CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 百日紅 | main | アメリカのおばさん >>
2020.07.22 Wednesday

土用の丑

 

 

 

 

 

 

鰻は明日だと勘違いをしていた。

 

 

 

明日のために、昨日お伺いした彦根のパリヤさんで、和田さんの長芋を買っておこうと思って買った。

 

 

 

 

大塚社長に、「 今日と明日で、鰻は金額でいくらくらい売れるの? 」 って聞いた。

 

 

 

「 明日なんか、ほとんど売れへんわ 」 との応えに気づくべきだったかもしれない。

 

 

 

 

さあ、帰ろうと思い会社を出たが、子供たちの分も予約しているのに彼らも何も言わなかった。

 

 

 

 

帰る階段を降りようとしたときに、一緒に帰る中澤が「 鰻は? 」と聞くので、一日日付を勘違いしている事に気づいた。

 

 

 

 

トップワールドさんの筒井部長に申し訳ないが、お店に今から行きますと伝言をお願いした。

 

 

お客さんの部長にそんな願いをするかとも思ったが、電話番号を調べるより、早くいかなきゃと思った。

 

ごめんなさい。

 

 

 

 

来年の土用の為に、長芋を使って食べる提案の画像を撮ろうとして、頑張った。

 

 

 

タレも自家製でと、頭と尻尾で出汁を引き、札幌の新醤で味を調えてくれると言うので、

 

 

その動画も撮影した。

 

 

 

 

 

食べる前に、ずいぶんと仕事をした。

 

 

 

 

 

さて、肝心の鰻だが、これがまたその作業を吹き飛ばしてくれるほど美味しかった。

 

 

 

いつもたれの味にごまかされて、鰻自体の味をあまり感じなかったが、

 

 

なるほど、さっぱりしたたれで、鰻自体の味がよく感じられ、その鰻が実にいい蒸し加減で、

 

 

口当たりも良く、味が最高だった。

 

 

 

天然の鰻とは別物だが、こっちの方が美味しいと思える美味しさがあった。

 

 

 

実は、社長に会いに行ったパリヤさんでも、食べてみたいと思う鰻が並んでいた。

 

 

 

少し趣が違う焼き方に見えて、3000円を超える値段が付けられていたような気がする。

 

 

 

 

別に土用だけが鰻じゃないので、今年の夏は、出掛けるあちこちのお店で鰻を買って帰って、

 

 

味比べをしてみたくなった。

 

 

最近、ようやくお店があちこち開いて、買い物をするようになったが、

 

自粛のおかげで小遣いが余っている。

 

もっとも、油断するとあっという間に無くなる程度の小遣いだが、

 

 

生きてるうちに使いたい。

 

 

後になって苦労しても、それよりキリギリスでいたい。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ