CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.04.19 Wednesday

料理動画 ヤム・ウンセン

 

 

 

 

 

 

タイの薬膳料理をテーマにしている。

 

 

Nourishing vegi  〜滋養のある野菜〜 

 

のブランドで、野菜を展開しようとしているが、

 

いまひとつ、滋養の言葉が伝わりきらないので、どうしようか考えていて、

 

ふと、タイ料理の説明をしているときに『 薬膳料理 』 が出てきた。

 

 

それで、中国や日本・タイの薬膳料理なんだが、

 

中国では、なんか言葉的に堅そうで、日本と言ってしまうと和食のイメージが強くなりすぎて、

 

それで、タイの薬膳料理とすれば、なんとなく健康と遊びが結びつくイメージにならないかと勝手に思っている。

 

 

 

それで、昨日の料理動画メニューには、ヤム・ウンセンが登場した。

 

 

例の一眼レフで、撮った画像がきれい。

 

お皿は、料理動画を作成し始めて、買い足したロイヤルコペンハーゲンの盛り皿。

 

敷物は、よく分からないが、製作者が買って来ていたもので、少しおばあさん色で、娘は 「 趣味を疑う 」 ときびしい。

 

 

 

 さて、お味の方は、日本で食べるタイ料理の繁盛店の味。

 

いや、タイ料理の繁盛店があるのかどうかも知らないので、ええ加減な言い方だが、

 

この味なら、その店は必ず繁盛すると思われる気がする。

 

 

 

実は、このヤム・ウンセンではひとつ思いで話があり、

 

あれは、パタヤというバンコクからタクシーで 2 時間ほど南へ走ったリゾートタウン。

 

浜辺に並ぶオープンエアーの飲み屋で、何でか覚えていないが、ビールを飲んでいるとき、

 

店の女の子同士が何やら始めて見る、面白そうなアナログのゲームをしていた。

 

 

 日本の五目並べを、そろばんを縦にしたような櫛の中にそれぞれの色の玉を並べていく。

 

斜めに 5 個そろえば勝ち、のゲームで、なかなか難しい。

 

最初、チョコチョコとやって、やり方を覚えて、1 回  10 バーツ、

 

1 バーツ 2.7 円だったが、今も対バーツのレートはそんなものだろう。

 

 

ところが、やっても、やっても、勝てない。

 

情けないくらい、勝てない。

 

相手の繰り出す技を次のゲームで、真似てやってみると、

 

彼女は、その上を行く技を出してくる。

 

 

むきになっていく自分を笑って付き合ってくれたが、

 

とうとう、10 回くらいやっても、すべて惨敗で惜敗もない。

 

なんと言ったか忘れたが、『 参りました 』 とギブアップ。

 

そうだ、give up と言ったのか。

 

彼女は、どうみても 17 18 才にしか見えない。 

 

 

それで、彼女は、私が渡したお金を持って店にヤム・ウンセンを頼んだ。

 

「 出来た 」 の声に、厨房まで取りにいって、持って返って私の前で食べ始めた。

 

あまりに美味しそうに食べるので、現地の人間が食べる料理は、私たちに出してくれる料理の日じゃないほど、

 

唐辛子がいっぱいだということは聞いていたので、興味もあり『 それを俺にも食わせろ 』 とせがむと、

 

フォークを渡してくれた。

 

もちろん、大丈夫か、ほんとに食べたいのか、って心配顔をして。

 

 

 

食べたら、想像以上に、目の玉が飛び出るほど辛い。

 

それでも、妙に美味い。 

 

 

辛さの段階があるとしたら、画像を 1 とすると、

 

10 くらい辛い。

 

 

でも、美味かった。

 

辛さと美味さは両立することくらい分かるが、

 

あの美味さは、どうして出しているのだろう。

 

ヤム・ウンセンの調味液、ドレッシングみたいなものが作られてあり、

 

それに、唐辛子が浸けてあるのかも知れないが、ストレートな角のある唐辛子の辛さではない。 

 

 

やっぱり、例の料理道具で、すりつぶしているのだろうか。

 

 

分からないので、また、近々タイに行ってこよう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.04.19 Wednesday

薬膳マイスター

 

 

 

 

 

 

 『 薬膳マイスター 』 という民間資格があると分かったので、申し込みをした。

 

何においてもそうだが、自分は公式のことを学ぶことはなく、ほとんど自己流でやってきているので、

 

いつも、これでは不足なので、ちゃんと知りたいし人への説明の仕方も違う方法があるのではないかと思ってきた。

 

 

 

『 和漢膳 』 は、この教科の講師の方が作った言葉で、タイの薬膳料理という程度の意味。

 

で、薬膳の基本的な考え方が、この赤いナンバー1 の冒頭に書かれていることを読んだが、

 

内容は、桜沢如一さんのムソー原理のなかの、食養の考え方とまったく同じなので理解も会得もしている。

 

 

 なので、生薬というか、漢方薬の知識を学べればいいと思う。

 

 

もう少し、深く考えたいのだが、そもそも薬膳は何処から来たのだろう。

 

タイ料理は、ほとんど中国料理なので、日本も中国から入ってきたことには違いが無いのだろうけど、

 

どうも、この間、男性の Y 型遺伝子のD系統の流れの記述を知って以来、

 

この Y 染色体 D 系統の記述は、ネット上でかなりの数出ているので、是非読み尽くしたいと思っているが、

 

実は、例えば漢字にしても、本当に中国から伝わってきたものだろうか、時間がかかっても疑ってみたいと思う。

 

 

さして根拠は無いのだが、アジアの大陸の O 系統が、D 系統を後から駆逐したと考えられ、

 

それでは、文字に代表されるような文化はいつ頃から誕生したのかなど、根底から疑ってみると、

 

何か、面白いことが浮かび上がってくるのではないかと思い始め、

 

自分が小学校・中学校の頃、父親がしきりに中東の文化に興味を持っていた事に近づけるのではないかと思う。

 

父親の頃は、そんなにコンピューターも一般に発達していなかったので、学術的なことも今ではずいぶん進み、

 

歴史的な色んな事柄が解明されて来ていて、実は引き継いで何かを感じ取ることが、使命なのではないだうか。

 

 

 

 

 

 

 

2017.04.17 Monday

はっぴ

 

 

 

 

 

 昨日は、和歌山でお客様の『 健康フェアー 』 というイベントの即売会に参加してきた。

 

 

凄い人出だった。

 

 

8 種類ほどの品目と、生姜を 6 種類展示して、

 

生姜シロップの試飲もしてもらった。

 

 

ひとくみ、40 分ほど歩いてきたと言ってた二人のおばあさんが、

 

森さんの名水にらを見て、『 ええニラやわ。私はこんなニラを見たことが無い 』と言っていた。

 

 

 

私は、嬉しくなって近づいて、『 どこを見て、いいニラだと思われるんです? 』と聞いてみた。

 

でも、その彼女は、どこがどうと言わなかった。

 

 

それで、私はますます嬉しくなった。

 

ひょっとすると、理屈っぽい売り場だと思われて、

 

何か気の効いた理屈を言わなければと思われたのかも知れないと思った。

 

 

彼女は、理屈抜きで、パッと見た目でそう言ったと分かった。

 

分かる人には、分かってもらえる、そんな値打ちが好きでこの商売をやっている。

 

彼女は、2 袋 買っていってくれた。

 

 

 

今のニラは、見ただけでいいニラと分かる。 

 

  

 

中には、にらの下の部分を、『 何となく 1cm ほど切って捨てている 』 と言う女性もいた。

 

『 そこが一番甘くて美味しい部分 』 と言うと、少しはにかんでいた。

 

 

 

 

もうひとり、若い、普通の範囲の端っこのほうの感覚で生きていそうな男性が、やって来た。

 

彼は、ひととおり野菜を見ていき、そのまま行ってしまった。

 

 

しばらくして、またやって来た。

 

今度は、どうやら福井の 『 ほっこり金時 』 に気を引かれている様子だった。

 

また、来た。

 

でも、何を考えているのか分からない。

 

4 度目くらいに、選びに選んでとうとうかごに入れた。

 

他の売り場の野菜もかごに入っていたが、その場で代金を頂戴するルールだったので、

 

息子が、そのことを説明すると、売り場にさつまいもを返してしまった。

 

 

気が合わなかった様子だ。

 

終了間際になって、またやった来てさつまいもの前に立った。

 

隣では、売り切りと称して、ただでさえ安く設定していた価格のさらに半額を叫んでいたので、

 

息子が、『 ここは、値札のままの価格ですけどいいですか 』 と言うと、彼はどうもそのことは問題ではなかった。

 

 

買う意志がはっきり伝わったので、私は前に出て、良さそうなふた袋を示して『 これかこれかのどっちかだ 』と言った。

 

『 私は、こっちの方がいいと思うよ 』 と言うと 『 じゃあ、それでいい 』 と意外にあっさりと頷いた。

 

 

彼は、ちゃんと品質を見抜いていたことが分かった。

 

つまり、差が無いという事を分かっていたと思う。

 

 

ちゃんと見れば、異質な品質に気づくはずだが、彼はそのことが分かっていたんだと思うと、

 

ふと、人間ってのは何なんだろうと思ってしまった。

 

 

 

たかが野菜なんだけど、その野菜は命を持っていて、決して値引きされて売られなきゃいけない物ではない。

 

彼は、そういうことを私に教えてくれたような気がする。

 

 

ただ、残念なことは、そういうひとは極少数派だということ。 

 

 

 

マイケル・ムーアの、項目ごとに他国と比較する事で米国の奇妙な部分を浮き彫りにした映画やっていた。 

 

 

 

 

2017.04.13 Thursday

やる気と感動の祭典

 

 

 

 

 

 

 一番の前の席に座らせもらって、ありがたい話しだった。

 

みんなが檀上に上がっていく姿が良く見えて、良かった。

 

本来なら、こんな席にいる立場じゃないんだが、一番取り組してもらっている会社の社長のおかげだ。

  

  

 今から勉強しても遅くはないからいいのだが、その分、いっぱい反省した二日間だった。

 

そもそも、反省というのは、次の方針が立たないときにするもんだと思い、

 

自分の中には 『 反省 』 となんて言葉は無く、ひとから 『 あなたは、反省すれば死ななきゃならない 』 

 

なんて、言われた事もあったので、取り返しのつかないことばかりしてきた事になる。

 

 

 

鬼に金棒という言葉があるが、自分はその金棒を一所懸命磨いて、

 

その金棒を、壁に飾って、どうだすげぇだろう、って自画自賛しているだけだったような気がする。

 

でもこれが、結構楽しくって、見れば見るほど磨きたくなって、またどうやって磨こうかと考えてしまう連続だった。

 

金棒は、鬼が持ってこそ値打ちがあるのだが、少しも持とうとしなかった。

 

バットを磨いてはがりで、打席に立たないバッターみたいなもんかな。

 

 

 

この振り方が難しいんだが、まあ、いいか とやり過ごしてきた。

 

 

 

いっぱいメーカーさんや、業者さんがブースを出していて、それで教育システムのアプリを売ってる会社があり、

 

それで、そこの社長さんが、最前列を回っておられて、私のところにも来てくれたが、目つきが違う。

 

 

私は、ああいう目は出来ない。

 

 

出来ないから、諦めた方がいいのか、諦めたら駄目なのか、自分にも出来る目を探せはいいのか。

 

 

 

まあ、とにかく世の中は、すごい。 

 

 

  

 

 

 

2017.04.06 Thursday

料理動画製作

 

 

 

 

 

   

 

今週の料理動画は、今流行のガトーインビジブル、トッピングする有機バナナのキャラメリゼ。

 

これは、テロメアアップの最強コンビのりんごとバナナの組合せ。

 

それと、

  

今年は大々的に取り扱わなきゃいけない沖縄県産特栽パイナップルの切り方、タイの薬膳料理シリーズのマッサマンカレー。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光の加減難しく、こんな苦労をしている。

 

 

 

 アップしているところは、会社のホームページ、

 

http://www.alphar-net.com の、左上 YouTube アイコンをクリックしてもらえれば、

 

alphar's movie に収録しています。 

 

 

 今のところ、

 

2017.04.04 Tuesday

タイ風そうめんチャンプルー

 

 

 

 

 

日曜のお昼に、食べるものも料理動画を意識してメニューを選んでいる。

 

 

この日は、播州百日鶏のミンチのそうめんチャンプルー。

 

たしか、沖縄では卵が入っていたように思うが、あいにく卵は品切れ。

 

むしろ、タイ風に作った香辛料ミックスがストレートに出ていいのではないかと思った。

 

 

 

ところが、少しホワイトペッパーが多過ぎたようで、その後夜まで口の中がひりひりして大変だった。

 

それでも、にんにくと生姜とパクチーの味はしっかり付いていて、味わいの深さは出ていた。 

 

 

 

 まあ、こんなもんかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.04.03 Monday

タイの薬膳料理ーNourishing Vegi

 

 

 

 

 

 

 過去の、一見無駄に見えたり、とりとめの無い事いろんなことが、ある日今に繋がり、

 

それが社会性を帯びれば、知識から知性に変わるというそうだ。

 

それを行動に移すことを、行動する知性と、

 

中央大学では言うらしい。

 

 

 

このひと言で、中央大学は立派なところと思う。

 

 

タイの空気感が好きで、20 世紀の終わりごろ、よく通っていた。

 

昨年の 1 月に、Nourishig Vegi とテーマが設定されて、早いものでもう一年が過ぎた。

 

 

少しずつ、具体性が出てきて、今はそのメディアに 『 料理動画 』 が登場した。

 

風景の中に入れないとつまらなく、観光ということにはあまり興味が湧かないが、タイ料理も食べるだけから、

 

とうとう、作るところにまでやって来た。

 

 

 

料理動画のメニューに、タイ料理を加えることになって、タイの料理本を買いにジュンク堂に出掛けた。

 

近くのサンケイホールにタイ料理屋さんがあるというので、それならと食べに行く事にしたが、

 

まだ、夕食まで時間があるので、そのビルの 1 階に入っているマーガレットハウエルに行って時間をつぶすことにした。

 

 

今年の夏に着るシャツを物色して、包んでもらう間にふと目をやると、調理道具が置いてあり、

 

そちらに行くと、画像の今必要な道具が、なんと置いていた。

 

手にしてみると、これが使えそうな道具で、

 

なんでこんな若者の洋服屋においているのか、

 

不思議に思ったが、とりあえずゲットした。

 

 

不思議に思うのは、年寄りの思い込みで、若い人たちは案外普通の事なのかも知れない。 

 

そういえば、若い人が集まるところには、必ずオーガニック製品がおいてある。

 

なにも、特別なポップも無い。

 

普通の事として、置いてあるところをみると、

 

若い人たちには、普通の事で、普通の事として捉えられていない、

 

自分たちのほうが、陋習から抜け出せていなくて、勝手な想像でミレニアルズ対策とか言っているのかも知れない。

 

 

 

 

そう思うと、すこし怖くなった。 

 

 

 

2017.04.02 Sunday

ちょっとやりすぎ

 

 

 

 

 

 

昨日のカメラで撮った、田畑さんの新タマネギ。

 

このタマネギに魅せられて、水俣くんだりまで出掛けた。

 

鹿児島空港から、車で山道を抜けて、90 分も走るんだったかな。

 

もっとも、この山道でトヨタのアクアが素晴らしい車だということはよく分かった。

 

 

野菜が自分を呼ぶことを確信した野菜だった。

 

だから、この時も今も違わぬタマネギが持っている 『 気 』 を伝えたいと、頑張って写した。

 

 

 

最近は、写した画像を後にコンピューターで、触れるので楽といえば楽だ。

 

但し、元画像がある程度のスペックで撮っていないと、無いものは加工をしても出てこない。

 

で、今からは、ちゃんと取説を読んでカメラの機能を引き出して加工じゃなくて、生の味を映し出せる技を磨こう、

 

 

と、しているのだ。 

 

 野球は、自分の納得いくレベルまで15年掛かったが、カメラは何年掛かるのだろう。

 

 

 

2017.04.01 Saturday

画像

 

 

 

 

 

 

自分に art の要素はまったく無くて、芸術という言葉には、いっさい無縁と思って生きている。

 

親父は、俳句という表現を持っていたが、自分は唯一何かを表現できるなら、写真かなと思っていた。

 

 

会社では、色んなおもちゃがあるが、一時部長が産地や商品画像を撮るのにカメラが欲しいというので、

 

10 万円の予算で、好きなカメラを用意すればいい、と言っておいた。

 

 

物色の挙句、総額 15 万するけどいいですか、と言ってきた。

 

返事はしなかったが、考えていたら、小豆島の隣のひとがカメラ好きだったので、ふとその話になった。

 

その人曰くは、欲しいカメラがあるのなら、そのカメラを金額という理由で買わなければ、

 

買ったカメラをずうと、後悔しながら使う事になるので、いい写真はとれない。

 

だから、活かす事が目的なら、欲しがっているものを買うべきだと言ってくれた。

 

 

 

おかげで、そのカメラで、随分いい写真を撮って、会社のサーバーには入っている。

 

  

その彼が、会社を辞めるときに、持って行っていいよと言ったが、かれにも何らかの意地があったのか、置いて行った。

 

 

 

 

随分、長い間埃をかぶっていたが、最近料理動画をそれこそ必死になって、作りためているので、

 

それなら、仕事用に撮る画像も、それなりの機材で撮ろうかと思い、カメラを引っ張り出してきた。

 

使いこなせるがどうかは、時間が掛かる話だと思うが、少なくとも最近のパソコンはスペックが高くなっているので、

 

画質そのまま再現できそうだから、ちょっと努力してやってみようと思う。

 

 

 

ただ、重い。

 

ひたすら重く、持ち歩くには肩がこりそうなのが厄介だ。 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.31 Friday

春の小川

 

 

 

 

 

 

通勤途上、家を出て直ぐに渡る橋から珍しく川を見下ろすと、

 

メートル級の鯉が泳いでいた。

 

 

 

この川沿いに住んで 20 年ほどになるが、こんな大きな鯉がいるとは知らなかった。

 

この川は、淀川まで流れる川なので、ひょっとすると、鯉のぼりと言うように、春には川上にのぼって来ることから、

 

5 月 5 日は、鯉のぼりなのかもしれないと、ひとり発見したような気になった。 

 

 

 

ところで、鯉 見える?

  

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ