CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< とまとソースの試作 | main | ジュース >>
2013.05.18 Saturday

島のにんにく栽培

 



昨日は、午前中ベビーリーフの播種をして、ハウスの周りの草を刈った。


午後から、池田で借りている畑の草が浮いてきているので、三反半をトラクターで走った。

そのうちの一反は、この月で返す事にしていて、その挨拶をしてきた。


ちょうどうまい具合に、家の前の一反ほどの畑で、にんにくの収穫をしていた。


さすがプロの農家で、粒揃いの球が並んでいたが、分球していない株もそこそこあって、そこのメカニズムが分からない。


この島で、にんにく栽培が流行りだしたのは5年ほど前だが、当時はみんな路地のままで栽培していた。

仕入れ先の < 田子町沢田ファーム > さんに栽培のポイントを聞きに行ったときに、

黒マルチでの栽培を教えてもらって、次の年から、黒マルチで栽培を始めた。

そうすると、その次の年から、みんなも当たり前のように黒マルチでの栽培を始めた。


最近は、情報の伝達というと電波を通じてされているが、青森の技術が高槻の自分を介して、小豆島に伝わった事になる。



沢田君は、「 穴あきマルチで、種にんにくを ギューッ と突っ込むんですよ 」と言ってくれていたが、

そんなに上手くできるか心配で、植え付けをしてから、芽がマルチを突き上げてきたときに穴を開けて芽出ししていた。

山本さんの収穫を終えた後を見ると、引っ掻いて、後から私と同じように芽出しした跡が可笑しかった。



実は、今朝、この後、もう一枚借りている畑の隣の夫婦、島で唯一私が買っているイギリスパンのパン屋夫婦、

年配ふた夫婦の、とても面白い出来事の話をアップ寸前で消してしまい、今日のアップは諦めていた。


ただ、普段、何の愛想も言わない、パン屋の嫁はんが、「 おつかれさま 」 と、ニコッて笑ってくれたように、

今週は、何だか疲れ切っていて、6時頃に小泊に戻ったが、10分ほどハウスに水をやって、キス釣りに出かけた。


一匹が20cmで、後は15cm、開いて塩コショウをして、軽く小麦粉をまぶしてオリーブオイルで焼いた。

キスの食べ方は、この食べ方が一番好きで、モチモチして美味い、もっとも手間が面倒な時は、塩焼きが早い。






コメント
お疲れなのに投げに行かれたのですね。魚の顔が見れてなによりです。できれば20cm級で揃えられればいうことなしですね。頑張りましょう。
  • 森 一成
  • 2013.05.19 Sunday 07:30
未熟ながら、20cmで揃えば、それゃあ 言う事ないですよ。それには、4色は色が出ないとチャンスが少ないですね。
今年は、ちょっと頑張ってみます。
  • naruhodona
  • 2013.05.19 Sunday 10:31
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ