CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< イタリア野菜 | main | 大丈夫です >>
2018.06.17 Sunday

 

 

 

 

 

 

木曜日に、予想はしていたけど少し驚き、しばらく正気に戻れなかった訃報せが来た。

 

 

 

 

同じ年の同じ月に生まれ、同じように自分の我を通した食品しか売って来ていない、

 

言ってみれば仲間のような、人の気持ちは大切にしているけど、牧歌的な情緒に流されることは嫌ってきた商い。

 

 

彼の見出した商品は、ふたつネットで個人的に注文して買ったことがある。

 

ひとつは、岐阜の奥深くで林業のように氷を作る山の男たち。

 

もうひとつは、10時間余り低温で燻すベーコン。

 

 

どちらも、この世にふたつと無い商品だった。

 

 

いつだったか、日曜の最終便で小豆島の福田港から帰る船で、彼は降りてきたことがあった。

 

何処に行こうとしているのかは、分かっていたし、彼も目の隅で私を捉えていたが、

 

互いに声を掛けるのは 野暮 ということが分かっているので、知らぬ振りをした。

 

 

 

土曜日は、居られる間だけ居ようとずうと、みまもっていた。

 

 

でも、見送ることはしなかった。

 

 

 

いずれは同じになる。

 

 

 

 

ただ、帰りのトンネルの中で、ねじをひと巻きする気になった。

 

 

 

 

このスニーカーなら、彼の好みでもあるような気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.07.19 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ