CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 四万十の旅 4 | main | お勉強 >>
2017.06.08 Thursday

四万十の旅 5

 

 

 

 

 

 

 

昭和の時代とは、何だったんだろう。

 

今は、平成の時代。

 

 

世の中には、タブーという便利な言葉もあるので、

 

考えてみると、この言葉の意味は、公的と私的とを分けていることが分かる。

 

 

 

カレードーナツ。

 

これは、昭和と平成を結ぶ架け橋みたいなもの。

 

 

ここらが、この旅のテーマだったことがこの食べ物が一番最後に私の前に現れたことで、理解が出来た。

 

 

 

仮に、40 才は、平成を 11 才で迎えたことになる。

 

生まれは昭和、育ちは平成なのかな。

 

 

 

この会社の女性の家は、だんなの実家が田んぼをしてきたのだろう。

 

だから、春が来れば生理現象のように、田植えの血が騒ぐ。

 

女性は、買った方が安いと違う角度の計算をする。

 

 

買った方が安いという考え方は、昭和にもあったが、

 

春が来れば田植えという血は、昭和のものでもなく、もっと御世を遡る。

 

 

 

だから、買った方が安いと思っても、否定はしない。

 

 

 

この国の人たち、万人に共通している遺伝子を刺激するポイントが、

 

使い捨てをしてきた人間の歴史に疑問を感じ始めているこの時代にマッチしているのかもしれない。 

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.21 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ