CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.01.01 Monday

2018年 元旦

 

 

 

 

 

 

 

昨年の途中から、急に本 blog の更新が、飛び石の如く、

 

なかには、次の稿に飛べないほど間が空いてしまうこともしばしばになった。

 

 

その訳は自分でも分かりませんが、もともと自分の身体に起こることに抗うことはしなくそのまま放置しています。

 

 

 

書いて書けない訳でもなく、ただ不思議なことに頭の中は、

 

それまで無数の点でしかなかった思考が、数年前よりひと筋に繋がり始め、整然としてきたことは確かなようです。

 

 

 

そのことは、決して大げさなことではなく、ただ流れに即しているだけです。

 

 

ただ、そんな自身の頭の中の出来事に興味を失いつつあることも確かなようです。

 

 

子供の頃に、 ひととの関係が変わらない限り、自分が変わることはない と教えられました。

 

 

そのとき、まさしくその通りだと思いました。

 

 

その頃は、社会との接点も無く、ただ袖触れ合う方達とのせいぜい十数人とのひととの関係でしたが、

 

いつまでもそれで満足していても仕方が無いので、いっそのことと小豆島に通うようになりました。

 

十数人の関係が基礎となっているのは事実ですが、それでは点に過ぎなくて、それで社会が形成される訳でもありません。

 

 

 

いつだったか、ターミナルで転がり落ちようとするミニトマトを、左手の小指一本で止めた深雪が、

 

「 親に付けて生んでもらったものは、すべて使わないと親不孝だから 」 と言ったように、

 

この身はすべて親からも、自分以外のすべての物事から頂戴して今の自分があるのは自明で、

 

それなら、考えも自分の考えのみではなく、他人の考えにも即して実現に共に向かうことが、

 

自分の命をシェアーすることになるので、あとどれだけの時が残されているかの問題ではなく、

 

ましてや、自分に何が出来るのかの問題なぞでもなく、ただひたすら天の神と地の神の間でその声に順って、

 

これゃ、論語になってきたが、その身を供することが、使い切ることになりそうな気がする。

 

ミニトマトが台の上で転がる時の流れと、その時を制する小指の動きが、

 

即するという文字に現れているのではないかと思う。

 

色即是空 空即是色 の 即 とは、

 

同じ次元で同時に起こる、在るということなのだろう。

 

 

 

ことしも、ときの絶え間ない流れに数十パーセントを身を置くなら、

 

このなかで流れに身を任せて、振り落とされそうになっても、消えてなくなることはない。

 

 

 

十数年前に、小豆島に行ったときの疑問に対する応えは返ってきたので、そのままいくことにしている。

 

 

 

この方向が正しいかどうか、そんなことは知らない。

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.28 Thursday

お勉強

 

 

 

 

 

薬膳素材の企画を始めてから、中医薬のお勉強をすることと、とりあえず台湾に行かなきゃと考えてきたけど、

 

ようやく、そのタイミングが来たようで、来春 1 月 の末の週末を利用して、2 日ほど行くことにした。

 

 

 

 

それにしても、便利な世の中になった。

 

行こうと思えば、机に座ったまま、パソコンをペッペッっとさわっていれば、

 

チケットからホテルの予約、お勉強したい場所は何処か、

 

そこにはホテルからどのように行けばいいか、

 

画面上で歩かせてくれる。

 

 

 

 

天国の親父も、いいのぉ〜 と言ってそうだし、

 

今度は息子たちが、あの世にいる自分に、

 

ええやろ〜 と言ってそうな気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.07 Thursday

ターミナルの忘年会

 

 

 

 

 

ターミナル全員参加の忘年会。

 

土井さんと高田さんは、他の仕事も掛け持ちしていて、

 

午後からそちらの仕事を 7 時までして、疲れているであろうに、その後駆けつけてくれた。 

 

最大功労者の幹事、山本深雪さんはよく全員に声をかけ参加を募ってくれた。

 

他の人はみんな、チャンとかサンとかつけて呼ぶのに、如何いう訳か彼女だけは、みゆきって呼び捨てである。

 

『 別にオンナでもないのに 』 と念のため言っていた。

 

その娘のような存在の阪口まみさんは、一度気分を害して退職したが、2 週間 で復帰して、

 

前にも増して、頑張って動き回っている。

 

 

『 馬鹿話しはいいけど、お前は意味のあることは言うな 』 と言って聞かせても、

 

黙っていられない金岡はるよさん、上の名前は直ぐに覚えられないが、『 はるよ 』がなかなか覚えられず、

 

 はるよこい と小麦の品種で覚えたら、思い出せるようになった。

 

 

その横は蒲原さんで、つい最近テーブルリーダーをやらされて、

 

ふと見ると、目はしっかり口は一文字に結ばれて真剣そのもの。

 

まるで別人のようで、びっくりしたが、それだけではなく、私の間近で作業をしていると、

 

私の動きを察知して、色々的確なサポートをしてくれて助かった。

 

 

その後ろのピンクのセーターは山本政子さんで、マサチャンと呼んでいる。 

 

彼女はいっときたりともじっとしていなくて、休み時間まで動き回っている。

 

「 この慌てもん、落ち着いてやれ !! 」 といつも声を掛けているが、落ち着くことは無い。

 

 

私の左隣は、河合さんで特別な存在。

 

初日に『 この人を手放してはいけない 』 と思い、ずうと、大事にしてきた。

 

箱詰め係りをその時に任命することで、ここに居続けてくれると思い、箱作りから教えた。

 

『 箱に詰めるのは、数を数えるのではなく、形で覚えろ 』 といくら言っても、

 

かならず、1 から声を出して数えている。

 

ひとつずつ数えるので、河合さんは掛け算が出来ないのかと心配したが、

 

まさか聞く訳には行かずにいたが、一度思い切って、30 入りの箱詰めで、

 

『 一列に 3 袋並べてそれが 4 列で一段、同じようにもう一段並べたら 』というと、

 

すかさず『 あと、2 列やね 』 と言った。

 

『 なんだ、分かってるんないの 』 とあきれた。

 

ただ、慎重なだけで、しかも間違えるのが嫌で、そのうえ頑固者だった。

 

こんな心のきれいなひとは会ったことが無い。

 

 

以下、省略 と言うと、もし読んでいたら怒られそうだから、

 

我慢して続ける。

 

今日は、姫路に 10 時に着くように家を出なければいけない。

 

 

その左の二人組みは、88 というパック屋さんからの転職組み。

 

 左の前川さんが、右の増島さんに、

 

『 アルファーなら、あんたでも通用するからと誘いました 』 と言った。

 

『 オイ オイ、それはどういう意味だ 』 と思ったが、にこにこ黙ってやりすごした。

 

当初、33 人全員個人面談したが、彼女だけには『 もっとチカラを出せ 』 と叱った。

 

まあ、長く続けることに意味があるから、今では認めて『 8 分のチカラで良いよ』と自分に手を打っている。

 

 彼女には今、「 視点を変えろ 」 と教えているが、本人は未だ気づいていないだろう。

 

誘われてきた増島さんは、一番女性っぽい人だが、一番男っぽい人。

 

彼女こそ、いま最も猛特訓中で、見間違えていたら耐えられないかもしれない。

 

 

その後ろが岡本さん。

 

『 元気をだせ 』 と言うと、元気になってくれた。

 

ご主人さんがサポートをよくしてくれていて、本当に助かっている。

 

ご主人さんはある意味私と似た部分を持っているかもしれないと思っているが、

 

岡本さん自身は、悠然とした人で、歩く姿は別世界のひとを感じさせる。

 

私はこの歩く姿が好きだったが、あまりに悠然としているので、深雪に『 走れ〜 』 と叫ばれて、

 

いまでは、サッサと小走りになったが、本人は走っているつもりかもしれない。

 

 

その横は、スミちゃん。

 

初めての給与明細を『 主人の前に報告する 』 と言って受け取ってびっくりした。

 

別名、言い訳のスミちゃんと呼ばれているのではないかと心配するほど、

 

当初、あちこちで、みんなが文句を言っているのを聞いた。

 

一度だけ、事情を聞くと、何故そうなのかが分かったので、

 

その言い訳に腹を立てている方を、

 

『 ここまでの年齢になるにはそれぞれいろんな時を過ごしてきているんだから 』  

  

『 言い訳くらい見過ごせる大きな人間にならなきゃだめだ 』 と説教した。

 

本人には、『 横断歩道を渡る時、スミちゃんは前だけ見て渡ってるの 』 と聞くと、

 

『 いえ、ちゃんと右左を見ています 』 と言うので、『 それやったら、仕事中も右左を見てしたほうがいい 』 と言った。

 

 いまでは、溶け込んで、人一倍頑張っている。

 

 

その左は、親分。 

 

西沢さん、西澤さんかな。

 

この人には誰も勝てない。

 

賢い人で、わきまえているから、わきまえている人には誰も勝てない。

 

だれもが、そのことを分かっていて一目、こんな言葉は無いが二目もおいている。

 

出勤途上の歩く姿は最年長だが、職場に入れば誰も西沢さんが最年長だとは気づかない。

 

私も、西沢さんのように歳をとりたいと思う。

 

 

そのとなりが、一番の元気者、野村妙さん。

 

「 天真爛漫 」 とは、彼女のためにある言葉ようなひと。

 

言うことはかなり辛らつだが、だれも反論することは出来ない。

 

もっとも、聞き流しているのかもしれないが、そんなことすらお構いなしに叫び続けている。

 

竹を割ったようなという言葉もあるが、彼女の場合、割ることも出来ない竹のような気がする。

 

 

その後ろで、ちよこっと顔を覗かせているのが、南さん。

 

旧姓は、寺本さんだったか、寺田さんだったか、寺岡さんだったか、思い出せない。

 

割りと乗せられやすいお嬢さん。

 

お父さんに守られ、ご主人に守られ、だから守られ上手に生きてるような気がする。

 

だから、気のいいおっちょこちょいさがあり、最初に怪我したのも彼女だった。

 

 

さあ、行かなきゃ。

 

 

男は省くが、息子の麻衣が『 このメンバーでターミナルを回してるんだ。大したものだ 』 と言っていた。

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.17 Friday

Key word

 

 

 

 

 

 

 今週、ふと『 安心安全で美味しく、しかも安い 』 というところに、もうひとはいないのではないだろうかと思った。

 

 

『 しかも 』 ではなく、『 ただ安ければいい 』 というひとは、確かにいるが、

 

こう考えている人は、全体の 2〜3 割かも知れない。

 

2 割りなのか、 3 割りなのかは重大な違いだが、

 

最低 2 割で、1 割りは流動的だとしておこう。

 

でも、はっきりしているのは、この 2〜3 割りの方は、いずれスーパーマーケットからいなくなるような気がする。

 

何故かというと、今はドラッグストアーやホームセンターの方が、安く物を売る構造を持ちえたから、

 

早晩、そちらに向かわれるような気がする。

 

 

それは何故かと考えると、時代としか言いようが無い。

 

それは、かつて商店街で育ったので、商店街が時代でどのように無くなったいったのかわかる。

 

 

 

 では、そういう商店街はどのようになったかを考えると、それは路面店というブランド店、

 

もしくは、カテゴリーに特化した店として、昭和から平成に移行したように思う。

 

 

 昭和という時代は、64 年間存在して、30年代半ばにスーパーマーケットが登場したことを考えると、

 

商店街とスーパーマーケットが、30 年ずつを受け持ち、ひとつの業態は 30 年が旬なのかもしれない。

 

 

冒頭に Foodie とあるが、これは Foody のひとという意味だろうか。

 

適切な日本語訳は、食い道楽、もう少し上品に言えば健啖家ということになるかな。

 

 

 

要は、食べ物は、食いだおれ、着だおれ、の域に達っしたという、時代の進化を表現しているような気がする。 

 

 

 

 

 

 

2017.11.10 Friday

今週のおはなはん

 

 

 

  

 

 

 

 ハロウィン用の飾りの残りかな。

 

まあ、安い値段で毎週変えてくれているのだから仕方が無い。

 

それでも、毎週違う花を見せてもらえて喜んでいる。

 

 

真夏は一週間もたないけど、最近はそうでもなくなってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この画像は、シアトルのウイリアムソノマの棚だが、

 

この一番上は現物のハーブの詰め合わせセットで、この中にオレンジ色の南瓜もどきが入っていた。

 

 

 

 ふたつ買って、ひとつを世話になった稔子ウイルソン女史に手渡して、ひとつを持ち帰っている。

 

 

来年 2 月のスーパーマーケットトレードショーのディスプレイのひとつにしようと思っている。

 

 

 

今度は、どうしようかな。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.09 Thursday

中医薬

 

 

 

 

 

元々、如何いう縁か分からないが、20 才過ぎの頃から、自然観ということについて考える近くにいた。

 

 

そもそも、和光大学という相模原にあった大学で、キャンパスにテントを張って住んでいるという話しを、

 

高校の同級生から聞いて面白そうだと思い、それまでの何か違うなあと感じていたことに踏ん切りをつけたくて出かけた。

 

 

18 才の時に、たまたま祇園会館の前を通りかかったときに、EASY RIGHDER という映画のポスターを見て、

 

「 面白そうだ 」 と思い、何気なくその映画を観る事にして入ったが、何か自分が知らない世界をそこで見る事になってしまった。

 

それで、実家に帰ってきて、書棚を見ていると、【 DO IT !! 】って、たしかジェリー・ルービンってアメリカ人が書いた、

 

けっこう派手な表紙の本が目に入り、それを手にとってみると、同じような世界観がそこにあった。

 

 

 

古い話しを案外覚えているものだが、以来、この中医薬ってテキストまで、一直線に来たような気がする。

 

 

10 年ほど前に、アメリカで「 中医薬 」 を目指す医療が始まったと何かの記事で読んだことがある。

 

 

中国伝統医療のことだと思うが、勧善懲悪の二元論よりも、右に進めば一周回って左に出るという一元論の方が、

 

自分には馴染みやすいというだけの理由に過ぎないが、まさか仕事でこんな薬膳料理に辿り着くとは思わなかった。

 

 

先日、このテキストについている DVD でも講師が言っていたが、

 

【 万物は単独で存在することはなく、互いに関係を持ちながら常に変化している 】  

 

 この事実が、宇宙の誕生以来、延々と続いているに過ぎなくて、その摂理と原理と法則に興味を持ってきた。

 

 

人間は成長する喜びを知っているが、これが強迫観念になるとかなりしんどい。

 

本来、もっと気楽に生きて行きたい欲求を持っている享楽的な存在なのかもしれない。

 

でも、それでは必ず行き詰まるほど一生は長い。

 

 

何故、遺伝子を先祖から引き継いで生まれて、その遺伝子をまた先へと引き継いでいこうとするのか。

 

この遺伝子そのものも、個人固有のものだと簡単なのだが、人類という大きなくくりで見なければならない、

 

【 万物は単独で存在することはなく、互いに関係を持ちながら常に変化している 】

 

という摂理の上に乗っかっているので、そこからこぼれることは大地に還ることを意味していて、

 

還ったところで、また母なる大地とアメリカインディアンが表現するところから、また生まれてきてしまう。

 

困ったことだ。

 

 

 

まあ、こんな屁理屈を言っている間に時は進み、西に沈んだはずの太陽は、また東から昇ってくる。

 

 

 

 64 × 365 と 30 × え〜と、6 で、23,540 回繰り返している。

 

あれっ、意外とたいしたこと無いな。

 

もう、100 万回くらい繰り返していると思ってた。 

 

1 年で 10 万個くらいかぼちゃを売ってるのに。

 

 

 

2017.11.02 Thursday

ヤマダストアーさんの新辻井店

 

 

 

 

 

 

 

いっぱいのひとで、入場制限をしていた。

 

スーパーマーケットで、入場制限をしている店は始めて見た。

 

15 分で、30人ずつくらい入店出来るスピードだっただろうか。

 

 

 店内は、ごった返していて、とても写真を撮っているどころじゃなかった。

 

 

 

もちろん、買い物なんて御迷惑でできない。

 

 

 

日曜日に、もう一度買い物に行くことにしているので、そのときにちゃんと写真を撮ろうと思っていたら、

 

次の日曜日は【 半額市 】 なので、またいっぱいかな。

 

 

 

 

画像は、鮮魚売り場から惣菜売り場に流れるところで、ずうとバックヤードが素通しで、圧巻だった。

 

 

 

 

次の月曜日アップの blog で説明をします。 

  

 

 

 

 

 

 

2017.10.31 Tuesday

国際薬膳食育師

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえずの基礎知識。

 

続いて、上海中医薬大学日本校の通信講座をスタートしたようで、頑張ってる。

 

 

昨夜、そのディスクを一緒に見たが、なかなか面白そう。

 

 

 

楽しみに一緒に勉強しようと思う。

 

 

 

 

 

 

2017.10.25 Wednesday

Foods as medicine

 

 

 

 

 

 

 どう訳す?

 

薬は健康を喚起しない

 

食べ物は健康を呼び起こす

 

薬は、病気を治す

 

それがどういうことか解るとき

 

 

 

こんな感じかな。

 

 

 

amazon.com が、生鮮食品に力を入れる意味を、

 

生鮮食品部門の市場額を狙いに来ていると、単にそう考えていると足元を救われそう。

 

 

昔、Microsoft Excel を使って仕事をし始めた頃、こんなことが出来れば便利なのにと思ったことがある。

 

でも、次の瞬間に、自分でもそう思うのだから、ビル・ゲイツがそう思わない訳が無い、それなら解決してるだろう、

 

自分が気がつくことは、すでに誰かが気がついている

 

それで、未だインターネットがさほど一般的じゃなかったので、本屋で本を探して調べてみると、

 

そういう関数がちゃんと準備されていた。

 

 

以来、いつもそう思ってきた。

 

 

 

いま、自分が考えている『 健康 』 について、すでに同じ考えがあると思っている。

 

つまり、マーケットは存在する。

 

 

野菜は漢方、料理は薬膳。

 

 

 

みんな『 健康 』 を誤解している。

 

病気じゃなきゃ、健康と思っている。

 

 

そんなことは無い。

 

それは、未病というだけだ。

 

健康というのは、もっと上にある。

 

上とは、元気のことだ。

 

『 元気 』 とは、全宇宙のエネルギーを限りなく 100% に近く吸収できることを言う。

 

 

だから、『 食べて元気になる 』 と VISION を掲げ始めている。 

 

 

 

 問題は、如何に伝えるかにある。

 

私は哲学者ではない、単なる八百屋の親父だ。

 

 

 

 

2017.09.19 Tuesday

無花果

 

 

 

 

 

 

 

 ターミナルのわずかな花壇に、山本まさちゃんが植えていた無花果が実を結んだ。

 

 

無花果が一年でこんなに早く大きくなるとは思わなかった。

 

葉っぱもきれいで、伸び々々育っている。

 

 

一時はどうなることかと心配したが、

 

本人同様、この場で自分を主張し始めて、周りもそれを受け入れて、

 

最初は、どこか不自然でも、自分たちで調整しながらそれぞれが隙間を見つけて育っていく様は、

 

ひとも植物も同じで、ちゃんと陽の当たる場所を自ら探すことが肝要なのかも知れないと思う。

 

 

 

この実は食べるかも知れないので、それなら、もう少し世話をしてやった方がいいかな。

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ