CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 冬の空 | main | 四万十の炭 >>
2019.01.09 Wednesday

123の日

 

 

 

 

『 季節のおたより 』 が届いた。

 

45R って洋服屋さんだが、なかなかありそうでない考え方でデザインしている。

 

 

ベッチンでダウンを包んだベストと、ちょっと渋くて軽めの色で織り込まれたマフラー、

 

藍染をして、その上に鉄分を多く含んだ泥で染めたジーンズ、

 

いずれも、機能とお金のことを忘れないと買えない洋服だが、

 

驚いたのは、馬の皮をなめして使ったコート、後学のためにと値段を聞いてみたら、70万円だと言っていた。

 

 

これはとてもじゃないが、買わない。

 

農機具だったら、買うだろうな。

 

もうひとつ、何で染めていたのか忘れてしまったが、

 

目を引く曰く言い難いブラウスが吊ってあった。

 

身体に馴染みそうで、これは考えたが、身体のラインが真正面に出てしまいそうなので、

 

滑稽にしか映らないことが予想されたので、着てみる気はおこらなかった。

 

 

相手も、私たち二人を不思議そうに見ていたので、お近づきに『 八百屋なんです 』 と正体を明かした。

 

 

京都のお店なので、取り組んでいただいているお客さんをいくつか話してみたが、

 

今は、野菜を取り組んでもらえていない、お店の話しをすると、そのお店の和豚もちぶたの大ファンだという。

 

 

そのお客さんは、昨年私と同じ歳の社長が亡くなられたが、和豚もちぶたをいち早く評価して取り組んでもらった。

 

だから、このもちぶたのファンだと聞けば、嬉しい。

 

 

自分が気に入ってお客さんに勧めている商材を気に入ってもらったら、

 

お勧めしたいし、その商材の良さを認めてもらえば、何でもしたくなる。

 

 

自分が、買い物をするときも、気に入った品物があればそれを扱っている人に敬意をもってしまう。

 

寄ると、買ってしまいそうなので、そうそう簡単に寄れないお店だが、品物のジャンルは違っても、

 

気分がよく分かるので、その輪のなかにはいたいと思う。

 

 

 

 

 

 

2019.01.16 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ