CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.06.13 Wednesday

昭和19年 申年

 

 

 

 

 

古くて新しいこともある。

 

 

話していて、写真を撮らせて欲しいと思った瞬間に、

 

あらら残念、お陽さんが雲に隠れてしまった。

 

 

 

今日、私が訪問することは案内の彼が事前に話していてくれていたのかもしれないが、

 

何を考えている奴なのかと戸惑いの表情で、堅かった。

 

 

麻衣が、手帳を忘れて手の平の上で苦労してメモをしようとしいるので、

 

私の手帳を渡して、「 息子なんです 」 と話しをすると、一瞬で顔が和らいだ。

 

 

 

どこか懐かしい雰囲気の方で、ひところ仲良くしてもらった佐竹会長の雰囲気に似ている。

 

 

もう、とまとは47年にもなる。

 

30年近く前に、初めてアルファーで畑を訪ねたのは、この地域で懐かしかった。

 

あの頃は阪和道なんて高速道路も無く、えらく遠いところだった。

 

『 アイドーラ 』って資材がその縁だったと記憶していて、

 

とうとう、与論島まで出掛けた縁だった。

 

当時の与論島は、それまで、

 

沖縄は外国で、

 

与論島が日本の最南端だったが、

 

復帰後、観光は沖縄に流れて、忘れられたような島になっていた。

 

 

 

あの頃は、まだ農業への未練が残っていた時期で、

 

この和歌山のミニトマトのハウスに来て、たしかこの時期で、

 

「 夏の暑い時期は、ハウスの中が40度を越すよ 」 とその時の農家に言われたことが、

 

小豆島で、暑い盛りでも負けずにベビーリーフの種を撒き続けられたのも、このことの記憶が支えになって、

 

ズボンを通り越してベルトまで汗で濡れ、Tシャツもひとりで脱げないほどビショビショにしながら頑張っていた。

 

 

すべてが懐かしい出来事になってしまっている。

 

 

 

そろそろ引き上げ時で、仕方がないと思い、うっすら影が差す中で「 お父さんの写真を撮らせてもらっていいですか 」 

 

と、カメラを向けようとすると、不思議なことにスゥーと影が消えていった。

 

彼にも、息子はいて一旦は家業を継ごうとしたしたようだが、

 

奥さんが農業には合わないということになったようで、離れていった様子だった。

 

「 昔と違って今は、何をしてでも食べていけるので、幸せになるために仕事をするのであって、

 

仕事のために不幸になるのであれば本末転倒だから 」 と話しをすると、

 

笑って、声にはならなかったが、「 そんなところだ 」 と聴こえた。

 

 

無理強いしたところで、碌な事はないからなという掟が、トマトの栽培から知ったことかも知れないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

土から出てくる樹も、終盤を迎えてぐるぐる巻きにされている茎も、ずうと同じ太さを維持することの技は分からない。

 

 

それが、この房につく実の大きさまで一定で、これは樹の力と合わせて摘果することがミソなんだろう。

 

 

手を止めて話していたかったが、格段にもれなく同じ房がぶら下がっているので、

 

 

この技にも興味がわいているが、それは話しが長くなりそうだ。

 

 

葉を触ってみると、もちろん水分は抜けているがしっかりしていて、

 

裏を覗くと、葉脈が頑張ってしっかりと役目を果たすんだという意思が見えた。

 

 

 

なにか、プレゼントされたようなひとときだった。

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.12 Tuesday

特栽つるむらさきの薬膳おひたし

 

 

 

 

 

 

徳島のつるむらさき。

 

 

ずうと気になっていた、事務所に貼ってあったJPの運賃表。

 

奥さんが、何やらコピーを始めた。

 

 

 

それ、僕のためにコピーしてくれてんの。

 

 

ああ、わかった、わかった。

 

 

苦笑いしながら、一枚多く刷って手渡してくれた。

 

未だ親しくも無いのに、あつかましく当然のように物を言う人間に、『 お前もか 』 ってところだろう。

 

 

 

ここのお父さんは、何でも『 お母さ〜ん 』 で事を済ます。

 

 

農家だから、家が広い。

 

最初は肉声で呼んでいるが、歳も重ねると大声を出すのもしんどい。

 

それで、携帯電話で『 お母さ〜ん 』 と呼ぶ。

 

 

 

前回、『 えっ、そんな事で呼んだの 』 と呆れていたので、私は大笑いした。

 

 

今回はとうとう、『 ここに居て 』 と呼んで留まっていることを要求した。

 

そういえば、このお母さん呼ばれた用事を済ませると、さっさとどこかに行ってしまう。

 

 

 

でも、どうやら畑はすべてお父さんの仕事らしい。

 

 

松の実とゴマをすり鉢でゴリゴリ。

 

 

 

立派な薬膳料理。

 

 

まあ、美味いからいっぺん喰ってみなしゃれ。

 

 

 

 

 

 

2018.06.10 Sunday

廃刊の記事

 

 

 

 

 

Beat Generation という言葉自体が、一般的ではないと思う。

 

それなら、薬膳の方がまだ馴染みがあるかもね。

 

 

2 年前の秋に、10 数年振りにアメリカに行く機会に出会い、

 

そこのスーパーマーケットが、何故そのような状態にあるのかの根本理念に、

 

50 年以上掛けて、Beat Generation ⇒ Counter Culture があると感じたので調べたページが、

 

NEWYORKER MAGAZINE

http://www.newyorker.co.jp/magazine/know/iconoftrad/5863/

 

 

何ともはや、懐かしい。

 

もう、この手の本を始めて我が実家の店で手にして、48 年も経つ。

 

48 年なんて時間は、永遠に近い気の遠くなるような時間の長さに感じた年頃。

 

 

先日、アメリカで出会ったこの時代の Hippie 二人、

 

ひとりは、同じ歳、もう一人はふたつ上。

 

それで、何となく、お気に入りに入れていたので、読み返し、

 

ついでに、そもそもこの記事はなんに掲載されていたのか、そのものの一部始終に目を通した。

 

 

確か、洋服屋で NEWYORKER ってトラッドのブランドがあり、一時期このブランドを着ていた。

 

そこが発行する Web Magazine だった。

 

 

 

そこの、ARCHIVES ってコーナーにインタビュー記事が集まっていて、『 美人白書 』 って言うのがあった。

http://www.newyorker.co.jp/magazine/interview/bijin/2977/

 

 

 

 

 

彼女は 国立北京中医薬大学の日本校に通い始めたそうです。

 

 

 

 

 

おかしな表現ですが、自分の中では一般的でない事柄が、一般的な MAGAZINE に載っていること自体が、

 

50 年の時の流れを感じます。

 

 

 

先日、スーパーマーケットトレードショーの当社ブースを訪問した人が使っていた言葉、

 

『 感度が高い 』 

 

この言葉の持つ意味が、何かの尺度を現していて、

 

これが、ビジネスの明暗を分けるひとつになっているかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.09 Saturday

有機のたまねぎ

 

 

 

 

 

北海道にも春衣を着てる。

 

 

しっかりした、良い苗だ。

 

 

玉ねぎは、世話要らずというが、そんなことはない。

 

しっかり世話をすれば、こんなに良い状態で幼少期を過ごす。

 

何でも苗半作というが、玉ねぎは特に苗で八割は決まると言われている作物。

 

こうして見ると、そのことに頷けるような気がする。

 

 

 

ところが、品質を問わなければ、玉ねぎは言うように植えれば出来る。

 

アメリカのシカゴは、原住民の言葉で玉ねぎを表すチカゴという言葉に地名がなっていて、

 

当時は、野生の玉ねぎがそのまま朽ちて、あたり一面は玉ねぎ臭くてたまらなかったと言われているらしい。

 

 

そんな訳だから、たまねぎは米と同じで、季節が来れば必ず農家が植える。

 

だから、気候が良ければ、玉ねぎは市場に溢れ、タダ同然での売り買いにさらされ、

 

其れで良いと思う店は、その安い玉ねぎしか売らないので、利益は出なくなる。

 

 

それでも、春になればいつのまにか、玉ねぎが市場から消えてこの玉ねぎに人気が集まってくる。

 

 

 

 

実に不思議なことが毎年繰り返される。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.08 Friday

上場企業のにんにく

 

 

 

 

 

どうも、我が社はにんにく産地が定着しない。

 

 

だいたい 5 年から 10 年で、関係性がおかしくなってしまう。

 

それで最後はひとまかせにしてみた。

 

それでも、うまく行かなくて、とうとう自分でゼロからやってみることにした。

 

 

 

 

 

 

 

いつもなら、雨が降ろうが、槍が降ろうが、行くと決めたら行っていた。

 

今回は、一昨日がその予定だったが朝からのジャンジャカ降りで、一日延期をしてもらった。

 

 

上天気の日に行きたくて、一日日延べにしてほしいというと、午前中ならいいですよと言われ、

 

行ってみると、みんな総出て収穫作業をしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど収穫頃になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から収穫したものを、別な畑を見に行っている間に、この収穫後の場面を見せてくれようとしたのかどうか、

 

バッチリ、全工程を見ることが出来た。

 

この画像は、収穫後から乾燥までの下処理の現場。

 

 

 

 

 

 

これが、250 コンテナ入る乾燥設備が、13レーンだったかな、

 

数えなかったが、ずらりと並んでいた。

 

始まったばかりの事業なので、

 

コンテナだけじゃなくて、

 

何もかもが新しい。

 

新しくないのは、

 

従事している人たちだけ。

 

面白い試みだと思って楽しみにしている。

 

社長は、大阪の岸和田の出身ということで、聞くところによるとのりの良い方だ。

 

収穫時期になると、全国 5 箇所の工場から工場長が集まる工場長会議があるらしいが、この時期はここで行われる。

 

 

当然工場長会議なので、本社からの経営陣が集まる。

 

会議の翌日は、社長を筆頭に全員が収穫作業に勢揃いして、参加するらしい。

 

えらい人件費の高くつく収穫作業だが、それが大切な作業でひょっとしたら東証一部上場企業の参入モデルになるかも。

 

 

にんにくでトップシェアーを狙うつもりは無いらしいが、地方に工場を持つ企業は是非考えてみて欲しい。

 

何せ、工場に従事する皆さんは、どちらかというとこちらが本職みたいなもので、滅茶苦茶動きが素早い。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、そのうちの 1 機。

 

 

35 度の温風を左手前から奥に流して乾燥させる。

 

 

この仕組みを小豆島では、手作りでやった。

 

 

 

 

あの頃に、作るのはわしらに任せて、それを売ることに専念して欲しいと農家に言われたことがあるが、

 

 

そのひとの息子のじゃが芋は、いまは売っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.07 Thursday

カリーノケール

 

 

 

 

 

大きな瓶がふたつ置いてあって、中を覗き込んだら金メダカが泳いでいた。

 

 

むかし、アルファーでも飼っていた。

 

 

これくらい大きい瓶だと、水を代えずにすんで楽かもしれない。

 

 

高松の帰りに「 寄りたいが・・・ 」 と言うと、「 どうぞ、どうぞ、寄って下さい 」と。

 

 

出会いの頃は、つぼみ菜とか、かつお菜とか、数種をやったが、直ぐに終わってしまい、

 

今は、カリーノケールだけになって、細々としたお付き合い。

 

 

カリーノケールがそろそろ終わりということで、寄ってみたが、

 

 

 

 

 

 

隆々として立派に育っていた。

 

前回来た時には、ほんの背丈が 10cm 程だった。

 

今から梅雨に入り、北海道や信州に移るまで、ケールは端境期に入る。

 

これは、良い産地に出会ったような気がする。

 

ケールは、キャベツやブロッコリーの親に当たる作物だと聞いているが、

 

キャベツと滋養要素を比べると、ビタミンC は 2 培、カルシウムは 5 培、

 

抗酸化作用の王様、β‐カロテンは約 59 培 もあるそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、このカリーノケールを原料にペーストを試作中とサンプルをもらった。

 

 

早速、パスタを作ってみた。

 

 

 

 

正直言って、これはすごいよ。

 

オリーブオイルと塩を入れて、パルメザンチーズとにんにくで味を調えてある。

 

これを聞いただけで美味いと分かるけど、逆にこれだとカリーノケールの味がよほどしっかりしていないと。

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.05 Tuesday

滋味

 

 

 

 

 

お中元が終わったと思えば、もうお歳暮の企画が始まり、

 

お歳暮が終わったと思えば、もうお中元の企画。

 

 

時はどんどん過ぎ去り、息つく間もない。

 

 

 

つい先日、あちこちから『 有機のキタアカリがむっちゃ美味い 』と大評判だった。

 

その北海道の畑に行って来た。

 

 

もう、芽が生えてきていた。

 

 

じゃが芋の味は、ふしぎだ。

 

 

美味しく育てる為に、どんな工夫をされているのですかと聞いても、

 

『 何もしていない 』 と大概言う。

 

 

 

案外そういう事かもしれない。

 

 

基礎的なことは、もちろんしっかりやる。

 

やるべく基礎的にことをやらずに美味しいじゃがいもは育たない。

 

あとはじゃがいもに任せて、寝て待つこともすることのひとつなのかもなとも思う。

 

 

でも、それでは不安な農家は色々考えて、山海のミネラルをあれこれ施肥する。

 

これでも、美味しい味のじゃがいもは確実に育つ。

 

 

 

FIRST IMPRESSION というが、

 

ひと口目に IMPACT のある味になる。

 

でも、ほんとうにひとが感動する味というのは、これではなくて、

 

俗に言う、噛むごとに味が増す、あるいは食べるごとに味が積み重なる美味しさに評判が集まる。

 

 

ついつい派手な味に目が向きがちだが、こういう地味な味にこそひとを動かす力があるのかも知れないと思う。

 

 

 

滋味、これって、ひとも同じ?

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.04 Monday

清水旭山学園訪問

 

 

 

 

 

 

 

こういう社会福祉法人には詳しくない。

 

いままで、お付き合いする機会に恵まれなかった。

 

でも、私が訪れたところは敷地に入る門からして、なかの様子がそう多くないところに思えた。

 

 

 

ここで、隣町の帯広市の和田農園さんが栽培する長芋の摩り下ろし加工をしていただけるということで、

 

その商談に訪問させていただいた。

 

 

運転手を務めてくれたのは、株式会社まほろばの常務取締役大橋和則氏。

 

 

大橋さんと北海道を回るのは、何度目かでいつも私の個人的な用事も一緒に快く回ってくれる。

 

 

 

13 時の和田さんとの約束なので、千歳空港から直行しても寄り道する余裕はない。

 

 

でも、後髪を惹かれる思いを察してくれたのか、「 お蕎麦を食べて行きましょうか 」と言ってくれて、

 

出来れば、と応えて食べに寄った。

 

 

「 旭山学園農志塾 」って関連部門があるのだと思うが詳しくは未だ知らない。

 

そこの経営で自社の鶏や蕎麦を出しておられるのだろう。

 

 

 

鶏はホームページを見ると、「 北海地鶏 」 とあるので、地鶏申請もしているのだろう。

 

鶏肉は、美味しかった。

 

十割蕎麦は、力強い打ち方だった。

 

画像の地鶏卸蕎麦って名前だったか、天かすと大根おろしと海苔が別添で、

 

こごみ(自信はないが)のてんぷらと、北海地鶏の角煮が乗せられていた。

 

これで、900 円は安いかな。

 

 

味は、ぺろっと平らげた。

 

 

 

商談は難航して、でもひとの為でなければとっくに諦めたが、

 

ここでは諦める訳にはいかず、なんとか粘って、うんと言ってくれなければ動かない気構えでいた。

 

 

こんなにがんばるのは、生まれて初めてだった。

 

だって、そもそも頼まれての商品開発だし、その開発に関係のないひとが 3 人も動いてくれていて、

 

それで、張本人の私が軽くいく訳には行かない。

 

 

 

まだ、手順はいっぱいあるけど、とりあえず現物は出来た。

 

これを新潟の基地に移動させて、そこで商品化する手順が残っている。

 

これも足を運んで頼みに行かなければ出来そうもない。

 

そこまでして、道をつけても、それぞれにプライドもあり、高い代物になりそうだ。

 

 

 

 

 

 

2018.06.03 Sunday

美幌

 

 

 

 

 

 

「 横幅がフレームからはみ出してるぞ !! 」 と言うと、笑ってくれた。

 

 

なかなか豪快な男だった。

 

喰いたいだけ喰って、やりたいことをやっているって顔のように見える。

 

 

 

小さい頃から親の手伝いをさせられて、それが好きになれればいいが、

 

もひとつ好きになれなくて、それで大学に行って、大学を出ても 5 年ほど好きなようにしていて、

 

その間、ひとつ違いの弟は、小さい頃から農業が面白かったらしく、高校も農業関連の高校を卒業してそのまま親の手元に残った。

 

 

 

だから、家業は弟が継げばいいと思ってそのように弟に言うと、

 

弟は、羽目を外して生きてきたことがなかったので、ぐすぐす言っていたそうだが、

 

それぞれに、行く道の覚悟が出来ているそうで、それはこういうこと。

 

つまり、植え付けから収穫までが弟の仕事で、兄貴は収穫してからお金に換わるところまでをする。

 

 

 

この家族は、地域のリーダー的な存在で、よくある話しだが勉強会を中心に広い範囲のグループ化を進めた。

 

そのグループの収穫後も含めてお金に換わるところまでを、この兄貴が面倒を見るように勧めてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.05.31 Thursday

いつもいつも望通りにはいかない

 

 

 

 

 

You can't always get what you want.

 

 

そんなこと分かってるよ、と言いたくなるが、心を痛めることが多い。

 

 

昨日行った「形成外科」というクリニックは、よく繁盛していた。

 

何もかもにお金を掛けた設えがしてあり、あきれたのは洗面所に設置してあるペーパータオルまで、

 

見た事の無いような、森林伐採問題など何処吹く風といった様子のティッシュを思わせる、極めて上質な代物だった。

 

 

 

その前日の「 眼科クリニック 」もそうだったが、まったく同じ雰囲気の、

 

お金を稼ぐならこのスタイルという、パターンが確立されているような気がした。

 

そういえば、10年ほど前に散髪屋で紹介された耳鼻科のクリニックも、同じようなパターンで、

 

いずれも医者ひとりに、看護婦さん・事務員さん4〜5人がついたチームになっていて、

 

とくにこの耳鼻科は、如何に効率良く時間当たりのパック詰め数を増やすかミーティングを当社ではしているように、

 

来院する患者を卒なく効率的に時間当たり捌くように、ミーティングを重ねているような一体となった動きに呆れた。

 

 

私は、初動の処置を受けたまま放置されていて、あまりにひどいので自分の判断で立ち上がった。

 

すると、看護婦さんは目を剥いて「どうして指示に従わないのよぉ〜」という風情で私を叱りつけた。

 

冗談じゃない、あなたは私の耳の中が見えるのか、ふざけるんじゃないと一喝した。

 

 

そのあと、この診療室の雰囲気をひと言で表す台詞を吐いたと思うが、さすがに当の張本人は意味が分かったらしく、

 

恐縮して、私の診療を優先して対処した。

 

 

対処中、別に他意はないよということを伝えるため、柔らかい声で質問をすると、

 

その医師は、理解をしたらしく安心して丁寧に応対してくれた。

 

患者が医院に気を使わなきゃいけないなんておかしいだろうと思う。

 

 

 

それでも、自分では処置できないから医師の力を借りに行く訳で、処置してくれれば感謝の意は湧く。

 

 

形成外科医の彼は、写真を撮っていいかと了解を求め、

 

つまり、業界のサンプルにしたいのだろう、このパターンも多いが、

 

施術後、しばらくしたら様子を見せに来てくれませんかと随分丁寧な物腰で言っていた。

 

行けば、1〜2時間のロスになるが、その程度のお礼はしたいと思うので、仕事の様子を見て来ますよと返事しておいた。

 

 

残念なのは、施術をしたがらず投薬で済ませようとする彼に、して欲しいと意思を強めに言うと、

 

「 6千円ほど掛かりますがいいですか 」と聞いてきたとき、何故「 ローンでいいですか 」と言わなかった後悔だ。 

 

 

 

もちろん部分麻酔だが、私は麻酔を打たれると・・・・・、しかも昨日はまぶたは麻酔が効き難いと、

 

随分沢山の量をまぶたに打たれたので、あたまは酩酊状態になって、クリニックを出て道路を渡りしな、

 

危うく、バスに惹かれそうになった。

 

 

知覚の扉が開かれてしまい、全体の状況認識が狭くなっている。

 

これは、注意をして運転しなくてはと思い、普段より丁寧に周りを見ながら帰ってきた。

 

会社に戻ると、画像の花が活けられていて、なかなか命溢れる様子とセンスに惚れ惚れしていた。

 

 

麻酔が切れる数時間後に目に入ってきたときには、これらは平面的にしか見えず、

 

なんと人間は損をしていると、哀しくなってしまう。

 

 

 

今日は、せっかく美味しい北海道産の有機栽培ホワイトアスパラガスを見つけたのに、

 

2割も輸送中のロスが出てしまい、このままで取引継続が難しくなるので、

 

つぶさにその要因の特定と、対策を考えなければいけない。

 

 

 

科学的な事実の究明が進むと、わかりやすく世界が成立していくので、

 

スピードが上がり、その分非科学的で真実を現しているのに見過ごしてしまう残念さを取り戻さなければ。

 

 

 

ちなみに、記念にペーパータオルは、5枚ほどポケットに頂いてきた。

 

そうそう身体のことだ、今日は2時間ほど多く眠った。

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ