CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インカのめざめ&メークイン | main | 古くて新しい形 >>
2010.05.17 Monday

移植 唐辛子

 





これで、いっぱいいっぱいだから、
いわゆる、”ズラシ”をしている。

今年は、南瓜も、発芽がおかしかったが、
唐辛子も、やっぱり、なかなか発芽しなかった。
根を出しているのを鉢入れしたが、それでも、芽が出ない。

2/3程度がここまで、育ってきた。
500から400に絞って定植と思っていたが、
現在300株程度しか、ないから畑が空いてしまいそう。

それでも、最初、弱々しい苗が、なかなか逞しく見えてきた。

言葉の彩だが、

『最初の実が出来たら、その下の側枝を二本残す』

どうも、この日本語を私は二年間誤解をしていた。
昨年の栽培途中で気が付いた。

私は、最初の実が出来る

この二股部分。
以来、全ての枝は、二股に分かれては、
その付け根に実を着けていく。
それは、いいのだが、
この最初の二股が出来るまでに、
側枝が5〜6本でてくる。
私は、その二股の直ぐ下2本を残して、
そこから下の側枝を、全部、取り除いていた。
どうも、誤解していると思った。
というのは、すぐ下の側枝は、あまり成長しない。
それよりも、取り除いた側枝の方が、はるかに立派だった。
どうもおかしいと思い、頭の中でもう一度読んでみたら、
何度、思い出しても【直ぐ】とは、書いていなかった。


で、今年は、‥と思っているが、
そうすると、その側枝を支柱に、如何止めようか、
‥と悩んでいる。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ