CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 面白かった | main | 贅沢なひととき >>
2018.10.21 Sunday

カフェ 藤田嗣治

 

 

 

忙しいさなか、京都に行く用事を済ませに行ったは良いが、

 

少し、お腹を空かせる必要があり、それで近代美術館では何を遣っているか調べて、

 

それで、この藤田嗣治を遣っているとのことで出掛けた。

 

 

『 何でも鑑定団 』 という番組が好きで、よく見ていて、こういう芸術作品を上手く紹介してくれる。

 

 

 

何となく、POP な人だと分かり、多くの人が昭和の初期頃にパリに行ったが、

 

そのなかでも、何となく素直というか、外的な時の状況に影響を受けやすいというか、

 

それが結局、定住ではなく、常に旅の空であったことと共通するのかもしれないと思いながら鑑賞していた。

 

 

けっか、この絵が一番気に入り、額に入ったそれらしき一枚を買って帰って来た。

 

 

耳で聴いたとおりの音を再現できる人、眼で視た通りを再現できる人、いいなあと思う。

 

私はと訊ねると、見たとおりに身体を動かせる人ということになる。

 

それだけでも、充分に幸せを感じ親に感謝したことがある。

 

 

 

まあ、出来ることなら、他にも自分の才能を見出せれば、それを使うことも出来るはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

2018.12.07 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ