CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いつもいつも望通りにはいかない | main | 清水旭山学園訪問 >>
2018.06.03 Sunday

美幌

 

 

 

 

 

 

「 横幅がフレームからはみ出してるぞ !! 」 と言うと、笑ってくれた。

 

 

なかなか豪快な男だった。

 

喰いたいだけ喰って、やりたいことをやっているって顔のように見える。

 

 

 

小さい頃から親の手伝いをさせられて、それが好きになれればいいが、

 

もひとつ好きになれなくて、それで大学に行って、大学を出ても 5 年ほど好きなようにしていて、

 

その間、ひとつ違いの弟は、小さい頃から農業が面白かったらしく、高校も農業関連の高校を卒業してそのまま親の手元に残った。

 

 

 

だから、家業は弟が継げばいいと思ってそのように弟に言うと、

 

弟は、羽目を外して生きてきたことがなかったので、ぐすぐす言っていたそうだが、

 

それぞれに、行く道の覚悟が出来ているそうで、それはこういうこと。

 

つまり、植え付けから収穫までが弟の仕事で、兄貴は収穫してからお金に換わるところまでをする。

 

 

 

この家族は、地域のリーダー的な存在で、よくある話しだが勉強会を中心に広い範囲のグループ化を進めた。

 

そのグループの収穫後も含めてお金に換わるところまでを、この兄貴が面倒を見るように勧めてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.24 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ