CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ベビーリーフの色 | main | マル秘ルート >>
2013.06.30 Sunday

和豚もちぶた バラスライス

 





豚バラスライス。


このブランドは、30周年らしい。

懇意にして来た、『 有限会社肉の片山 』さんが、20年ほど前にこの豚肉を、新しく専門に扱うようになり、

何とか、協力しなければと思い、わずか3%オンするだけという、伝票代にもならない粗利率で、営業をした。


スーパーマーケットを中心に、頼めば取り扱っていただけそうな会社を選んで、5社ほどお願いに歩いた。


今週に、その30周年の記念イベントが、その肉の片山御膝下の新潟で行われ、その招待を受けた。

だけど、その5社からほとんど20年間、お客さんは増えていないのに、とても参加できなくて辞退させてもらった。



先日お伺いした、奈良の< いろは >さんが、唯一その後に増えたお客様だった。

その記事にも書いたような気がするが、うどんに載っていた「 もちぶた 」のバラスライスが、

ほっぺたが落ちるほど美味くて、それでその味を、もう一度味わいたくてこれで2パック食べ続けている。


「 和豚 もちぶた 」を、このブログで本格的に取り上げるのは、2度目だと思う。



一昨年の1月に、< 会社のホームページ > で、紹介したくて、とびっきりのロースを、

わざわざ写真写りがいいように、150g位の厚みに切って5枚送ってほしいと依頼した。



それは、見るからに美味しそうに写っている。


でも、この記事の冒頭のバラスライスは、何の変哲もないような写り具合で、この豚肉が、どうしてあんなに美味いのか、



不思議でしょうがない。


このバラが、あのとてつもなく美味い、< 無塩せきベーコン > になっている。


今晩の島の飯は、そうめんを、きゅうりの千切り、薄焼き卵、といっしょに麺つゆに絡めて食べて、

突き合わせに、バラスライスを塩コショウで焼いて食べた。



勝手な思い込みだと思うが、哲学的な味がする。



何処のお客さんに行っても、とまと家族さん以外は、売れ行き不振で、喘いでいる。

「 何故売れないのか 」と、その理由を聞かれることもある。

答えはひとつ、「 売れないから売れないのであって、売れない理由なんてない 」とお応える事にしている。


売れない理由を考えるより、どうすれば売れるかを考えないと、理由が無いのに理由を無理やり見出して対応しても、

その答えは間違っているのだから、その対応は間違って、お客さんの心からますます離れて行ってしまう。


先日のとまと家族さんで餃子の宣販をしている時に、若い男性がひとり店に入ってきた。

その子は、まっすぐ奥の総菜売り場を目指していったので、常連だという事はすぐに分かる。

繰り返し書くと、このとまと家族さんは、3軒隣にコンビニがある、にもかかわらず若い男性が、

この店に惣菜を買いに通うという事は、コンビニよりこの店の惣菜が美味い事を知っていて、

またすぐ近所に、惣菜に力を入れておられる<光洋空堀店>もあるから、そこより美味い事を知っている男性、という事になる。


私が、そんな彼を見逃す訳がなく、片手に二つ惣菜パックを持って戻ってきた時、

「 この餃子を食べてみろ 」 ほとんど、命令口調だった。

「 いや、今、二つ惣菜を買ってきたから結構です 」「 腹 減ってんだろ、美味いから食べみればいい 」

いぶかしそうな顔をしているから、「 美味い、不味い、くらい分かるんやろ 」、ここまで言われて観念したようで、


ようやく、食べた。

「 どうや、美味いやろう 」「 うん 」「 食べて良かったか 」「 良かった 」

「 自分で料理はするのか 」「 炒め物くらいだったらね 」

「 それなら、この餃子が美味い理由のひとつに、和豚もちぶたって原料豚の味がある 」

「 あそこの棚に、最近扱ってもらっていて、あの豚肉を買って炒めもんを作ればいいよ 」


その後他のお客さんの接客をしていると、彼は棚に行って豚肉を熱心に見ていた。

それならと近づいて、「 この小間切れが安くていい 」「 いや、同じグラム数でこっちの方が20円安い 」

「 それはモモスライスやから、脂身が少なくて、美味く食べるにはひと手間要るから、適当に脂がある小間切れがいい 」

「 野菜は、この店にあるもので、安いものでいい、この小間切れから出汁が出て美味くなるから 」


これだけの会話で、その男性は、しばらく私のそばにいる事を決めたようだった。

レジを済ませた彼は、また私のそばに戻ってきた。


話を聞くと、「 成城石井で5年間バイトをしていた 」らしい。

何故辞めたかというと、「 他の店からか社員が転属されてきて、バイトの労働時間を圧迫して、稼ぎがなくなった 」らしい。


どこに経営母体が移ったかは知らないが、新しい会社の方針で、有閑社員の活用をして、人件費削減をしているのかな。



味が分からない人は少ないので、元々私のこの仕事に対する動機は、

< 美味しいものを、一人でもたくさんの人に味わってもらう > ところにある。


理屈を言うなら、「 味覚によって、自然の摂理への扉を開き、この世の理不尽なシステムに目覚める 」ところにある。


もう一度、その仕事の本質を、本気で追掛けようとしている。



コメント
僕は売れない時は日頃思っていて出来ないことをやるか、それともこの際にゆっくりするかがいいのではと先方に言っていました。
 すぐにできることといえばポップを書きなおしたりとか棚の模様替えをするとかです。お客が少なくて考え事ばかりしていると表情も暗くなりがちなのでなにかしらやっていて忙しくしている方が気がまぎれるので接客にはプラスになると思います。
 でもやはりこのお店に来ると何となく楽しくなるという店づくりというのが重要と思いますが、どうすればそれが出来るのかということはそこのお店の考え方次第なので回答は無限にあると思います。頑張って考えましょう!
  • 森 一成
  • 2013.06.30 Sunday 08:16
姫路港の傍に、コンビニでもできるのかと思っていたら、今週、釣具店がOPENしていました。
美味いイカが食いたいので、来週覗いて、イカが食いつきそうな餌木を探してきます。
今週は、ブログを見て私も釣りをしようと思っていましたが、その前におばちゃんをハメが襲わないように草刈になってしまいました。
  • naruhodona
  • 2013.06.30 Sunday 21:48
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ