CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.01.24 Tuesday

1月の22日







ベビーリーフも伸びないけれど、草もあまり伸びない。
10月に植え付けをして、一度も草を抜いていないけれど、この程度の生え方で、でも、そろそろ草を引き時かな。


自分自身は、まだまだ引き際ではなくて、昨日『料理長』と高槻市に付いて会話をしている途中、
『 34歳から住んで、数えてみたら24年になる 』 で、高槻市の居住年数より、34歳が24年も前なんて、

昨日の事と思っていたのに、昨日から24年も経っているって、34歳が34年前になれば、68だな。



科学の進歩って、もっと素直に受け入れられないものか。

昔、『 もう夫婦同然なんだから 』 と諭され、< そうか、そうなのか > と認識を新たにしたはずなのに、
『 まだ、夫婦じゃないんだから 』 って幾つも日が経っていないうちに言われて、< ・・?・・・ > って、
どうも、ひとは自分の都合で、夫婦って言葉も、科学って言葉も、使い分けるもので、しかもその事に無自覚らしい。





2012.01.18 Wednesday

農薬散布

 




こんなに寒けれゃ菌も着かないし動かないだろうけれど、単なる銅剤なので、
Zボルドーって、【春腐病】予防の殺菌剤を他の葉面散布資材と一緒に散布した。

去年に出荷しなかった種を植えているのだが、今のところ順調に見える。







ところで、こんなチャンペラみたいな希釈倍率早見表が農協にあって、貰って来ている。
以前、農場の作業を手伝ってくれていた西山さんの妹さんが農協に勤めておられてて、
西山さんが亡くなられた後、西山さんがニンニクの土寄せ作業をしてくれている画像が、
パネルにして会社の壁に飾ってあったのを、中川が、『 あれをその妹さんにあげれば・・ 』 と言ってくれて、
新しく作成したパネルをあげたら、えらい喜んでくれて、私も嬉しかったのだが、
その妹さんが、農薬を購入した時に、『 これ便利でしょう 』 と言ってくれていた。

その時に、私以外に年配のおじいさんが、< そんなんあるんやったら俺にも・・・ > って顔していた。
『 もう無いから、またとって於きます 』 と彼女は言ったが、そのおじいさんは、私の手元をジィーッと見ていた。

思わず、『 お先にどうぞ 』 と言いかけたが、その言葉が口から出なかった。
出なかった自分に、< 儂は駄目だな > と思ってしまってずうと心に残っていて、
実はこの早見表は持って歩いているだけで、一度も今まで使ってこなかった。

この日、初めて使ったが、便利は便利なのだが、やっぱり、間違える間違えないは本人次第だ。



今朝は、那覇にいる。






2011.11.11 Friday

青森生まれ

 











昨日からこの島も寒くなって、寒くなると不思議なもので、多少面倒でも薪で風呂を沸かそうって気になってくる。



にんにくも、いくら青森生まれでも、慣れって事があって、急に寒くなっては大変だろうと、アルコールやなんやを掛けてまわった。








これは、ちょうど52週前の画像で、マルチを張って、穴を開けて、抜き出していた。
この作業も、結構面倒だったのを思い出した。
この後に、雨が殆んど無くて、ひと冬こういう状態で、結構気を揉んだ。
マルチを張っても張らなくても、出来にそう差はなかったように思うが、気付かなかっただけかな。


総じていえば、僅かな日にちに違いはあっても、毎年似たようなことを繰り返している。


繰り返しはいいんだけれど、国の制度が如何であれ、必要とする者同士が繋がっていられるシステムが必要だ。
思い起こせば、30数年前は、今のような安全とか安心とかって言葉も概念も食品に無く、
ただ店頭に並ぶ食品を価格だけで無批判に購入していた時代だった。
そんな頃から、僅かな数の必要とするものが集まって、
作って、運んで、不便な中で買って、
一週間に一回しか手に入れられなかったから、
大事に保管しながら食べていてくれたんだろうと思う。


あの当時は、みんなボロイ車に乗って走っていたのに、いつのまにかピカピカのトラックになって、・・・・


また、その頃の、少数派に戻るかも知れないが、それでも30年経過した何かの証を立てたいと思っている。







2011.11.07 Monday

ひとはどこまでやさしくなれるのか

 










それは幸せの意味を知ることから始まるらしい。




マルチを張ろうとしているが、この畑は先の台風でいいところの土が流されて底の固い原始的なところが表面に出てしまっているので、
通路の土を噛み砕こうと、管理機で一度走る必要があろうと、何度かひっくり返しながらようやくやり遂げると、
次の日からは雨模様で、畑に入れず、このままでは、草取りを余儀なくされそうで、毎日この天気を恨めしく思っているが、
そういえば、一昨年前も、玉葱を植えようと思ってマルチの準備をしていたが、島に来るたびに雨降りで、
移植完了は、とうとう、クリスマスになってしまった事を思い出して、ここは長崎かとひとりボケては突っ込んでいた。


今年は、それに加えて、鹿が芽を食い、猪が畦に穴を掘って遊んでいて、TPP後は猟銃が無いと農業も出来なくなるかもしれない。






2011.10.29 Saturday

イノシシ

 












ニンニクを植えた次の日にどうも二頭やって来たらしくて、そしたらこんな公告を見つけた。
猪のマーキングの匂いは凄いから、あいつら鼻が効かないんじゃないかと思ってた。


ものは試しだから、今度から自分の匂いを、つけてみよう。

効果があってもビジネスには、できないな。






2011.10.22 Saturday

侮ってたらあかん









赤とんぼ:フランク永井
( 一番、気になるのは、資本主義を 『 NO!』 というデモかな )


中途半端に出来てしまって販売しなかった2L以上のサイズのニンニクが、60kgほどあったので、
何もしないのも寂しいし、この畑に植える事にして、雨が上がるのを待っていた。

ここ2週間ほどは、上手に雨が終末に降っていて、植える作業をさせてもらえなかったが、
今週は、ちょうど金曜日は昼過ぎまで晴れるとの事で、朝から植え付けをした。


台風12号や15号の影響でこの島も大雨が降って、この畑も随分土が流された。
でも、実は、そんなに気にしていなかったが、今日こうして細かい作業をしてみると、
5年も掛かって出来てきた土は、随分流されてしまっていて、元の粘土質の土に入れ替わっていた。

オマケに、何世紀も陽の目を見たことが無いような石が、ゴロゴロと出て来て、結構ダメージを受けた。

肝心の南側が杉の並木で陰が差すし、秋から春の作物には不向きの畑だな。
まあ、家のすぐ横って立地は大きいから、週に二度ほど、葉面散布をしてみるかな。
どうせ、一時間もあれば充分出来てしまう面積だから、それもいいと思う。






2011.06.13 Monday

ニンニク乾燥機 修正

 









解決策として、(儖鬼錣鯢佞韻董▲侫.鵑硫鹽哨好圈璽匹鰺遒箸后
▲織ぅ沺爾韮械以間に5分ほど回す、
4控だ陲魏板輙僂房茲蠡悗┐
の、案があったが、になった。


これでも、回し始めて1分位すると、ピタッと張り付いて、
全体から空気を吸い出していることが解かる。


次の問題は、乾燥ムラ。



2011.06.12 Sunday

にんにく乾燥機

 









今作、一番の大玉。
そうだ、ジャンボニンニクも収穫しなきゃ。







去年、この『現代農業』のページを見つけて、これを作ろうと一年間考えてきた。
去年は作る事が出来なくて、乾燥がうまくいかなかった。
栽培は、重量はあるが裂球が多くて、ほとんど、
餃子用に半額で買ってもらった。








で、唐辛子の乾燥機をアレンジして、







こんな感じで完成だ。



現代農業のイラストには、換気扇が回ると、ブルーシートが、『 ピタッ 』 とくっつく と書いてあって、
それが肝に思えているので、換気扇に電気を通した時に、 ピタッ と来た時には、感動した。


こういう、やっつけの造作は得意である。



で、中身を入れて換気扇を回すと、温度が30℃にも満たない。
冷静に考えれゃ、熱を供給する側の乾燥機の能力と、風を起こして空気を吸い出す換気扇の能力を比べれば、
この辺が、文科系の哀しさだが、ブルーシートの中の温度は、それゃ上がらないのは当たり前か。


やれやれ、今さら乾燥機の能力アップは無理だから、換気扇の能力ダウンを明日図ってみるか。







2011.06.06 Monday

収穫遅れになるぞーって、なってしもた。

 









外からは、一個のりん片に見えるが、中では芽を2個持っている種がニンニクにはよくある。
3個も4個も、なかにはありそうだが、そんなのは殆んどが、見落とし故。


画像は、そのまま二本揃って伸びて、玉になった球で、きれいな形にはなっていない。
それでも、重量は80gあるが、もう少し乾燥が必要だから、実際には2LかL玉程度の大きさかな。



そうそう、たった3週間考え込んでいただけで、もう収穫遅れになっている。
草の伸びが、この間凄くて、その勢いに負けて、拍車がかかったのかも知れない。

佳代子が、草を抜きながら、 『 収穫前の一週間、二週間はあっという間に状況が変わるから・・・ 』
と言っていたが、まさしくその通りで、気を抜けないし、その事を頭に入れて、作業段取りを立て、栽培計画をしておかないとな。








2011.05.19 Thursday

まさか・・












ずうと、トウが立って来ない事を心配していて、
先週末、草刈に行って、10本程抜いてみた。


10本とも、分果していなかった。

スポンジ球とかって、そんな症状を見た事があるが、
まさか、全部って事になると、


この、にんにくの売り上げも計算していたので、とてもショックです。





Powered by
30days Album
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ