CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 紅梅 | main | トラクター 爪の交換 >>
2011.01.15 Saturday

和豚 もちぶた は 〇〇の登録商標です。

 









とは、いうものの 排他的に使用できるのは、【和豚 もちぶた】 であって、
【もちぶた】なら、誰が使っても咎める事は出来ないって、おかしなもので、
ここんとこ、もう少しどうにかならないのかと思っているがどうにもならない。


最近は、『【和豚もちぶた】食べ放題』って看板のチェーン店もあったりして、
一度会社の中川と二人で行ってきたが、どうも二人だけ浮いている感じで、
それ以降、どちらからも 『 もう一度‥ 』とは、口から出て来なくなってる。



この画像は、中澤嬢がHPに和豚もちぶたのページを作るという事で、仕入先から送って貰った。
5枚も来てびっくりしたが、やっぱりこうして並べてみると、3枚とは違う迫力で皿から溢れている。
普段の商品は100g程でカットしているが、写真撮影用に150gで送ってもらうようにしておいた。

写真だから、100gと150gの区別がつかない筈だが、不思議なもので、ちゃんと写るのが写真である。

重量的には単に1.5倍だが、写真が利く口は倍以上にしゃべっているから、商品ってのは実に面白い。
おもしろいのだが、これに値札が付くと、今度は、威張っているだけに見えてきたり、高嶺の花になってしまったり、
そうは見せない売り場全体の力、店舗の力、会社の力、社長の考え方もあるのだが、まあ、画像としては見栄えがある。


ところが、 『縦の画像はホームページでは使えない 』と、この画像は却下されてしまった。


本人は、焼いたところも撮影するとの事で、ホットプレイトで焼いていた。
焼けたと言って、持ってきたので一切れ食べて、『 残ったら、持って帰ってきてな 』 と言っておいた。

 が、帰ってこなかった。

みんな美味かったんだろうな。

夜に、中川と牛肉を食べに行って、 『 もちぶたは、やっぱり美味いなあ〜 』 と。

そういえば、横浜まで二人で何回もこの豚肉を、大きなスーパーさんに提案に行って、 
先方の懐まで入らせてもらえて、座る席をもらえる寸でのところで、追い出されてしまった。
先方の希望がふたつあって、そのふたつともお断りしたら、もう懐を開いてもらうことは無くなった。

高松にも行った。名古屋にも行った。でも、全部敗れて帰ってきている。

商品としては優秀であるけれど、きっと、縁が無いのだろうな。



飼料効率って言葉があるが、間もなくやって来る食糧危機を考えると、牛肉は勿論の事、
豚肉ってのもいつまで食卓に上り続けられるのか‥それは分らないし、
ひょっとすれば、猪や熊が里に近付いているのをこれ幸いに、
『 畜肉は、やっぱり熊に勝るものはないよな 』
とか言っているかも知れなくて、



今のうちに、品行方正にして、猟友会に入れてもらって、猟銃を手元に‥ 。







全く違う方向に話しが飛んでいったが、このハンバーグ。

昨年の暮れに、小杉社長が採集した干しぜんまいを送ってくれる時に、誰かがこれも入れてくれていた。
以前は、『 私の口には合いませんねぇ 』 と、こんなお上品な口調ではないが、
あまり好きじゃなかったハンバーグが、どういう訳か今回は味が激変して、美味しくてペロッと食べてしまった。
すっかり、新製品だと思っていたが、誰に話をしても、怪訝な返事しか返ってこなくて、ちょっと違うのかなと思っていた。



そのことを、佳代子に話をすると、単に温めただけではなく、『袋に書いてある通り、にした』らしい。


で、袋には、

★なお一層おいしくお召し上がりになるには★
湯煎又は電子レンジで温めた後、フライパンにバターをおとしハ
ンバーグを軽く焼き、少々のワインと特製ソースをかけ、皿に盛
り付けてから少量の生クリームを加えてお召し上がりください。

と、書いてあった。


?   少し変な感じ。


要は、半製品だという事なのだろうか。



でも、これは、一考の余地がありそうだ。





コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ