CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 贅沢ランチ | main | 黄金色 >>
2018.07.26 Thursday

にっぽんのトップブランド

 

 

 

 

 

黒い台地のふかふかした土。

 

 

霧島のえびの高原のミネラルたっぷり。

 

 

なぜ、宮崎県小林市のごぼうが日本のトップブランドなのか、

 

 

食べれば直ぐに分かる、きめ細かくシットリしたごぼうに育つその訳は分からない。

 

 

ただ事実として、切り始めた瞬間から包丁の滑り込む感覚が、味の期待を膨らませ私をとりこにする。

 

 

 

 

ことしから、あらためてこのごぼうをしっかり売り込むことにした。

 

 

 

先ずは、その意思を伝えに産地に行き、農家さんにその挨拶を。

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪も暑いが、ここも暑かった。

 

 

降りたのは熊本空港。

 

ちょうど空から降りる頃、震度4の地震があったとかで、

 

またまた、高速道路が止まっていた。

 

 

 

ごぼうの仕分けをしてくれているのは、ベトナムからの女性人。

 

 

調べてみれば、ベトナムの夏は  32℃ か 33℃くらいで、彼女らも今年の日本の夏は堪えるらしい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農家さんの小林好孝さん。

 

 

無理を言って畑に入っていただきパシャリ。

 

 

小林さんの額も暑そうだが、暑くて、暑くて、畑には10分ほどしか立っていられない。

 

 

外の仕事は午前中だけにしているそうで、それゃそうだろうと思う。

 

 

それでも、この日はひとり女の人が体調を崩して、昼で上がったとか。

 

 

空調の部屋にいるより、こういう気候でも外で働く方が身体は良さそうに思うが、過ぎれば辛い。

 

 

 

この畑は出来上がっていて、来週くらいには収穫するということだった。

 

 

 

 

 

 

 

2018.12.07 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ