CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.04.03 Monday

タイの薬膳料理ーNourishing Vegi

 

 

 

 

 

 

 過去の、一見無駄に見えたり、とりとめの無い事いろんなことが、ある日今に繋がり、

 

それが社会性を帯びれば、知識から知性に変わるというそうだ。

 

それを行動に移すことを、行動する知性と、

 

中央大学では言うらしい。

 

 

 

このひと言で、中央大学は立派なところと思う。

 

 

タイの空気感が好きで、20 世紀の終わりごろ、よく通っていた。

 

昨年の 1 月に、Nourishig Vegi とテーマが設定されて、早いものでもう一年が過ぎた。

 

 

少しずつ、具体性が出てきて、今はそのメディアに 『 料理動画 』 が登場した。

 

風景の中に入れないとつまらなく、観光ということにはあまり興味が湧かないが、タイ料理も食べるだけから、

 

とうとう、作るところにまでやって来た。

 

 

 

料理動画のメニューに、タイ料理を加えることになって、タイの料理本を買いにジュンク堂に出掛けた。

 

近くのサンケイホールにタイ料理屋さんがあるというので、それならと食べに行く事にしたが、

 

まだ、夕食まで時間があるので、そのビルの 1 階に入っているマーガレットハウエルに行って時間をつぶすことにした。

 

 

今年の夏に着るシャツを物色して、包んでもらう間にふと目をやると、調理道具が置いてあり、

 

そちらに行くと、画像の今必要な道具が、なんと置いていた。

 

手にしてみると、これが使えそうな道具で、

 

なんでこんな若者の洋服屋においているのか、

 

不思議に思ったが、とりあえずゲットした。

 

 

不思議に思うのは、年寄りの思い込みで、若い人たちは案外普通の事なのかも知れない。 

 

そういえば、若い人が集まるところには、必ずオーガニック製品がおいてある。

 

なにも、特別なポップも無い。

 

普通の事として、置いてあるところをみると、

 

若い人たちには、普通の事で、普通の事として捉えられていない、

 

自分たちのほうが、陋習から抜け出せていなくて、勝手な想像でミレニアルズ対策とか言っているのかも知れない。

 

 

 

 

そう思うと、すこし怖くなった。 

 

 

 

2017.04.02 Sunday

ちょっとやりすぎ

 

 

 

 

 

 

昨日のカメラで撮った、田畑さんの新タマネギ。

 

このタマネギに魅せられて、水俣くんだりまで出掛けた。

 

鹿児島空港から、車で山道を抜けて、90 分も走るんだったかな。

 

もっとも、この山道でトヨタのアクアが素晴らしい車だということはよく分かった。

 

 

野菜が自分を呼ぶことを確信した野菜だった。

 

だから、この時も今も違わぬタマネギが持っている 『 気 』 を伝えたいと、頑張って写した。

 

 

 

最近は、写した画像を後にコンピューターで、触れるので楽といえば楽だ。

 

但し、元画像がある程度のスペックで撮っていないと、無いものは加工をしても出てこない。

 

で、今からは、ちゃんと取説を読んでカメラの機能を引き出して加工じゃなくて、生の味を映し出せる技を磨こう、

 

 

と、しているのだ。 

 

 野球は、自分の納得いくレベルまで15年掛かったが、カメラは何年掛かるのだろう。

 

 

 

2017.04.01 Saturday

画像

 

 

 

 

 

 

自分に art の要素はまったく無くて、芸術という言葉には、いっさい無縁と思って生きている。

 

親父は、俳句という表現を持っていたが、自分は唯一何かを表現できるなら、写真かなと思っていた。

 

 

会社では、色んなおもちゃがあるが、一時部長が産地や商品画像を撮るのにカメラが欲しいというので、

 

10 万円の予算で、好きなカメラを用意すればいい、と言っておいた。

 

 

物色の挙句、総額 15 万するけどいいですか、と言ってきた。

 

返事はしなかったが、考えていたら、小豆島の隣のひとがカメラ好きだったので、ふとその話になった。

 

その人曰くは、欲しいカメラがあるのなら、そのカメラを金額という理由で買わなければ、

 

買ったカメラをずうと、後悔しながら使う事になるので、いい写真はとれない。

 

だから、活かす事が目的なら、欲しがっているものを買うべきだと言ってくれた。

 

 

 

おかげで、そのカメラで、随分いい写真を撮って、会社のサーバーには入っている。

 

  

その彼が、会社を辞めるときに、持って行っていいよと言ったが、かれにも何らかの意地があったのか、置いて行った。

 

 

 

 

随分、長い間埃をかぶっていたが、最近料理動画をそれこそ必死になって、作りためているので、

 

それなら、仕事用に撮る画像も、それなりの機材で撮ろうかと思い、カメラを引っ張り出してきた。

 

使いこなせるがどうかは、時間が掛かる話だと思うが、少なくとも最近のパソコンはスペックが高くなっているので、

 

画質そのまま再現できそうだから、ちょっと努力してやってみようと思う。

 

 

 

ただ、重い。

 

ひたすら重く、持ち歩くには肩がこりそうなのが厄介だ。 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.31 Friday

春の小川

 

 

 

 

 

 

通勤途上、家を出て直ぐに渡る橋から珍しく川を見下ろすと、

 

メートル級の鯉が泳いでいた。

 

 

 

この川沿いに住んで 20 年ほどになるが、こんな大きな鯉がいるとは知らなかった。

 

この川は、淀川まで流れる川なので、ひょっとすると、鯉のぼりと言うように、春には川上にのぼって来ることから、

 

5 月 5 日は、鯉のぼりなのかもしれないと、ひとり発見したような気になった。 

 

 

 

ところで、鯉 見える?

  

 

2017.03.28 Tuesday

ああ 懐かしい

 

 

 

 

 

 

昨日、見つけたチャンネル。

 

じっと聞いていれば、分かる英語も多い。

 

 

タイのドンムアン空港、もう今は無くなっているのだろうけど、

 

ここでトランジットの隙間に、空港レストランに行って初めて食べたタイ料理が、 

 

トムヤンクンスープとカオパッドクンで、これがタイ料理の入り口になった。

 

 

連れて行ってくれたカイチという連れは、もっと馴れていて、よりタイのひと達と同じようなメニューを食べていた。

 

 

 

それから、15 回ほどタイには行ったが、何を食べても死ぬほど美味かった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.27 Monday

タイカレー

 

 

 

 

  

 

ニュルンベルクの展示会でもらって帰ったカレー。

  

 

今撮りだめしている料理動画のテーマは『 集客 』で、来店される方の TPO に即した再生リストにしている。

 

ここに、もう少しメニューにテーマを持たせたくて、目下考え中。

 

考えているのではなくて、

 

テーマは、既に以って作成しているが、それをどのようにまとめて表現するかを整理している。

 

 

大前提が、病気にならないことではなくて、健康な身体作り。

 

病気にならないは、目標がゼロで、健康に成るは、+何ポイントみたいな違いを感じている。

 

実際、タイに行くと、病気にはならないが、元気になる。

 

 

なので、タイの薬膳料理には興味を持っていて、それをみんなに報せたいと思っている。

 

 

あんまり考えるタイプではないので、何かがポコッと湧いてくるのを待っているみたいな事。 

 

 

 

 

2017.03.24 Friday

チンゲン菜のお浸し

 

 

 

 

 

Alphar's Kitchen の名称でクックパットのレシピページを展開しているが、

 

これが、そこそこ人気で、月に2万件の閲覧がある。

 

 

その中で、一時期トップ閲覧数だったのが、チンゲン菜のおひたし。

 

これは、正直おどろきだが、考えてみればレシピが web 上に豊富に出されていて、

 

料理が、母から子へ伝達される事ではなくなりつつあれば、マニュアル化されたレシピで確認はよく分かる。

 

 

多分、おひたしの作り方が分からない訳ではないと思う、それより失敗をしないための確認しているのだろう。

 

 

ここに、いまの若い人の気質が現れているような気がする。

 

えいっ、とやってしまうひともいるにはいて、その後始末に手が掛かるのも困ったものだが、

 

でも、それでその人が、道から外れた時の対応能力が鍛えられればいいが、ところがそうはいかない。

 

経験上知っていることは、そういうひとは、失敗と思っていないのか、次から慎重になることは無かった。

 

 

そういう意味では、慎重過ぎるのも困るが、懲りないのも困る。 

 

 

料理動画が、お店の集客に繋がると考えて、無償でお客様に提供できるように、

 

ドロップボックスで、ダウンロードできるようにしたり、

 

Wi-Fi 環境で YouTube から、そのまま再生リストを作成して放映できるようにも作った。

 

 

考えていることは、iPad を店で設置できれば、そのまま流せるソフト面での準備をしている。

 

普通に、店舗が iPad 購入の稟議を出して、セロテープの台のように本部が「 ハイ ハイ 」となる頃には、

 

少なくとも 100 本以上は、出来上がっていると思う。

 

 

 

2017.03.21 Tuesday

Alphar's Movie 料理動画

 

   

 

 

 

 

 

一週間に 3 動画ずつ製作している。

 

まったくのプライベート製作でしていて、道具が順番に揃っていくのも面白い。

 

 

今朝は、久しぶりに、バナナとヨーグルト。

 

やっぱり、美味いし、なんとなく身体が目覚めて元気が出てくる。

 

そういえば、今からがバナナが美味しくなる季節。 

 

 

 

動画は、ドロップボックスでダウンロードしてもらう方法と、

 

YouTube で、再生リストを作成し、そのままエンドレスでお店でまわして頂く方法とがある。 

 

そのうち、動画作成の方法も確立できれば、公開したいとも考えている。

 

すべて、コンピューターの発達が、個人ユーザーにまで反映してきている事の賜物。 

 

 

 さて、今日は、ヤマダストアーさんの新入社員研修会で、奈良の山口農園さんにお連れする。

 

これで、三度目の新入社員研修会での講師を勤めさせて頂くが、過去の講習内容を振り返ると、

 

その時代があって面白い。

 

あいにくの雨模様だが、新入社員の皆さんのスタートが、良い方向を向くように話しを出来れば幸いだ。 

 

 

 

2017.03.17 Friday

春かな

 

 

 

 

会社のビルの、駐車場部分を駐輪所に借りている。

 

そこに、上の階の爺さんが、ランチュウのブリーダーを趣味にしていて、

 

おびただしいランチュウを飼っていて、おもしろい種の開発をしているそうだ。

 

最近は、自転車通勤なので、毎朝ここに駐輪しているが、動く姿を見たことが無かった。

 

 

陽が射していて、ちょっと暖かかったので、どうかなと覗いて見ると、へろへろと動いていた。

 

 

寒いと、血が流れず、動けないように身体が出来ているんだろうな。

 

腹も減らないんだろうか。 

 

 

 

 

 子供の頃、庭で金魚を飼っていて、一匹白い金魚がいて、

 

こいつが主みたいな雰囲気だったが、良く懐いていたのか、耳が良かったのか、勘が良かったのか、

 

歩く音で、ちゃんと通り道の側の上に必ず浮いてきた。

 

 

 

親父の遊び仲間で、本当は心根の優しい人なんだが、

 

話すことは、とにかく人が驚くほど、まっすぐではなく、辛らつな事を言う。

 

 

「 ほら、見てみぃ、ここの家は金魚に餌をやらないから、餌ほしさに浮いてきよる 」

 

 と、言っていた。

 

 

なるほど、兄弟が退屈しのぎに、麩をたまにやって遊ぶ程度で、餌なんてやる習慣はなかった。

 

睡蓮やほてい草がいっぱいの池だったから、そんなに餌が必要とも思わなかったからだが、

 

まあ、面白い人だった。

 

 

あのほてい草のぷくっと膨らんでいるところを、ある日つぶしてみると、

 

 プシュッ とつぶれる感覚が面白くて、20 個くらい全部つぶしたことがあった。

 

水面に浮くための進化だと思うが、つぶしても、沈まなかった。

 

 

痛かったかもしれないが、その後も池の風景が変わった記憶は無いので、浮いていたのだろう。

 

 

 

 

2017.03.09 Thursday

生姜のこと

 

 

 

  

 

小雪といえば、ラストサムライの渡辺謙の娘役をやってたひとかな。

 

 

 

来週、山梨で会合があり、その会合に呼んでいただいたので、

 

あつかましくも、そのあくる日に、何とか社長にお会いできないかお願いしてみた。

 

二日間、勉強会があるのでどうかなと仰っていたが、私には珍しく聞くだけでも聞いてもらえないかと粘ってみた。

 

 

 

数年前の年賀状に、『 粘り強く 』 と書いたほど、粘りには自信が無いが、たまには粘るときもある。

 

 

それで、翌日の10時という、私にとってまことに都合の良い時刻を空けて頂けた。

 

きっと、私の旅程を想像して頂けたのだと思うが、ありがたいことだ。

 

 

それで、社長のトレビアンというページがあるのを発見して、読んでいると、健康講習会で、

 

この画像の著者のどうも娘さんが講師をしておられていて、そのポスターに、

 

身体を冷やす食べ物と、温める食べ物がある

 

と、書いてあり、テーマが生姜だと書いてあった。

 

 

それで、ネットで調べてみると、どうもお医者さんのようで、しかも私と考えが似ている気がした。

 

それで、そのお父さんの書いた本を取り寄せた。

 

翌日に届く。

 

読んでみると、業界の異端児らしい文体が続いていて、実におもしろい。 

 

 

 

 

 

 

この山梨のスーパーマーケットさんと、姫路のスーパーマーケットさんは、

 

他とは違う結果が似通っていて、其処に何があるのか考えていたが、最近テレビに出られた事で分かった事がある。

 

 

 

心の底から との言葉があるが、どうもひとは、心の底から思っていないと、借り物になってしまうらしい。

 

 

ひとは生きたいように生きればいいと思って生きてきたが、そういう意味では、

 

三藐三菩提 は、そういう事かもしれない。

 

 

 

 

 まあ、なんにしても、たのしみ。

  

なんたって、20年越しの会いたい人だったから。

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ