CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Hotel Artemis | main | 無理みたい >>
2020.07.11 Saturday

日本橋

 

 

 

 

 

ひょっとすれば、有限会社アルファーの歴史を変えられるかもしれない。

 

 

 

そのように考えれば、2008年に会社を小さくして以来、干支がひと周りもしているのだからいい頃かも。

 

 

 

 

ほんとだね、この会社ももう30余年になる。

 

 

始めようとしたのは、1987年だから、えっ間違いじゃないよな。

 

 

昭和62年11月創業届けを出した。

 

 

私が生まれた昭和28年は1953年だから、昭和62年は1987で合ってるよな。

 

 

そうか、今は未だ2020年か、2027年かと思ってた。

 

 

 

いやいや、びっくりした。

 

 

世間って意外とゆっくり動いてるんだな。

 

 

 

2027年は7年後だから、67に7足すと74か、周りの人を見ると未だ意識は大丈夫だな。

 

 

 

 

1945年に先の大戦が終了し、今年で75年経過しているとなると、そろそろ歴史の転換点を迎えてもおかしくない。

 

 

 

銀座線の日本橋駅を降りて、地下鉄はいつもそうだが何番の出口を上がるかで、地上に出てからのルートがまったく変わる。

 

 

 

調べるというより勘に近いが B5という出口を上がったが、少し様子がちがった。

 

 

 

どうも、iphon の map なるものは苦手だ。

 

 

 

以前も六本木の旧岩崎邸の会合に行くのに、歩いて5分だと聞いたのに、1時間近くも捜し歩いた。

 

 

 

今回も5分程度だと思うが、20分くらい探した。

 

 

結局、元の B5 の出口付近に戻って来た。

 

 

 

周りをよく見ると、道路案内に左に行けば国道1号線と書いてあった。

 

 

 

お江戸日本橋だもんね。

 

 

1号線の起点だから、この標識が一番役にたった。

 

 

これで分かると思うと、周りの店がようやく目に入って来た。

 

 

【 うさぎや 】とかいう和菓子屋さんのどら焼きが美味そうだった。

 

 

しばらくいくと、【 とらや 】 があった。

 

 

 

買いたかったけど、リュックは既に満杯で、遊びに来ている訳ではないので、

 

 

土産物の紙袋を持って、まさか商談に行き、そのままその紙袋を持ちかえる訳には行かないので帰りにしようと諦めた。

 

 

 

黒江屋って漆の老舗もあった。

 

 

 

 

 

初めて会うので、気を使って大きなマスクをしている。

 

 

 

覗いてみたかったが、早くに着いたので時間を早めてもらえないかとメールしたばかりなのでこれも諦めた。

 

 

 

やっぱり、江戸はいいなあと思う。

 

 

 

 

意外と商談は早くに終わったので、これならターミナル会議に間に合うと思うと、買い物どころではなく、

 

 

すぐにタクシーを探した。

 

 

1台は断られた。

 

 

田舎者め という目である。

 

 

 

もう一台通りかかった逆方向のタクシーを、車道を横断して停めた。

 

 

急ブレーキで止まってくれた。

 

 

 

こちらは、逆方向だと断られた先のドライバーと違い、ありがたい人だった。

 

 

自分なら、Uターンするがと思っていた通り、ターンしてくれて新幹線側に付けてくれた。

 

 

 

これで、ヨシッと思い、チケットを買い替えて、飛び乗った。

 

 

 

 

どら焼きも、羊羹も、漆のお箸も買えなかったが、会議には間に合った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ