CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 変われば変わるもんだ | main | ちよっとしたこと >>
2013.07.31 Wednesday

温暖化? 寒冷化?

 







いっぱい心配事はあるが、この「 地球寒冷化 」もそのひとつ。



北海道の稲作も、食味の向上著しく、既に輸出に向けて動いていると聞いているが、


私の記憶では、この10年ほど毎年同じ天候不順を聞いていて、最初に気づいたのは小豆島に通い出した年だった。


だから、もう7年前の事になるが、帯広の和田農園さんと夏前に、その年の状況を聞いた時に、春が遅く、

春が来ても、陽が差す日が少なくて、やっぱり不順だと言われ、その時に応えた私が、

「 そういえば和田さん、この2〜3年毎年同じ事を言われていませんか。気候が そういう周期に入っているんでしょうか 」


それ以来、どうも日本の東半分というか、北半分というか、少し気候が変わり始めてるんじゃないか、

そう思い始めた。


それでも、野菜は、どこかで帳尻を合わせて、ちゃんと時期になると出荷されてくるから、

不思議というか、品種の改良も進んでいるんだろうけど、「 作っている農家は大したもんだ 」っていうのが普通になっていた。



ひとが支配し、支配されることがこの社会の掟であるならば、エネルギーと食料と、

今であれば情報を、支配する事が一番手っ取り早い。


この社会において知識人たらんとして、その操りから逃れて生きてきたつもりで、

その時々の思いをネタにして、それを価値として商品に盛り込み、仕事をしたきた。


その思いの進化こそが、会社の立脚点であり、継続の力となってきた。



食品添加物だらけの美味しくない食べ物や、特定の要素だけの化成肥料で形だけ整えた野菜は、

気の利く方なら、誰も基礎的には敬遠して、本来の食べ物を選ぶ事が、少数派といえども一般的になっている。


マクロビオティックには、判断力に七つの段階があるという。


根源的に疑う事をせず、そこから情報を集めようとしない不思議さがある。





国が、安全と言えば、そうではないのじゃないかと思うけれど、危険と言われれば、そうではないのじゃないかとは、疑わない。


会社のサーバーのバックアップ機能が、「 閾値を超えたために停止していた 」 と中澤が昨日言っていたが、

白と黒の間に灰色があり、灰色を認める事で生きながら、その閾値を探る事が短絡から抜け出る事につながるのかな。




温暖化になるのか、寒冷化するのかそれは分からないが、その備えはしておく方がいいような気がする。






 





コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ