CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 沖縄 二泊三日 | main | 日曜日の過ごし方 >>
2014.03.29 Saturday

有機栽培バナナ





乙仲というのだろうか。

バナナの物流で「上組」さんにお世話になっている。

通関を切った時点で、弊社のバナナはインポーターから弊社の資産になり、上組で保管される。


出張で羽田に行っても、神戸に行っても、全国どこの港に行っても、巨大な倉庫を目にする。

明日は、其処がストライキをするという情報が入った。


目下、前回入船のロットが、植物検疫でアブラムシが発見され、くん蒸処理になった事と、

次の入船予定が、10日程太平洋航路の乱れで、送れている結果、青バナナ李手持ちが無くなり、

来週から10日ほど、欠品を出す。


1995年以来、約20年間バナナを取り扱ってきたが、私の記憶では2回目の出来事になる。

産地は、フィリピンから、エクアドル、ペルーと変遷して来ているが、そうか20年になるのか。


どうも、考えているスパンが短過ぎるのかも知れない。

働くという事を考えれば、通常ではせいぜい40年程度で、そのピークは長くて25年くらいか。

7世代先の事を・・・という言葉は、何となく環境保護団体が口にしそうな気がするが、

「 国家百年の計 」 というのもあり、国を単位で考えるなら、この程度が見える範囲か。



子孫に畑を残そう。


 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ