CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 段ボール | main | 勉強会 >>
2020.08.28 Friday

冬至用 恋するマロン

 

 

 

 

 

先月、春の南瓜が終わったと思ったら、もう冬の南瓜が芽を出している。

 

 

 

少し徒長しているように見えたが、どうなのだろう。

 

 

きっとセル苗なんだろう。

 

 

少し定植が遅れたのかな。

 

 

でも、これ以上小さければ作業も困難だろうし、

 

 

セルの升が小さいから競合するのかも知れないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

土は、すごく出来ているようで、そういえば田畑さんの、えっ田畑さんなんだ、

 

まるで農業の申し子みたいな名字だ。

 

 

いつもひら仮名で書いていたので気づかなかった。

 

 

 

そうそう苗字ではなくて土の話しだった。

 

 

 

もともと、有名なサラ玉ちゃんを作った男で、僕と同い年。

 

 

カネコ種苗というところがあって、そこの玉ねぎの種を沢山使うので、

 

「 僕の銅像を作ってよ 」 と 言うと「 まだ生きてる人の銅像もおかしいので 」 と、

 

 

ひまわりの種をいっぱい送って来たそうだ。

 

 

 

それを緑肥に使うんだと言ってた。

 

 

確かに物理性に富んだいい畑のように見えた。

 

 

 

野菜は土から出来るので、土が健全でなければ健全な野菜は当然育たない。

 

 

 

台風の後で、久しぶりに涼しい一日を過ごした。

 

 

きっとクーラーがガンガンだろうと、念のためにブルゾンを持って行っていたが正解だった。

 

 

 

冷気だけではなく、畑に降る雨も防いでくれたが、土も久しぶりの雨に嬉しそうだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ