CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< みんなが | main | 分かるようで >>
2016.12.27 Tuesday

スナップエンドウ

 

 

 

 

 

 誠の香り 特栽大葉の野中さんが送ってくれたベーコンを会社から持ち帰って、パスタを作る。

 

帰宅後、何をするより先に、台所に直行して、鍋に水をはり、火にかけておく。

 

それから、洗濯物をベランダから取り入れる。

 

 

 

ここで、着替えをする。

 

台所に戻って、フライパンにオリーブオイルを 5cm 程度の直径になるように入れて、弱火にしておく。

 

本鷹唐辛子を入れて、何て商品名にしたか忘れたが、特栽にんにくをスライスして入れる。

 

ここで、上村兄弟のスナップエンドウ登場。

 

茹でようかと思ったが、面倒なので、画像のように細かめに切った。

 

切って、炒め始めると湯が沸き、パスタを入れる。

 

i phone のタイマーで、8 分セット。

 

むかしは、こんなタイマーなんてセットしなかったが、

 

これで忘れる事が出来るので、その間に、違う事が出来るので便利と思うようになった。

 

 

味付けをしようと思ったが、最近 saechan の味付けレベルが格段の進歩をして、

 

その味が、すこぶる良くて、任せることにして、これでお役ごめん。

 

 

コルドンブルーのお料理教室に、数回通ってきて、技を習得したようで、これはいい。

 

食べ始めるまでに、帰宅後 25 分程度の所要時間。

 

ポイントは、炒め終わる頃に白ワインを入れて、少しアルコールを飛ばすらしい。

 

まあ、ワインは、化学的には C O H の化合物で、その由来がぶどうだから、天然のアミノ酸組成が残る。

 

農業をしていたので、この程度の理屈はよく理解でき、余分な味の酸化防止剤の入っていないワインに限る。

 

 

忙しい、働く嫁と一緒に帰宅しても、冷凍食品なんぞを食べなくて済む、食事の仕方。

 

具材を換えれば、毎晩でも、そうそうは飽きがこない。

 

 

働いて帰ってきて、嫁も働いて疲れて帰ってきているのに、台所に立つ嫁の疲れた背中を見るのはつらいだろう。

 

その背中を見てしまうと、作ってくれた料理が美味しくても、素直に喜べないと思ってしまう世の亭主に、

 

だけど、美味いものを食べたいと思うなら、参考にしてもらえればと思い、書き連ねてみた。

 

 

ル・コルドンブルーの料理教室は、3 回の参加費が 3 万 5 千円と言っていたが、

 

私には、充分な価値がある。

  

 

  

もちろん、素材をアルファーで揃えることが肝心だが。  

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.23 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ