CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 来訪者の家族 | main | ポテトのガレット >>
2012.01.30 Monday

ニンニクの草取り

 
 
 


この画像は、津堅島のにんじん畑を見に行った時に、撮った画像。

ここのにんじんは、やたら美味くて糖度は8度あり、
硝酸態窒素の残留値も7〜30(ppm)と低かったと中澤から報告があった。

やっぱり、舌も正しかった。

【 沖縄県津堅島産 フルーツにんじん 】 というネーミングで販売開始するらしい。


このにんじん畑に着いて、直ぐにふと道向こうの畑を見ると、右のおじさんが、
おじさんって、ひょっとすると私より若いかもしれないが、このスタイルで、除草と間引きをずうとしていた。
私は、見に来た収穫している畑よりも、関係ない隣りのこのおじさんが気になって気になって、
こっちの畑につきっきりで、ずうと眺めて、写真を撮っていた。
案内してくれた源古さんも、『 自分でこの畑に・・って言っといて変なやつ 』 と思っただろうな。 
こうして畑に這いつくばって、作業をしている姿に言いようのない気持ちに襲われていて、
自分も帰ったら、見習ってニンニクの草取りをしたくなっていた。


 


昨日から、気温は6度・7度しかなく、
ジッと這いつくばって草を取るには寒過ぎるが、
末吉健君に送ってもらった漁師用のマリンパンツって、
オーバーオールの形をしたカッパズボンを穿いて、
腰が痛くならない程度の、ええ加減さで挑んでいる。


草取りをひとりでやっていると、決まって、頭の中にはあまり出て来てほしくない事が出てくるので、

もう少し、面白い事を考えようと、末吉君に、
『 何、こがん程度の草取りに時間ばかかって・・ 』 と叱られている姿を想像してみたが、
やっぱり一人でボケているにも限界がある。

春になったら、来るかな  ・・・


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ