CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 金子貴司社長 | main | とみつ金時 >>
2012.03.23 Friday

明日は雨のため

 




計画では、明日に御客様の新入社員研修で、『インカのめざめ』の植え付け実習を行う予定だったが、
生憎の雨の予報の為、仕方が無いと諦めて、今日、信州から遊びに来てくれた画像の彼に手伝ってもらって植えた。

年々とは言うが、去年より腰に粘りが無くなっていて、種芋を並べていく作業が辛かった。

だから二人で遣るつもりだったが、料理長に途中で応援を頼んだ。
二人で三時間ほどの作業とよんでいたが、三人で5畝ほどの畑を2時間掛からずやる事が出来た。



今年は、溝堀に知恵が湧いた。

昨年までは溝掘り用の道具の2個着いている鍬の部分を1個にして、
ロープを張って、その下を掘って、次には隣りにまたロープを張ってと遣っていたが、
それだと、どうしても通路の幅が一定にならず、その後、土寄せする機械を入れる時に上手く行かなかった。

だから、一本溝を切ると同時に隣に次の溝用のラインが引けて、そのラインを踏襲して次の溝を切る連続で・・・、
と、そういう道具作りを考えていたが、頭の中で上手く作れないので、実際には作らず終いだった。

先日、畑に肥料撒きをした帰り道、ふっと思いついて、
もともと2個並んでいる鍬部分を、1個にせず、最大30cmの幅に広げられるので、
2本切った溝の片方の溝に、帰りの溝切りの時に、片側の鍬を嵌めるように帰ってくると、
つまり、往復で3本の溝切りをするようにすると、例え曲がっても同じ幅で曲がるので、これでOKになった。

で、画像のように、切った溝を1本飛ばしに種芋を並べていくと、通路が60cmの幅になる。



たったこれだけの事を考え付くのに3年かかった。






コメント
そんなもんです。
  • 森 一成
  • 2012.03.23 Friday 08:20
おはよう。まあ、そんなもんやなあ。
  • naruhodona
  • 2012.03.24 Saturday 06:58
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ