CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 119,753,537 | main | お陽さん >>
2015.09.13 Sunday

おばちゃんの意地







右の畝を、手前から、黄色の駕籠を置いている右半分のところまで、

刈り進んで、力尽きて、休憩してしまった。


いつものことだが、おばちゃんは休憩なしで最後まで刈る。


二人とも、この畝から調子が戻ったと見ていた。

ところが、刈り進んでいくと、梅雨の頃と同じ症状が出ていた。



ふたりで、がっかりして、整理しながら進むので手間ばかりかかって、収量は少ない。

今、会社では、殆んどの野菜の農家が同じような苦しみのなかにいて、

お客さんの注文通りの入荷が無い。

そのうえ、小豆島のベビーリーフまで・・・と思うと、

わずかでも、たくさん収穫しないと迷惑をかけるから、根気強く収穫した。



出来上がって、ハウスを後にした時、前を行くおばちゃんがよろめいた。


その時は、あっ と思ったが、めまいでもしたのかなと黙っていた。

相当 しんどかったはずだ。



ところが、袋詰めも終わり、収穫後の畝の切り株を掃除した帰り道、

後ろからついてくるおばちゃんの歩き方がおかしい。


ときどき、何気なく振り返り、それとなく見ても、リズムがおかしい。



「 あし、どうかしたか 」

「 ばれたかっ 」


どうも、足を挫いているらしい。

雰囲気的には、少し前にくじいたらしいが、大丈夫かな。


挫かれたら困るから、おばちゃんが歩く道は、少々細かな石ころも、見つけると必ず蹴飛ばしているが。


怪我しても、おじいさんにも隠すし、わしにも隠す。



おじいさんは、病院で働いていた事もあってか、すぐに医者に行けと言う。

それが面倒で、隠す気持ちは分かるが、意地の強い人だ。





 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ