CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.09 Monday

冷凍の精肉

 

 

 

 

 

和歌山に廣甚さんという会社がある。

 

デリシャス広岡とスーパーエバーグリーンというそうだ。

 

なかなか、この 2 社の関係がよく分からなかったが、土曜日に 5 店舗をまわらせてもらって、何となく腑に落ちた。

 

 

 

一番最初は、ひと月ほど前に奈良県の広陵市にあるお店に行った。

 

このお店は、アルファーの商品を一堂に集め売り場を作ったとバイヤーからお聞きし、

 

画像もあるとの事で見せてもらったら、何とも早やこれだけの売り場が作れるのかと思い、データで頂き、

 

ターミナルの事務室に貼り出している。

 

 

少し、時間が経過したがひと月ほど前にお伺いした。

 

店の主任さんではなく、その元で仕事をされている方が私どもの商品が好きで、

 

好きかどうかは分からないが、店には少なくとも必要と思っておられるらしく、力を入れていただいているようだ。

 

 

 

 

そこの主任さん曰く、週一回のバイヤー送り込みだけでは、

 

本当に必要とされているお客さんのためには不充分と話されていて、嬉しかった。

 

 

それで、なんとか解決できるよう話しをしますと、約束して帰ってきた。

 

 

 

それには、先ず他のお店がどのように考えておられるのか、知る必要があるので今回回ってきた。

 

 

まわらせていただいたお店は、あまり前向きなお話しは頂けなかった。

 

そういえば、私自身は月に一度バイヤーさんと商談させてもらっていて、売れているかどうか心配をしていた。

 

 

その心配をバイヤーさんにぶつけてみると、次の会議でどうなんだと話されたそうだ。

 

結果は、要らない が大半の意見だったようで、

 

そんなことを言っているけど、本当に必要になったとき、今度は頭を下げて頼むのかと、

 

バイヤーさんが言ってくれたそうだが、週 2 回が 1 回の送り込みになった。

 

 

それで、大体の雰囲気は分かっていた。

 

 

なかなか、難しいことだ。

 

 

 

スーパーマーケットは、効率を生かして安く販売することで成り立ってきた経緯がある。

 

だけど、地域の方の志向は決してひと種類ではない。

 

高度経済成長時代ならそれで良かったかもしれないが、多様化して、

 

それぞれが揺るがない消費行動になると、品揃えも多様化して対応しなくては地域に根ざせない。

 

 

 

私自身は、アルファーの志向している食材は今や、 3 割の比率で存在していると考えている。

 

 

その 3 割をどのように集客するかがそのお店の浮沈に係わっているようにさえ思っている。

 

 

バイヤーさん曰く、業績が落ちてきた店は、行ってみると必ず何を考えているか分からない売り場になっていると言う。

 

 

その通りだろうと思う。

 

売れないけど、売らなければいけない商品を扱うということは、考えるしか解決できない。

 

この考えることが、なにもアルファーの商品に限ったことではなく、すべての商品について言え、売り場に好影響する。

 

 

だから、その売り場は好況となる。

 

 

 

この論理は、今も昔も変わる事がない。

 

 

 

アルファーが昔から販売してきた、冷凍真空パックの精肉。

 

最近、よく売れているんです というでっかい POP がみっつも出ていた。

 

 

デンマーク産の豚肉だった。

 

 

 

 

 

 

2018.03.26 Monday

台湾茶

 

 

 

 

 

 

台湾の標高の高いところで自生しているお茶だそうだ。

 

 

下から、変な雑菌を運び込まないように注意して、そのままの状態を維持している、いわば野生のお茶。

 

たしかに、雑味はまったく無く、美味い。

 

 

 

すこしずつ、台湾の商品開発準備が進んでいる。

 

 

そろそろ、一段ステップアップする時期が来て、その確認が取れれば亦台北に行く。

 

 

 

狙いは、1月から5月までの栗南瓜の開発。

 

 

もう、沖縄は時間を置くことにした。

 

石垣島の代わり、台湾で栗南瓜の栽培依頼をする。

 

 

そして、南国のフルーツ。

 

常に自分に鮮度感を感じていないと駄目になってしまう。

 

違う言い方をすれば、単に気が多いだけなのかもしれないが、これが無いと生きていけない。

 

 

 

だけど、知らない国で信頼を結ぶためには、うまく行っているときより、うまく行かなかった場合にどのようにするか。

 

 

このことが整理できていないと、博打みたいになってしまうので、ここのリスク管理をどのようにするかが、

 

最終段階になることは間違いない。

 

 

そのように考えると、ステップ 4 段階ほどあり、その 1 段目を上がったに過ぎない。

 

 

 

後は、お茶とコーヒー。

 

 

 

 

 

 

2018.03.22 Thursday

つぼみ菜

 

 

 

 

 

 

 

鳴門若布の外品を醗酵させて、液肥を自分で作っておられる農家です。

 

当初は資材屋さんから購入されていたそうだが、それでは高くて充分に散布できないので自分で作るようになったらしい。

 

 

自分で作れば、そんなにコストがかかるものでもないので、株元に如雨露でいっぱい遣れるそうで、味にそれが出ている。

 

 

 

 

美味しい野菜はいっぱい食べてきたが、こういう上品な味が私は好きで、どれだけでも食べられそう。

 

 

 

それで、最近は営業に伺えば、この野菜を勧めているのだが、

 

先日、和歌山のバイヤーさんが、「 この野菜は袋より、カップに入れた方がいいですよ 」 と教えてくれた。

 

 

 

早速、そのように試作してみたら、画像のように味と同じように上品な商品になった。

 

 

 

 

春 ですね。

 

 

 

 

 

2018.02.06 Tuesday

台湾の南瓜

 

 

 

 

 

 

私の見立ては『 くりゆたか 』だと思うがどうだろう。

 

 

玉サイズは、5玉くらい。

 

 

上手に作っている。

 

 

 

 

 

 

このおじさんは、丁寧に玉ねぎの皮を剥いて並べていた。

 

 

私が、写真をバチバチ撮るもんだから、怒っていた。

 

 

 

 

 

 

だいたい勘で分かるのだが、こういう親父は美味しい野菜を作る。

 

 

そういうことを理解しているので、怒った顔をしていても、直ぐに仲良くなれるので気にしていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本にも沢山いる、何を作らせても一流の物に仕上げるいい親父だ。

 

 

それが証拠に、並べている野菜はどれも、気が入っている。

 

 

画像の生姜も、この生姜の品種はこんなに大きくなる品種じゃなさそうな気がする。

 

それを、こんなに大きく育てているので、きっとこのおやじはこの生姜は自慢なんだろうと思う。

 

南瓜だって、こうして切って中を見せて並べているということは、見る者が見たら分かるはずだと思っている。

 

 

だから、どうせお前らは分からないんだろうと思っていることが分かる。

 

 

もう少し、こちらの気分が違えば御機嫌をとって話し込むのだが、あいにく今回はそういう出会いではなく、

 

先を急がなければいけない設定だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

生姜の横に外して並べてあるにんにくだって、この通り。

 

 

青森のホワイト六片ではないと思うが、南のにんにくにしては立派な粒をしていた。

 

 

 

 

 

 

このおばさん、おばさんと言えば気の毒な気もするが、見るからに働き者の女性で、野菜もそれを物語っている。

 

 

 

今回は、こういう人がいるって分かっただけで、おおきな収穫だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.03 Saturday

量子もつれ

 

 

 

 

 

某大手企業から、御依頼を受けている商品開発に、お茶がある。

 

 

さいきん、薬膳素材の開発に余念が無く、その中でも 薬膳茶 ⇒ ハーブティー に傾倒していて、

 

私の生活の中にも、しっかり入り込んで、おかげでコーヒーから脱却できて、我が家の飲料はこのハーブティーになった。

 

 

昨日のムソーさんの無双三年番茶も、もう 40 年飲み続けてきたのに、おかげでどこか陰を潜めている。

 

 

 

 

これをどこから手をつけようかと悩んでいた。

 

すぐさま候補となった産地は、とてもこれだけのことを出来るとは思えないので、

 

どこから手をつけるか、じっと設計図を書く白い紙を前に、その白さに見入っていた。

 

 

 

ところが、天はいつも突然降りてくる。

 

 

 

 

一昨日の会合で、私の前に、ぬぅっと現れた、いつもお世話になっている不思議な人。

 

 

このひとが最初の白い紙に徴(しるし)をつけるひとだと頭に浮かんだ。

 

 

で、そのひと、と翌日、つまり昨日、一緒にいることになっているので、そこから始めるかと考えて準備をしていた。

 

 

 

 

なにもかも、予定していた用事が終わり、いよいよ本題にと思ったときに、

 

「 ところで吉田さん、食品には興味がありませんか 」 と切り出してきた。

 

 

「 無いこともないよ 」 との生返事をしていると、前振りがふたつ、みっつあって、やにわに「 おちゃ 」 と言い出した。

 

 

 

 

それで、ピンと来て、リュックに準備していた、画像のお茶を取り出してきた。

 

 

 

彼は、数日前から私に会えばこの話しをしようと考え始めていたらしい。

 

 

 

 

いわば、シンクロしている事になる。

 

 

話しは前後するが、どこか、お店を視察させて欲しいとのリクエストに、

 

視察の目的は、自然食品店の参考か、卸会社の参考か、はたまた今後の人生の転機の行く末の参考か、

 

どの目的ですか、と聞くと、笑って、そのすべて、と言っていた。

 

 

その求めに応じて、某大手のお店にお連れしていた。

 

 

 

一日一緒にいると、いっぱいいろんな話しをするが、

 

そこから私の会社に戻る途中、「 量子もつれって知っていますか 」と。

 

 

原子以後では、素因があって、作用があって、結果になる世界だが、

 

原子以前の世界で、この方程式は通用しない。

 

 

海は原子以後であって、波は原子以前に類するということになろうが、

 

最近、この原子以前の「 量子 」の世界が、物理界の謎を解く鍵になってきているらしい。

 

 

 

昨年、いつも見ているテレビ番組で、不思議な検証をしていた。

 

 

二人の若い科学者が並んで、コインを一枚ずつ空中に回転させながら、コイントスのように放り投げる。

 

何度も、何度も。

 

 

そうすると、そのふたつのコインに量子もつれの関係が出来る。

 

そうすると、そのコインの量子はシンクロし始めるという訳で、

 

数マイル離れて、同時に同じ事をすると、なんと同じ面のコインが手の平に向いて落ちるということだ。

 

 

 

じつは、かの有名な一般相対性理論の、

 

エネルギーは、質量×光の速度の 2 乗 の式で表されるとアインシュタインが整理した、

 

が、

 

アインシュタインは、この量子もつれ現象は解き明かすことが出来なくて、

 

その現象を認めながらも、「不気味な遠隔作用」と読んでいたそうだ。

 

 

そもそも、物理学者が 「 不気味 」 と呼ぶ事自体が異常だが、それほど仮説すら立てにくい、

 

「 状態がそこにある 」 ということだろう。

 

 

 

 

私は、二十歳過ぎの頃より、無から有を生むその大元に、「 気 」 と呼ぶ存在があると考えてきた。

 

 

気とは、俗に「気が通じる」とか、「元気」とか「病気」とか、いう其れで、

 

我が社の会社案内では、「 エネルギー 」と説明している。

 

今日は、2 月 3 日、節分だが、そのゆるやかな気の性質の変わり目でもある。

 

でも、なにも物理学的な根拠を説明するには至っていなかった。

 

 

 

でも、確実に彼と私の間には、この量子もつれ現象が存在し、

 

札幌と高槻と、数百キロメートル離れていても、このシンクロ状態が証明されたことになる。

 

 

 

帰社途中の車中の会話が、さっそく具体性を帯びて登場して、二人で大笑いした。

 

 

実は、彼とは出会って数年で、数百キロメートル離れたところに普段は存在しているので、

 

実際に出会って話しをするのは 10 回にも満ちていない。

 

 

 

この量子もつれの発見は、ひょっとすれば、すべての物理現象の大元になっている『 重力 』 の謎を解く、

 

 

ことになるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.30 Tuesday

台湾視察

 

 

 

 

この茶瓶、茶器の展示している地下室で、椅子に座っていると、突然遠くに目に入って、

 

視界の中で、ほんの点でしかない小さな物なのに、すごい存在感で光っていた。

 

 

世の中には、すごいものを作る人がいるもんだ。

 

 

 

伝統といえば、そういう力もあるのかもしれないと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶芸館というらしい。

 

英語では、tea&tea arts って書かれてた。

 

標高 2600m の園で採れたと言うお茶を頼んでみた。

 

 

茶器の違いが分かると思うが、これだってどこにでも転がっているような代物でもない。

 

白磁器で、絵柄がなかなか味わいがある。

 

 

これで、3煎目。

 

5〜6煎目まで飲めると言われたが、そんなに飲めるものでもない。

 

しっかりした茶葉が広がっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

店の構えは、こんな感じ。

 

疲れてホテルに戻って、ひと休みしてから「 お茶を飲みに行こう 」 となって、

 

コンシェルジュに聞いて、この店がいいだろうということで、タクシーで出かけた。

 

 

 

軽い食事はありますかと聞いたところ、あるというので、

 

炊き込みご飯とラーメンを食べた。

 

どれも、動物性のものは一切使っていないということで、

 

材料も、オーガニックか自然農法のものを中心にしているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

菜っ葉は、青梗菜、山東菜、が中心で、ハンダマも沢山あった。

 

 

野菜の話しは、また今度。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、この女性がすごかった。

 

 

自分の勤め先の商品を、こんなに熱心に勉強している人も珍しいと思ったが、

 

考えてみれば、この年代の店員さんがいる店に、他にも3店舗行ったが、どの店の方もとても熱心で、驚いた。

 

 

今日は、いまから沖永良部島と薩摩半島の長島まで行かなきゃいけないので、走り書きになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.13 Wednesday

薬膳茶

 

 

 

 

 

 『 薬膳茶 』 という言葉があるかどうかは知らない。

 

で、調べてみると、どうも一般的に定義無く使われているようだ。

 

 

 

昨日から、少し疲れが出て、今日は午前中自宅の陽だまりでゆっくりしている。

 

で、最近自分でも適当に作るようになった薬膳茶を入れた。

 

 

レモンマートル と マローブルー のブレンド。

 

 

全部で 25 品目。

 

 

結構、ブレンドして飲むのが楽しい。

 

組み合わせは計り知れないので、毎回違う味を楽しめる。

 

レモンマートルは、美肌・目覚めすっきり・不眠解消でストレス、鎮痛、口臭、風邪予防とある。

 

マローブルーは、咳と気管支炎に効果があるらしい。

 

 

この手の薬膳茶を常飲するようになり、3ヶ月ほどになると思う。

 

一番感じるのは、顔の肌が変わってきた。

 

今まで、そんなに無頓着だった訳ではないが、朝の洗顔時に、

 

自分の顔はどうしても触る。

 

ひげを電気かみそりで剃るのだが、そのときに如何いう訳か肌を撫でる癖がある。

 

たぶん、10 歳以上肌は若返っている。

 

それよりも始めて感じたことは、朝起きた時と、夜帰ってきた時の、肌の疲れが違うこと。

 

 女の人なら、常識なんだろうけど、男はそんなことにかまっていないので、知らなかった。

 

 

 

 少しずつだが、この薬膳というテーマがリアルになってきたので、売りに出るか。

 

 

 

2017.12.11 Monday

organic パープルスィートロード

 

 

 

 

 

 

 最近は、焼き芋もあまり食べなくなった。

 

このパープルスィートロード。

 

絶品でした。

 

 

これは、身体に良さそう。

 

 

 

 

 

2017.12.06 Wednesday

薬膳茶 ハーブティー

 

 

 

 

 

 

 いったい、何種類くらいの薬膳茶を用意しているのだろう。

 

25 種類はあるような気がする。

 

薬膳素材の販売を始めるために、まずお茶の販売に力を入れようと考えている。

 

 

 

 

 毎日、朝と夜、コーヒーを飲んでいたが、

 

それがお茶に代わった。

 

 

身体の調子は、むちゃくちゃ働いているには、

 

この歳になっても、おかげさんで元気でいられる。

 

 

仕事も、対処療法ばかりではなく、体質改善が必要だと考えているが、

 

そのためには、先ず自分の身体を改善して、その上で体質強化を図っている。

 

昨夜も、『 薬膳鍋 』 と称して、薬膳素材を入れて鍋を食べた。

 

久しぶりに寒さを感じる日だったので、とても美味しく感じた。

 

 

 さあ、またがんばってやるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.01 Friday

うわさのキタアカリ

 

 

 

 

 

 

人間の眼で見ると、もう少し黄色っぽい。

 

いま、誰に聞いても、聞かなくても、『 このキタアカリは美味しい 』 と言う。

 

 

いっときは、青果のバイヤーさんは野菜の味が分からない人が多いのではないかと思っていたが、

 

そんなことはなく、分かる人は分かる、それではそれだけ、アルファーの野菜を食べてもらえてないんだと反省するしかない。

 

 

 

北海道の絵本の街、剣淵というところで作ってくれているのだが、

 

山田社長は、

 

『 さすがアルファーさん、organic だったら何でも良いのではなく、ちゃんと、美味しいのを選んでいる 』

 

 と、ほめてもらえて、ほめてもらうのはあまり好きではないが、これは嬉しかった。

 

 

自分にしてみれば、当たり前のことだが、どこかで分かってもらえない寂しさを抱えていたのかもしれない。

 

こういう否定的な思いというのは、やっぱり邪魔でしかなく、物事は肯定的に捉えないと前には進まない。

 

 

 

この歳になっても、未だそんな思いに気がつく。

 

 

64 になって、いっぱしのつもりではも、80 代の人から見れば、

 

まだまだ、こどもでしかないということも、そういうことかもしれないとおもう。

 

 

まあ、そんなに真面目に考えていてもつまらないので、ふだんはこんなことは考えないが、たまにはいい。

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ