

  

 

 駐車場は、大混乱。

 

ある程度予想はしいたものの、大きな駐車場だからと思ってもいたが、

 

予想とおりで、警備員さんはいたがまったく機能していなくて、こうなれば時の運でしかない。

 

知りはしなかったが、きっと周辺にもパリヤさんなら駐車場があるはずだと思って、奥まで行くと、

 

やっぱり、あるにはあったがそこも当然満杯、でも、そこはそれ、運良く買い物から帰ってきた方がおられた。

 

 そう思ったら、その隣の軽トラックが出そうにしていた。

 

 

 

中に入ると、大変な賑わいで、既にフル稼動のレジは長蛇の列で、どの列も店の中ほどを超えていた。

 

 

『 いらっしゃいませ 』 と、宙に向かって叫んでいるのではなく、ひとりひとりにちゃんと声を掛けている、

 

聞き覚えのある声が耳に届いて、そちらを見ると社長がそのとおり、ひと方ひと方に腰を折っていた。

 

 

 

『 朝から、お客さんに怒られてばかりや 』 と、でも嬉しそうやったなあ。

 

『 でも、初日やもんしょうがないよ 』 と励まして、自分も嬉しくなった。

 

 

 

さすが、地元だけあって、話している間も、顔見知りであろうお客さんが、次々「 おめでとうございます 」と声を掛けていく。

 

 

 

うちの野菜や果物も、いっぱい並べてくれていた。

 

 

【 健康ファースト 】と、何がテーマのリニューアルなのとの問いに恥ずかしそうに応えてくれいた通り、

 

有機や ORGANIC 商材が、あちこちに配置されていた。

 

冷凍食品も充実していた。

 

【 彦根で一番のアイスクリームの品数を目指した 】 と言っていた。

 

 

「 一台でもあいている方がいいやろから、早々に帰るわな 」 と言って店を出たが、

 

やっぱり、混雑は続いていた。

 

豆腐と、こんにゃくの品揃えの多さにびっくりした。

 

特に、こんにゃくは面白かった。

 

 

 

 

彦根を懐かしく、ちょっと遠回りをして北へ上がり、国道は混んでいたので、中山道をゆるりと走り、インターへ出た。

 

 

 

名神に入ってすぐに、" R " のロゴをつけたスカイラインが走っていったのを思い出して、

 

 久しぶりに飛ばしてみようかと思い、自動運転を解除して、追いかけた。

 

直ぐに追いついたら、彼女でも乗せていたのか、あっさり道を空けてくれた。

 

 なんだ、つまらない と思ったが、そのまま走ることにした。

 

 

前のセドリックでは 120KM/H でもしんどかったカーブを1○0KMでも、すんなり曲がって行く。

 

地に足つけた走りに満足して、5分でまた自動運転に戻した。

  

最近、自分までチマチマした気持ちになりそうで、嫌気がさしていたが、

 

たまには、走ってやらないとかわいそうと思って走ると、やっぱり突き抜ける。

 

 

 

 

 世間に馴染むのはいいのかもしれないが、馴染みすぎもどうかと思う今日この頃だ。

 

 

そういえば、彦根東は春の選抜甲子園も出られそうだったが、惜しい試合を落として、やっぱり無理かな。

 

 

 ワールドシリーズを見ていると、技術に留まることなく思いっきりが勝負の焦点になる時代かな。 

 

 

いい店を見せてもらって、ほっとした。 

 

 

 

2017.11.08 Wednesday

サニーマーケット 日野農場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面白い店に行って来た。 

 

 

社長と、店長の石間さんが歩いて探してきているらしい。

 

「 半分くらいは問屋さんからでしょう 」 と言うと、「 そんなには無い 」 との返事でした。

 

 

 

つまり、ふたりが面白いと思う商品を徹底的に調べて、直談判して仕入れているらしい。

 

らしい、らしい、で申し訳ないが、理解は出来るが、私にはそこまでの行動力は無いから、らしいと謙虚になるしかない。

 

 

 

ところが、このPOPを見てしまえば、何か言いたくなった。

 

 

店長曰くは、「 こういうことが経験のある女性じゃない 」「 一日かかって作ってますよ 」「 でも、何も言わない 」 

 

とのことで、ここまで突出したPOPを作ろうという動機とエネルギーを持っているスタッフと、ちゃんと出会う。

  

 

 

こういう偶然が、あるとないとでは、大違い。

 

 

 

私は、ごはんのPOPが、いちばん好きなんだが、みなさんはどうだろう。 

 

 

ちなみに、【 和 】がテーマだそうだ。

 

 

 

 

 

 

2017.10.30 Monday

彦根

 

 

 

 

 

 

 彦根の作られた商店街。

 

もともとここは、商店街だったのだろうか。

 

確かに、何とかというパン屋さんがあった。

 

京橋の角には、きりゅうけん というラーメン屋さんがあった。

 

ここは、彦根東高校の男子生徒が通う名物ラーメンで、歴代ここに通うことが変に伝統みたいになっていた。

 

 

 

ああなつかしい。

 

 

ここを左曲がりこの商店街を抜けて、西高の前を通り後三条の芹川の橋を渡ると、彦根とは別な世界がある。

 

過疎な場所にポツンと一軒、スイスという喫茶店があっただけ。

 

 今は、いろんないわゆる地方都市にある郊外型のチェーン店が集まるエリアになった。

 

 

 

 

ここで、スーパーを営む小学校から高校まで一緒の学校に通った同級生が居て、

 

いつだったか、無理を言ってアルファーの商品を扱ってもらった。

 

 

 

それで、その無理を言った責任を取ろうと思い、ちゃんと営業をすることにした。

 

 

 

はたして、何処まで新しくなれるだろうか。

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ