CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 季節は巡る | main | 産地開発 >>
2012.09.10 Monday

恋するマロン 雨乞い

 


それが瀬戸内気候でしょう と言われれば、そうかも知れないが、

夕立も無い。


中耕の後、草も生えてこない。


葉は萎れたまま、それでも次の葉を出そうとして、
ピンチだと思っているのか、本蔓に負けないくらい脇芽を伸ばしてくる。


マルチが焼けて、マルチの上に蔓先を垂らしたままの株は、
焼けて、蔓先が無くなっている。


水を遣ろうにも、ホースで遣る程度では追いつかない。

これ以上、何か手を打つとしたら、マルチを張りしなにやったように、
エバーフローを設置して水を数時間出しっ放しにするしか手は無いんだろうな。


蔓から伸ばす根も、土が焼けているから、伸ばそうとしても焼けて伸ばせられないんだろう。


雨雲が何とか遣って来ても、下に雨が届くまでには至らない。
雀の涙とはよく言ったものだ。


子作りを焦っているのか、雄花が開かないのに雌花を咲かそうとしている様子に、
自分を忘れて哀れに思ってしまう。





コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ