CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 空に浮かぶ | main | 火曜のうなぎ >>
2014.07.31 Thursday

大葉 〜まことの香り〜






NIPPON 〜 の大地から

やっぱり、この大葉はいい。

ひょっとしたら、長年うちは大きな勘違いをしているのかも知れない。

昨日、この画像のサンプルを作っていて、気温が高いので、たっぷりめに水を散布しておいた。

提案先のお客様迄2時間、トマト箱に入れておいたのだが、到着した時には、既に乾燥が始まっていた。

大葉の袋に4個の穴が開いている。

大葉のこの袋は、最初から穴あきを使用してきたが、本当に穴が必要なんだろうか。



大葉は、乾燥してしまうと、ただの草の葉にしか見えない。

せっかく、葉脈がしっかりして厚みのある葉なのに、葉は暑ければ表面積を広げて熱を放出しようとするし、

細胞、ひとつひとつも、膜がだれて葉脈の窪みも維持出来なくなって、しどけなく、だらけてしまう。


精肉から始まったうちの社も、青果卸に戻る時、最初に手掛けたのが、

にらと、大葉と、パセリと、生姜。

このよっつの品目でがんばったものだが、

大葉は、熊本・茨城・愛知・茨城・山口を経由して、宮崎に辿り着いて、

パセリは、宮崎から始まって、今は10数年千葉で落ち着いている。

生姜は、高知の四万十源流域で始まり、おやじさんから息子に移っている。

にらだけが、最初から長崎で、ず〜と続いている。

苦しい夏も、無理を言ってお願いし続けて、何とか応えてもらっている。

若いころ、自分の身に覚えのない「 農家の苦労 」を語る事が、商売のひとつの拠りどころになっていて、

それが、逆に農家を棚上げしてしまうような申し訳ない気がして、農家の苦労話にふれる事が嫌になっていた。


でも、こうして長く、こんな商売を続けていると、そら商売人も苦労はつきものだが、

農家の苦労は、苦労に違いなく、ひとには言わないが、無理を願っている事には変わりなく、

自分の苦労を厭わず、言った以上はやることで、救われている気がする。


のっけから、話が流れてしまったが、もういちど大葉を持って歩く事を考えている。


この、ラベルデザインも「もうひとひねり」と藤井美穂さんに頼んだが、

あと一歩、とどめの工夫が必要と感じていて、これだけ彼女の作品に口出しする事もめずらしい。




 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ