CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 覚えているもんだ | main | こんな本があるのか >>
2018.04.16 Monday

ライアル・ワトソン

 

 

 

 

 

福岡伸一氏の本を読んでいるときに、このライアル・ワトソンという科学者の本に出会って、

 

同じ事を考えている人が、自分が生まれて間なしのころから追いかけてる事が分かった。

 

 

 

ひとの偉業は、根気の上に成り立つのかも知れないと今更ながらそう思う。

 

 

そういえば、感性で感じて終わりじゃない、それを深く掘り下げるところに遊びがあるんだと教えてくれるひとがいた。

 

 

 

つくづくその通りかと思う。

 

 

この本は、もう読んでいて、頭があちこち飛び歩くほど、丹念に調べている。

 

ひよこの鑑別士の仕事を日本人は目で見分けるが、

 

どうもそのことは日本人の特質らしく、

 

そういえば、いま販売している有精卵の農場の創業者は、

 

ヨーロッパまでその技術の指導に派遣されていて、そこでヨーロッパの養鶏に出会い、

 

それで日本に帰ってきて、独立して有精卵専門の農場を起業したといっていた。

 

 

でも、そこに雌雄で異なる放射線をこれまたあまり既存の概念では科学的と言えない道具で感知する。

 

そんな根気強い経験からしか分からないようなことに科学的根拠を見出すことをしている。

 

 

 

身近な技術で言えば、電卓。

 

これが出たとき、ひとは頭が使えなくなるという人がいた。

 

たしかに、カーナビに慣れると道を覚えなくなり、今では無かった頃に何を頼りに出掛けていたのか、

 

今では、信じられなくなってきている。

 

 

そういう意味では、人間の脳は技術の発展と共にその活動域を移してきているのかもしれない。

 

 

自然の摂理と同調することによって、宇宙に存在するエネルギーを我が物とすることが出来る、

 

という仮説を私は立てているが、あながち間違いではなくそれは信じるという見えないエネルギーに支えられている。

 

 

それを阻むことに自らの思い込みがあるような気がしてきた。

 

思い込みで所謂、我が目の前に起こっていることの事実に目をそむけてしまう。

 

 

それで、後になって「 あれっ 」 って思ったことを追求すれば真実だったということに気がつき、

 

『 後悔先に立たず 』 という痛い目にあう。

 

 

 

そのように考えれば、まだまだ自分は開拓の余地があり、

 

この技を会得できれば、長寿も我がことになるのかもしれないと思う。

 

 

 

 

 

 

2018.10.16 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ