CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Retirement | main | Magic Bottle >>
2019.03.25 Monday

八百屋の薬膳

 

 

 

 

 

 

努力って、報われるか、報われないかと言うと、不思議とそれは必ず報われる。

 

きっと科学的な、つまり物理的で化学的な根拠があるような気がするが、

 

それが証明されるのは、もう少しあとの話しになりそうなだけ。

 

科学的に因果関係があるという事は、精神的な話しだけではなく、結果にもちゃんと繋がるということ。

 

ただ、化学的な影響も、物理的な影響も、最も科学的な要因で難しい時間という問題に係わってくる。

 

考えてみれば、進むも退くも同じ時間の流れ、力だが、宇宙には膨大な『 とき 』 が必要な、

 

時間の流れというのは、しずくが磐をも通すといわれても、気が遠くなるように思うのは、

 

先ず岩に水が浸みることから始まる事に比べて、ひとの一生が其れに比べてあまりにも短いだけ。

 

 

 

さて今は、スーパーマーケットの青果売り場を進化させてようと努力している。

 

 

今の段階は、おかゆに一所懸命になっている。

 

 

先週の木曜日から日曜日までで、4回もおかゆを食べている。

 

 

 

 

画像は、現段階で最も近い師匠である、小倉さんという中華料理屋さんの大将のお粥。

 

 

 

 

 

 

 

中華料理で店を開くのにどういう道のりがあるのか知らないが、マクロビオティックや薬膳に興味を持たれた奥さんが、

 

 

『 あなた、薬膳を勉強すべきよ 』 と勧めたらしい。

 

 

それで、今はお客さんからのお願いもあって、お粥のメニューを出していると先日言っていたので、

 

早速、訓えてもらおうと先日奈良まで出かけてきた。

 

 

 

そもそものこの方とのいきさつは、また先にするとして、

 

始めてお会いしたときは、軽い感じの人間と観られていたようで、話しがなかなか進まなかったが、

 

話しに相槌を打っている間に、私たちの思いがどれほどの時間を掛けて進んで来ているかを理解されて、

 

途中から『 先輩 』 と呼んでくれるような正常な関係を作る事ができた。

 

 

 

今回は、お粥を商業的な製品にするためにその基礎の話しを聞くことができた。

 

 

中国医学の考え方に、先ず『 中医学 』 には、『 生薬 』 つまり漢方薬のことだと思うが、

 

それが基礎にあって、薬にするほど時間を置かず結果が出るほど強くは無いが、

 

同じ結果を齎す『 中薬 』 と言う段階の物があり、これが日常の薬膳の素材に近くなる。

 

そこから、更に『 養生 』 という言葉が当て嵌まる『 食薬 』 と呼ばれるレベルまで下がってくると、

 

野菜を含む、すべての数学は加減乗除から逃れなれないように、問題はそのスピード(とき)に移る。

 

 

 

スピードが緩やかである事は実は大切な事で、簡単に言うと激しい環境の変化に固体は耐えられないということ。

 

 

だから、じっくり行く事に大きな意味がある。

 

最近流行の『 低温調理 』 もこの法則を活かした調理法で、その素材の持ち味を壊さず引き出す。

 

 

これが、『 養生 』 という言葉の本質で、日常の食事に摂り入れられる『 法則 』 を明らかにする事で、

 

その養生という法則は、自然の成り立ちの『 原理 』 を体系化したものであり、

 

その原理は、宇宙が存在し続けられる『 摂理 』 から連続して発生しているエネルギーに基づく。

 

 

 

これらにそろそろ科学も眼を向け始め、人類が経済を生み出してから数千年の流れが変わってくる時期が来た。

 

 

 

この流れに、我が青果業も則って、青果売り場が変わる事が理に適っていて、利に結びつくと考えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.04.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ