CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.06 Friday

島原半島のデジマ

 

 

 

 

 

 

 

今日は、久しぶりに小雨のちらつく曇り空。

 

最近、こういう低気圧の天気が苦手になってきた。

 

頭のスイッチが入りにくく、身体全体がどんよりしてしまう。

 

 

 

この日は、前夜宿に訪ねに来てくれた末吉夫妻の畑に行って来た。

 

末吉君に娘の話しをしていると、末吉君も今年は 40 才になるらしい。

 

同じ歳だから当たり前だが、なんか、そうなのかと思ってしまった。

 

 

 

たしかに、じゃが芋作りもベテランの域に達してきたかもしれない。

 

 

 

末吉君の畑も、半島全体の畑も、今年は良さそうな顔つきをしたじゃが芋の葉が並んでいる。

 

 

 

男爵ほどではないが、さすがに末吉君の葉は若い命に溢れているように見える。

 

この調子だと、あとひと月余りで収穫できそうだ。

 

 

 

今年はあまりあせらず、どうせ豊作で市場は安値になりそうだから、

 

畑でじっくり熟成させて、味を濃くしてから出してくれればいいような気がする。

 

前日に森さんが、長崎は新じゃがの県だから、じゃが芋の相場が高くないと、なんとなく景気がよくならないと言っていた。

 

 

 

なんだがすごく懐かしい表現のように思えたが、気分てのはそういう事かもしれない。

 

 

 

 

じゃが芋も南瓜も、葉が実を作ることには変わりないから、

 

葉がしっかりしていてほしい。

 

 

葉がしっかりするためには、茎は確かに短い方がいい。

 

茎にエネルギーが行くより葉に栄養が行き、光合成工場の葉を高機能かした方が、

 

じゃがいもにとっては有利だし、そう考えると茎があんまり伸びずにその分、葉が横に広がればいい。

 

これは、末吉君が言うとおりだと思うが、それにはどうすればいいのかと考えると、

 

生き物は、陰性になるほど地球の遠心力の力を受けるので、同じ元素でも生き物として与えるなら、

 

生き物としての性質が陽性の物を選ぶと、向心力の影響を受けて背丈が伸びなくて済む。

 

 

この議論は、アルコールとビタミンC はどちらが陽性かという話し。

 

どちらも炭素と水素と酸素の化合物だから似たような物だが、

 

調べてみると、ビタミンC は、アルコールを分解してくれるらしい。

 

分解してくれるということはどういうことなのか、俄かには考えつかないが、

 

吸収しやすいのはビタミンC という事になりそうで、それは別としても、

 

今年の春は暖かいので、そう考えればビタミンC の方が季節に合っていたかもしれない。

 

 

まあ、植え付けの 2 月が寒かったので、その対応策としてじゃが芋がそこで伸びずにいる性質が備わったのかも。

 

3 月中旬からが暖かかったので、ここでその三つ子の魂の性質をもったまま成長すると、

 

 

何回も言っているように、効率良く実にエネルギーが行くような気がしてきた。

 

この間の好天で、水分も乾燥気味で、陽性に傾いたかもしれない。

 

これで、ひと雨降れば、じゅがいもは美味しく大豊作となりそう。

 

 

大豊作となれば、美味しく安いじゃが芋がみんなは食べられ HAPPY だが、

 

農家は、安くて売れなくて、哀しい習性が待っている。

 

 

 

まあ、不作で苦しむよりはいいだろう。

 

 

 

さて、今日は富山まで出掛けてくる。

 

 

 

2018.04.05 Thursday

ながさき

 

 

 

 

 

久しぶりに長崎にやって来た。

 

 

そよ風が入るハウスで、防草シートの上に腰を下ろしていると、

 

ひさしぶりに、畑にいる気分がして気分が良く、前夜の馬鹿な話しが消えていった。

 

 

 

 

 

 

 

今年のニラは、ふた月休んだだけあり、例年に増していいみたいだ。

 

 

夜に、末吉君夫妻も旅館に遊びに来てくれて、昨年いっぱいニラをもらったそうだが、絶賛していた。

 

 

 

 

 

 

株元は、こんな感じ。

 

大げさに言えば、鉛筆の太さほどあるように見える。

 

もともと、太いニラを作る人だが、一段と太く見えるので、10g 以上はありそうやねと言うと、

 

もっとあるでしょう、と言っていて、私もそのように見え、ひょっとすると 15g くらいもあるかもしれない。

 

 

うちは、午前中に出荷してもらわないと間に合わないから・・と言うけど、

 

これなら作業も早そうで、力を入れて販売すれば沢山出荷してもらうことも出来そうだ。

 

 

来週から、本格的に出荷が始まる。

 

 

 

でも、所詮葉物なので昨今の運送費の値上げで、ほとんど利益が無くなってしまって、さて、どうしたものか。

 

 

 

 

仕方がないので、3 円だけあげさせてもらうかな。

 

 

 

 

 

 

2018.04.04 Wednesday

にんにく

 

 

 

 

 

 

スタートから到着まで、さくら、さくらだった。

 

 

加古川って川の堤に延々と桜が植樹されていて、いったい距離にしてどれだけになるのか見当もつかなかった。

 

 

 

 

にんにくは、5 月末から 6 月初めにかけての収穫になる。

 

 

昨日は、アルファーの栽培台帳にどのように記載すれば良いのかという問い合わせもあり、

 

それなら、出掛けます という事で、話しをしに行って来た。

 

 

 

慣行基準が当該地域でないかと思ったが、戻って調べてみたらあった。

 

 

17 回の 26 kg 。

 

 

 

 

ホワイト六片と上海早生の両品種。

 

その両方を取り扱うことになる。

 

 

 

まあ、何処までやり切れるか楽しみになってきた。

 

 

 

 

 

 

 

2018.04.03 Tuesday

サッシー POTATO

 

 

 

 

 

 

新手のじゃがいもが出てきた。

 

 

2009 年に品種登録されて誕生した。

 

 

インカのめざめ 同様、熟成型の芋らしく、昨日初めて出てきた。

 

 

ちょっと驚きの味だった。

 

 

 

 

多収型の品種で、芽が出にくいそうだ。

 

 

 

だから、ひょっとするとと思っている。

 

 

で、しばらく緑化を防ぎながら、どの程度の日数で芽が出てくるか実験をする。

 

 

うちに届くまでに、何日間常温にさらしているか、分かる範囲で特定する。

 

 

 

 

追ってレポートする。

 

味は、栗とさつまいもを混ぜたような味で、ほのかにじゃがいもの出自を残している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.04.02 Monday

たけのこ

 

 

 

たけのこの料理動画を撮った。

 

 

もう、たけのこも穂の部分しか食べられないが、

 

この白味噌で作った、木の芽味噌が美味しくできていたのか、こんにゃくも美味しかった。

 

 

 

料理動画も随分たまってきて、もう 110 本くらいになったのかなあ。

 

 

ちりではないが、積もれば山となる。

 

 

まずまず、これからかな。

 

商品紹介で、昨年の料理動画を使えるようになってきた。

 

 

これをずうと待っていたので、うれしい。

 

 

 

 

2018.04.01 Sunday

残念ながら負けました

 

 

 

 

 

いちばん左が朝日君。

 

今大会一番のヒッター。

 

残念ながら、今日唯一のここって時に、一本が出なかった。

 

まあ、そういうものかもしれないが、増居君の好投がかえって重圧になったのかもしれない。

 

 

昨年の夏の立役者でもあり、2 回戦の青森山田の最後のバッターで、

 

彼が出ていればひっくり返せたかもしれない場面で、うまく三遊間に打ったのだが、

 

相手の三塁手の、思わず出したグローブに、スポッと入ってしまった非常に惜しい打球を放っていた。

 

 

 

 

 

 

孤軍奮闘とは言わないけれど、

 

すごいピッチャーだって事は、その試合で分かっていたが、

 

ここまで投げきれるとは思っていなくて、でも、この半年で成長したのかなと思う。

 

実際、身体も一回り大きくなったように見受けられた。

 

 

6 回までパーフェクトで、9回終了までノーヒットだった。

 

10 回に 2 本のヒットと、犠牲フライでサヨナラ。

 

右打者の外角に球ひとつ分外れたところにストレートを投げ、同じ起動でスライダーを投げるイメージで、

 

キャッチャーの要求通り投げたら、そのまま球ひとつスライドし、相手の主砲を見送り三振に切ってとった。

 

これには、さすがに自分でも調子に呆れるしかなく、苦笑いをしていたが、このひとつとっても如何に客観的に、

 

自分の今日の調子を見ていたのかが分かり、それなら打者としての自分の役割も見てみる視点が加わればチームは変われる。

 

 

 

確かに見た目はずうと押してた試合だったけど、チームの力としては、

 

初戦の慶応義塾高校とは互角であっても、花巻東はワンランクかツーランク上のような気がした。

 

 

 

それゃそうだろう、この 2 校は高校の部活動の域を出ていなくて、

 

花巻東は明らかに、野球をしに高校に来ている感があり、身体はふた周りほど大きいし、

 

その厳しさでは、比較にならないほど違うような気がして、比べることすら失礼な気もして、それが随所に現れた。

 

 

 

阪神の江夏が、延長 10 回か 11 回までノーヒットノーランで、とうとう自分で本塁打を打って試合を決めた。

 

 

一瞬、増居君も自分で打つんじゃないかと思った。

 

結構、いいスイングをすることは見て知っているので、もしかしたらと思っていたが、

 

自覚はしていないみたいだから、今日のライト前のクリーンヒットで、打撃に対する興味に目覚めてくれれば面白くなる。

 

 

 

もうひとり、永井君って小柄な 16 番を背負ったレフトを守ってラストを打っている選手。

 

 

気持ちの優しさが先に出てしまうタイプのような気がするが、自分が監督をしていたら、

 

昨日の試合は、その前の試合を見ていれば 2 番に上げる。

 

確かあのスタートの遅さはセーフティースクイズだったと思う。

 

転がったらゴーだが、あの転がりではバックだったね。

 

今頃冷静に振り返って、そのことに気づいている時間帯かな。

 

判断力ってのは、悔やんでも取り返しのつかない経験をして初めて身につく事だって発見してくれれば、

 

今後の彼の生き方にプラスになるかもしれない。

 

 

でも、一番その思いを募らせているのは、監督だろう。

 

つらい仕事のように思うが、それが仕事なので、選手を育てて選手に育てられることを知れば、

 

きっと、味のあるゲーム運びが課題になるような気もする。

 

数年前に今回の膳所校と同じように 21 世紀枠とはいえ久しぶりに出場機会を与え、

 

昨年は、打てるチームに育て、夏に滋賀県を制覇して、見事打ち勝って一勝を果たし、

 

そして今年の春に、近畿大会ベスト 8  にも係わらず、選抜される実力を築き上げてきた手腕は見事なもんだ。

 

 

 

ひと場面ずつ書けば切がないが、まだ続きがあることを期待して、ここらでよかろうかい。

 

 

 

 

 

 

2018.03.31 Saturday

春爛漫

 

 

 

 

 

 

このお店の青果チーフさんは、吉田さん。

 

 

もう何年前のことか思い出せないが、青果チーフ全員参加で沖縄研修に行った。

 

 

その時に、いちばんおとなしい吉田さんで、すこし心配になっていた。

 

それからしばらくして、確か北野店から辻井店に移動になって、辻井店さんにはよく訪問するので、

 

その時々で顔を合わせられるようになって、私の顔を見ても笑ってくれるようになり、喜んでいた。

 

 

 

 

その店が、移転してリニューアルされて、超人気店になった。

 

 

前にも増して頻繁に顔を合わせるようになったが、なんとなく、自信が顔に出てくるようになって、

 

私もおおよろこび。

 

 

 

バイヤーに話しをすると、それゃこれだけ数字が伸びれば・・・・と、笑ってた。

 

 

やっぱり、結果って大事なんだ。

 

 

 

ひとが成長するのに、成長するから結果がついてくるのか、結果が出れば成長するのか、

 

そのふたつが上手くかみ合えば、結果的に成長したということなんだろうけど、

 

それなら、まわりの人間のサポートがないと、ひとはなかなか成長できないって事になる。

 

 

 

我が社でも、上を退けて成長しやすい状態を作ろうとしているが、

 

いまから、3ヶ月間が勝負かな。

 

 

ちょっと気を張って、注視しておかなければ。

 

 

 

よく、昔は会社も若ければ自分も若いと自分に言い訳をしてきた。

 

 

いまは、会社も 30 になり、自分ももうすぐ 64 、違った 65 になる。

 

もう、言い訳は出来なくなった。

 

 

 

 

 

 

 

2018.03.30 Friday

新しい店

 

 

 

 

 

 

春のうららかな日。

 

 

オープンテラスに人はいなかった。

 

 

もっと緯度の高い国の肌の白い人たちなら、おひさんのありがたみが違うから、

 

きっと、こんな日はここに集まっているだろうと思うが、そういえば、今は桜の時期だから、桜の下に集まっているのかな。

 

 

 

 

このお店は、今日も駐車場はほぼ満車だった。

 

 

 

 

 

 

2018.03.29 Thursday

辛抱強く

 

 

 

 

 

一塁側なので、午前中の日差しが当たるアルプススタンドだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

まわりは、高校生の女の子。

 

 

最初はみんな静かで、盛り上がりに欠けているし、

 

それなら、せっかくメガホンも買って持っていることだし、いっちょ儂がと思い、第一声を発した。

 

 

想像通り、前に居た数人の高校生は振り向いた。

 

なんだか、中学の全校集会で野次を発して、何よあの人ってジィーっとした視線を浴びてバツが悪かった事を思い出した。

 

 

昔からこういう雰囲気だった。

 

 

 

そんな事はどうでも良いが、あの増居君ってピッチャーの辛抱強さには驚いた。

 

上げた右足の踏み出しから、球が左手から離れるまでの時間が短いので、球速以上に打者には早く見えているはず。

 

ちょうど、読売から MLB に行って活躍した上原投手のような感じで、打席に立った者しか分からない打ちにくさがあると思う。

 

 

去年の夏、バックネット付近で観た時は、球質が重そうな、具体的にはキャッチャーのミットに入るまで球速が落ちない、

 

そんなボールを投げる頼りがいのあるピッチャーに見えて、これは来年も行けると思ったことをそのまま実現してくれた。

 

 

 

 

先頭打者を四球で出すイニングの連続だった。

 

当然本人もそれがまずいことくらい分かっているはず。

 

それでも、四球を出す。

 

 

考えてみれば、それを嫌がって、真ん中に投げたくなる。

 

よく、四球で塁に出すくらいなら、ヒットで出した方が守っている野手は納得が出来るという。

 

自分の野球経験でも、そのように思いながら守っていた。

 

 

でも、事、試合に勝つとなると違うんだって昨日分かった。

 

攻撃する側は、同じ塁に出るのでも、四球で出塁してもチームは盛り上がらない。

 

逆にヒットが出れば、ヒットを打った打者だけでなく、ベンチに居る打者の気分も盛り上がる。

 

野球ってのは、チームプレーだが、スタートは打者と投手の一対一の勝負から始まる。

 

 

 

一対一の勝負は互いの気分が大きく作用する。

 

 

同じタイプの投手対決の試合だったが、そこが違ったように思え、

 

それが、与四球の数と被安打の数に表れていたように思う。

 

彦根東のヒットの数と四球の数は、慶応義塾高校のヒットと四球の数と、ひっくり返っているだけで和は一緒だった。

 

 

片方は四球を嫌がって、真ん中付近に投げてヒットを打たれ、片方は辛抱強く投げて四球を出していた。

 

 

打者は、打つために打席に入っているので、四球を選んでも少しも嬉しくない。

 

 

相手の嫌がることをするのが野球とという人もいるが、相手を喜ばせないのも野球といえるかもしれない。

 

 

これには、辛抱強さが必要になりそうな気がする。

 

 

増居君は、批判を背に、ここまで分かっていて投げているのではないかと思う。

 

 

 

そのように考えると、彼が偉大に見えてきた。

 

 

 

 

 

2018.03.27 Tuesday

掃除

 

 

 

 

 

 

昨日は、朝から奈良の山口農園さんに行って来た。

 

すっかり恒例となってきた、ヤマダストアーさんの新入社員研修会。

 

 

昨年は、少し遠いけどと、奈良の宇陀市まで行ってもらうことにしたら、これが大好評で、今年もという事になった。

 

 

 

私は、あまり長時間立っていることが出来なくなったので、途中で休憩場所に戻って一服させてもらっていた。

 

 

玄関と脇の土間が、綺麗に掃き掃除されていて、いつ来ても感心しているが、

 

ふと横を見ると、箒が立てかけてあった。

 

 

 

 

多分、この箒は半年もたないだろう。

 

 

棕櫚の箒もそうだが、その横のブラシ状の箒は角が丸くなっているので、

 

この角を使って、隅を綺麗に掃いているのだと思う。

 

 

初めて気がついたが、丸く掃くという言葉があるが、

 

四隅まで綺麗に掃くと、箒の角が丸くなるんだ。

 

 

いつも、山口社長の会社の話しを聞くと感心する事ばかりだが、

 

当たり前のことを当たり前に考え、そのことを普通になるまで徹底してやっていく。

 

 

これは、相当高いところに目標を置いていないと出来ないように思う。

 

 

 

どんな言葉がこの会社に当てはまるか考えたが、やっぱり『 天晴れ 』 というしかない。

 

 

 

 

春爛漫のような日に、いいところに出かけさせてもらった。

 

 

 

 

 

講習の途中で、じくという漢字が分からなかった。

 

柚 って字になって、違うなと思ったが、手が間違ってしまえば、頭で考えても思い出せなかった。

 

 

いちばん前に座っていた女性が、『 車偏です 』 と教えてくれた。

 

 

 

軸 だった。

 

 

 

 

話しは、『 良心を取り戻しつつある時代の幕開け 』 で、

 

この良心の発露が無くて、

 

 

そこで、抽象は具象でしか結集できないので、

 

その具象を店舗で作り出すことが出来れば、良心を集客できるということを話したくて、

 

それで、昨年はいかなご、今年は恵方巻と、ヤマダストアーさんの人気の秘密を私なりに考えて解き明かしてみた。

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ