CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自転車置き場 | main | 土佐一のふるさと >>
2018.10.04 Thursday

この大葉の美味しいわけ

 

 

 

 

 

 

発掘調査に行った訳ではないが、誠の香りという大葉の産地に行ってきた。

 

 

さいきん、どうも調子が良くないので、どういう加減かを観に行ってきた。

 

 

やっぱり、今年は色んな作物も影響を受けているが、葉物も御他聞に漏れず、

 

 

大葉の相場は高値をずうと維持している。

 

 

夏の高温で樹が弱り、夏が過ぎれば、秋雨前線が居座り、日照不足で元気を取り戻せない。

 

 

本来であれば、梅雨で元気を無くしても夏で取り戻すが、今年は暑すぎて回復が遅く、

 

 

そのまま、秋雨が長く次の台風がこの前線を吹き飛ばしてくれないと、回復もおぼつかない。

 

 

ずうと、欠品無く、出荷し続けてくれていること自体が奇跡に近く、

 

 

本人曰く『 土地はいっぱいあるから、けちけちしないでいっぱい植えて、適切な管理をしていれば 』と、

 

 

つまり、数撃てば当る、的なことを言って笑ってた。

 

 

待ってくれているお客さんに不断に出荷することが周年作物の務めだからと真顔を言っていた。

 

 

 

小高い山で遣っているので、ふもとの民家が床上浸水するほどの被害を受けている地域なのに、

 

 

大葉だけは、守ったと、しょうがないといって風情で話してくれた。

 

 

聞くと、四人体制で破れたビニールを補修に上がると言っていた。

 

 

あの台風のさなかにそれをやるらしい。

 

 

遣らなければ、その風穴からどんどんビニールがはがれて、壊滅するから  らしい。

 

 

命がけだともいっていた。

 

 

対策は、と聞くと、換気扇を外向きに回して、ハウス内を減圧することで、

 

 

ビニールを骨組みに圧着させて、骨とビニールでハウスをガチッと固めて強固にすると説明してくれた。

 

 

なるほど。

 

 

それでも、停電では自家発電までの10分ほどのインターバルが、破れた原因だと言っていた。

 

 

 

 

事務所の入り口においていた化石を聞くと、ここらは海だったようで、

 

 

畑の造成をすると、貝の化石がごろごろ出てくるらしい。

 

 

だから、海の資材が畑よく合うんだ、そうだ。

 

 

 

なるほど。

 

 

 

だから、美味いんだ。

 

 

 

 

 

2018.12.07 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ