CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しい領域 | main | 有機 と organic >>
2018.05.07 Monday

ひと探し

 

 

 

 

 

 

ずっと贔屓にしてきた洋服屋さんが、無くなった。

 

その後、一度違う売り場にスポットで来ていると聞いて、その売り場に行ったがあいにく接客中だった。

 

 

そのときは、また会えると思い、特に用事がなかったのでそのまま軽く考えて声を掛けずに帰った。

 

 

 

 

 

その後、そのうち連絡が有るかと考えていたが、一向に連絡が無く、何処に行ったかと気になり始めていて、

 

一昨日、京都に洋服を買いに行ったついでに、知ってそうな売り場のお姉さんに聞いてみた。

 

百貨店というところは、男のことは女に聞いて、女のことは男に聞けば大概何かしら分かる所だということを知っている。

 

その通り、つては出来たので、そのオーダーメードの男性に名刺を渡しておいたら、昨日連絡が入ってきた。

 

 

 

この私の好きなブランドは、その彼の前にも洋服屋をする為に生まれてきたような人物の世話になっていた。

 

でも、売れ行きがいまひとつになって、方針が少しぶれて安い物を高く売るようになって、

 

これは間違っていると思っていたら、案の定あまり客が立ち寄らない売り場に移動していた。

 

その後、その宮川君という彼は、100%出来高で会社と契約し、自分の方針を貫く道を選び、

 

心斎橋の大丸だったか、難波の高島屋だったかの売り場に移った。

 

 

しばらくして、そのキアヌ・リーブスがおフランスで育ったような彼は、体調を崩して辞めたということだった。

 

 

 

仕方がないので、また京都の売り場に戻ると、一転して洋服ために身体を鍛えているような彼に出会った。

 

その彼は、イタリア育ちのような、ちょっと油断すると訳が分からなくなるような井出達で、

 

私には、彼の方が違和感が無くて日本人の香りが色濃く感じる人物だった。

 

 

 

今は、何処にいるのか、と聞いてみると、画像のところにいると言っていた。

 

たしかに、落ち着き先が決まれば連絡するという廃業の挨拶状が来ていたので、

 

まだ、そこに身を置いて間なしなのかもしれない。

 

 

さすがに、好いところにトラバーユしている。

 

芸は身を助くすというが、世渡り上手はあくまで Line で繋がっているのかもしれない。

 

 

やっぱり Line というのは、見えない糸に違いない。

 

 

 

 

 

 

 

2018.05.21 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ