CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 島原半島のデジマ | main | 冷凍の精肉 >>
2018.04.07 Saturday

おでかけ

 

 

 

 

 

 

一昨日は、島原半島の東側に行った。

 

 

久しぶりで、10 年ほど前にもこの道を通り、普賢岳の記念館に寄ったのを思い出したら、

 

あの日も雨だった。

 

 

まだ記念館なんて出来ていなかった噴火の直後に、

 

名水ニラの森さんのお父さん、好晴さんが連れてきてくれて、私はこの好晴さんが好きだった。

 

クールな方で、リーダーシップって言うことを感じさせてくれて、なるほどなあと思わせてもらっていた。

 

土石流に半分埋まってしまったお家を見たときの衝撃は、いまでもまぶたに焼き付いている。

 

 

そこを通り過ぎて、約束のお店に到着して、お昼を食べるところがなくて、お店のお弁当を食べて待っていた。

 

 

約束の時刻になったので、お電話で店の玄関に到着しましたと連絡をして待つことしばし。

 

なかなか現れてくれないなあと思っていると、電話が鳴り、何処に来ておられますかと言われ、

 

お店違いに気がついた。

 

 

 

 

そんなことで、昨日も、なにか勘違いをしていないか、不安で仕方がなく、

 

この日も、予定より 1 時間早くに到着してお昼を探しても、まわりには何も食べるところはなかった。

 

仕方がないので、7-11というお店に入って、かき揚げそばという、チンしたら食べられるそばを、

 

見えない目で、えびが入っていないことを確かめて、材料にエビの文字は無かったが、

 

アレルゲン表示にはえびの文字があった。

 

一瞬途惑ったが、まあこの程度ならいいかと思い、それを買って食べた。

 

 

 

それでも、時間を持て余し、少し早めにタクシーに乗って訪問先まで行った。

 

 

待合のスペースに電話が置いてあり、各部門の内線番号にかけて来意を伝え、待つパターン。

 

これがドキドキもんである。

 

 

「 えっ、おられませんよ 」と帰ってきたらどうしようと思いつつ、連絡をすると、

 

「 ああ、其処で少しお待ちください 」 だった。

 

「 はいっ、お待ちしていました 」 と言ってくれれば予定表に入っていることは分かるが、

 

そうではなくて、微妙な応答だったので、不安は消えず、そのまま馬鹿の振りしてボンヤリしていた。

 

 

 

すっかり俺たちは慣れているぜとアピールするかのように、通られる方にいちいち声を掛けている営業のひと。

 

 

どこでも、見かける光景だった。

 

 

 

アポの日にちを間違っていて、そそくさと帰ったこともあったし、

 

急な用件で、戻っておられないこともあったし、

 

そもそも、私から行くとメールしただけで、

 

お待ちしていますとの返答ももらっていなかったような気がし始めていた。

 

 

 

予定の時刻ジャストに、アルファーさんお待たせしました とお二人が迎えにきてくれた。

 

これゃ嬉しいに決まっている。

 

迷子になって、親が迎えに来てくれた子供の気分だ。

 

もっとも、迷子になった事はないが。

 

 

 

左が商談エリアになっていることは分かっていたが、

 

そちらには行かず、まっすぐ進んで右に回った。

 

 

あれっ、と思っていると、ゆったりしたソファーが置いてある応接室に案内してもらった。

 

 

やれやれ、カラオケが好きな人が、マイクを渡された人の気分ってこんなのかもしれない。

 

私は、お酒は飲まないし、カラオケは大がつくほど苦手。

 

 

 

コーヒーまで出していただいて、

 

コンビニのそばで口が変だったので、助かった。

 

 

なつかしい北陸エリアなので、むかしむちゃくちゃお世話になった方の名前がいっぱい出てきた。

 

 

 

うれしい初商談だった。

 

幸せな気分で帰ってきた。

 

 

 

そもそも、出会いがユニークだった。

 

先のスーパーマーケットトレードショーで、私たちのブースの前で、

 

「 いま、アルファーさんの前です 」 と言っておられるので、お顔を見たが存じ上げないひとだった。

 

でも、スーパーのバイヤーさんらしくないといえば変な表現だが、素敵な雰囲気のひとだった。

 

気がつけば、どこかに消えておられた。

 

 

 

午後だったか、もう一度ブースに来られて、挨拶だけさせていただいていた。

 

でも、あの アルファーさんの前という、アルファーさんが旧知のような声の色で妙に親しみを感じていた。

 

 

だから、私にしては珍しく、押しかけて行った。

 

出会いってのは、一瞬で決まるものかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.07.19 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ