CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.07.25 Tuesday

何の知らせ?

 

 

 

 

 

 

女の人に結構人気のブランド、トリーバーチ。

 

そのおまけでもらったという、バック型の USBフラッシュメモリー。

 

 

 

毎月一回、必ず営業に行く。

 

どんなに忙しくても、先方がどれだけ忙しくても、必ず日を合わせて行く。

 

免停で 2 ヶ月免許の無いときは、電話でさせてもらったがその間は別件で一度会社を先方から訪問してくれた。

 

 

これだけ顔を合わせて話していると、話がかみ合ってくるから不思議だ。

 

その不思議ではなく、先に予感について。

 

 

 

毎月、商談リストの EXCEL ファイルをメールで送っておいてから、訪問する。

 

今まで一度も無かったが、妙にそのファイルが先方に届いていないような気がしてたまらない。

 

営業担当にも送るので、聞いてみると『 ちゃんと届いてます 』 と言う。

 

それでも、その感覚は消えず、ポータブルの wifi 回線を待っていないので、

 

そうだ、USB を持っていこうと思い、中澤さんに聞いてみると、持っていると言うので、借りて行った。

 

 

 

さて、予定通り just on time に着いて、これも恒例になってきたが、

 

店の青果売り場をウロウロしていると、見つけ出してくれる。

 

 

イザ、三人で商談を始め、メール着いていますよねと言うと、着いていますよと言う。

 

雑談交じりの商品話をしていても、一向にいつも通りスタートしない。

 

となりの営業担当のパソコンは、weekly の発注書を開いている。

 

何度か、開きなおしているように見えるが、どうも同じファイルを開けている。

 

何を調べてんだかと思っていると、チラッと私のパソコンを覗いて不思議そうな顔をした。

 

その直後、「 いつもの割り振り表が今日は無いですね 」 と言われた。

 

どうも、添付するファイルを間違って weekly の発注書を添付していたようだ。

 

それで、画像のメモリーを取り出して、先方のパソコンに取り込んでもらった。

 

 

どうも、嫌な予感が拭い切れなくて、持って来たんですよと言うと、笑ってた。

 

根拠は何も無い、科学的な根拠も合理的な根拠も。

 

でも、事実として、ファイルが届いていないことだけが頭の芯にあった。

 

こういうことには、素直に従うので、いつも助けられる。

 

モーガンフリーマンの番組なら、こういう現象を科学者が解明しようとコンピューターを駆使するのだろうが、

 

その様に考えると、脳の大小に関わらず生きとし生ける物は、この能力に添って種を発展させてきたのだろう。

 

  

  

一行空いていたので、そこを単に埋めた品目以外は、すべて取り組んでもらえた。

 

この企業さんは、ある時青森の紅屋さんと同じだと気がついたが、八百屋の原点を堂々と進んでおられる。

 

元々このバイヤーさんは、勘に従って仕事をする能力のある方なので、割り振りをしながらずうと私の途切れぬ話に、

 

充分な答えを教えてくれて、昨日はいっぱい教えてもらって、教える方も教えられる方も上機嫌。

 

 

市場価格は昨年対比で 82% だそうだ。

 

これだけ違えば、売り上げは上がらなくて当然で、それでも 95 % ほどの売上で推移していると言う。

 

昨対比を割り込んでも、堂々としている姿に、惚れ惚れして、競合先の事をどのように考えているのですかと聞くと、

 

ほとんど考えていないと応えてくれた。

 

 

そんな感じがする。

 

 

このひとは。

 

 

 

自分がするべき事をしていれば、結果はついてくると考えておられる。

 

勘に従った結果の数字に対して、因果関係をちゃんと冷静に整理ができていて、

 

だから、ジタバタと基本方針を変えない。

 

だから、正解が伸びていく。

 

お客さんが見えているという言い方もできるが、

 

それでも、何らかの裏打ちがあるのだろうと、「 すごい量の情報をお持ちなんですね 」 と言うと、

 

その情報取得の実情を明かしてくれた。

 

なるほど、だから先が読める。

 

「 私たちは、何も知らないので教えて頂きたい 」 とお願いをして帰ってきた。

 

 

ところで、青果会議でうちの良くない話は出ますかと聞いてみると、 

 

商品が良くない場合に、良くないと連絡するが、信じてもらえているのかという話しはある。

 

とのこと。

 

もちろん、何の疑いも持っていない、

 

もちろん、かつて疑いを持った企業さんも古くにはおられたが、今のお客さんにはない。

 

画像を送って頂く手間をお掛けしているのは、その発生の事由を知りたいからだが、

 

それなら、その事由が解決されなければ、信じていないから画像を要求されるのかなという疑問を解消できない。

 

これは、重要なメッセージだった。

  

 

で、会社の事務所に置いている iphon にラインを設置する事になった。

 

すこしでも、手間を省くためだが、もう若い人に任せたほうがいい。 

 

 

  

 

2017.07.22 Saturday

少々お疲れ

 

 

 

 

 

 

品川で一泊して、翌朝宇都宮に向かった。

 

新幹線で 90 分ほど。

 

ひょんなことで私の話が噂に上ったようで、それで出来たご縁。

 

 

2 時間近く話しさせていただき、なんとか力になれればいいかなと思います。

 

宇都宮ではずいぶん早くから営業されたいた大変な老舗ということだった。

 

まあ、色んな本部事務所を訪問させて頂くが、なんとなく、それぞれに雰囲気のようなのを感じてしまう。

 

 

いったい、ではうちの事務所はどんな雰囲気なのだろう。

 

 

で、仕事をいっぱい残していたので、宇都宮からまっすぐ東京で乗り換え、高槻まで戻ってきた。

 

 

どの辺だったか、京都が近くなり、ふと目が覚めると隣の窓側の人はいなくなっていた。

 

だらしない姿勢で眠りこけていたのに、上手に跨いで降りてくれたようで、申し訳なかった。

 

 

東京での話しは、大体行く末は分かったが、未だ私自身の身の振り方は整理は付いていない。 

 

 

 

 

 

2017.07.21 Friday

なあ〜んだ

 

 

 

 

 

 

そうなんだ。

 

確かに、生まれながらの尼さんに SEX がそんなにおもしろいのといわれても、

  

もひとつピンと来ないだろうから、

 

 

支配してみないとその面白さは分からないと言われれば、黙るしかない。

 

それじゃマスゲームを、厭きずにデザインして、見ていられる神経は、合理がすべてだと思っているんだろう。

 

 人という意味ではそれぞれで、いいんだから、文句のつけようもない。

 

 

張作霖の爆殺は近江屋で土佐の人間が斬殺されたのと似ている気がする。

 

 

 

時間が無いのでここまで。 

 

 

 

 

 

 

2017.07.19 Wednesday

夏の麺ミュージアム

 

 

 

 

 

松坂屋さんのテナント、魚屋さんに鮭を買いに行った。

 

いま、魚を買うならこの店と思い、いつも行くが行く度賑わっている。

 

 

そこから、何を買うんだったか嫁に付いて行っていつも行く売り場に行くと、

 

夏の麺をテーマにした売り場が作ってあり、今年の我が家のトレンドになりそうな半田めんがいっぱい並んでいた。

 

箱ごと買おうかと思ったが、重そうなのでやめた。

 

食べてみたい、麵や汁がいっぱい並んでいた。

 

 

スーパーマーケットを凌ぐお客さんの入りだった。

 

なんとなく、いまの食品の買い物客が、何を求めて、何処に集まっているか答えを見せてもらったような気がする。

 

 

決して、安さを求めてきている人たちではない。

 

いわゆるデパ地下の惣菜売り場にひとはまばら。

 

それゃそうだろう、そんなに惣菜を買う人は少ないと思う。

 

ここは、高槻のデパートなので、梅田のデパートじゃない。

 

買い物ついでに、デパートに来ているわけじゃなく、明らかに食品を買いにデパートに来ている。

 

買い物ついでなら、惣菜を買おうとするが食品を目的に松坂屋に来ている。

 

つまり、それだけ高槻に食品を買おうとするスーパーマーケットが無い事がわかる。

 

 

魚屋も八百屋も、スタッフがたくさん店に出て、接客をしていて昭和の風情がある。

 

このグロッサリー売り場は、ナショナルブランドではないものが並んでいる。

 

 

なんとなく、北海道の東武さんを思い出した。

 

 

 

 

 

  

 

2017.07.12 Wednesday

大阪の黒門市場

 

 

 

 

これは、黒門市場近くにある タイマーケットというタイの食材屋さんに貼ってあった。

 

 

 

 

 

 で、タイマーケットに行きたくて、黒門市場に行ってきた。

 

 

すごい賑わいだった。

 

最近、大阪に行っては驚かされて帰ってくる。

 

 

神戸牛、マグロの大トロ、うに、ホタテ、タラバカニ、メロン、とにかく何でも高いもの。

 

 

 

飛ぶようには売れていないが、ああして置いてある限りは売れはするのだろう。

 

歩いているうちの日本人は 10 % 程度かな。

 

 だって、普通に普段見かける値段の倍ほどしていた。

 

売る方も、異様な盛り上がりに、文字通り鼻息が荒かった。

 

 

 

面白かったのは、理性を吹っ飛ばしてしまった店ほど鼻息が荒く、

 

自分を壊しきれない店は、おとなしく黙って、ただずいぶん換わってしまったものだとつまんなそう。

 

シャッターを閉めている店は、見るのも耐えられない状況なのかもしれない。

 

 

先日の神戸の中華街とは違って、ここは日本だった。

  

 

 

2017.06.13 Tuesday

いいんじゃない

 

 

 

 

 

 

さあ、今日はロングドライブだ。

 

佐久市まで行く。

 

 

日本もなかなか広い。

 

 

そういえば、ずいぶん昔に行った事がある。

 

浅間山って山がきれいだったような記憶がある。

 

 

 

 

2017.06.12 Monday

2222

 

 

 

 

 

すごい数字だ。

 

 

比叡山の僧が、写経をするのかどうか知らないが、これだけすれば大した修行になるだろう。

 

 

初めて、この彼女の文字を見たときは、ずいぶん楽しそうな字を書くと感心したものだ。

 

何処に特徴があるかといえば、右に跳ねるところが印象的で、そこが実に軽くていい。

 

 

 

 

 

 

2017.06.11 Sunday

father & son

 

 

 

 

 

 STING 親子

 

 

Son がカバーしてた。

 

2017.06.09 Friday

お勉強

 

 

 

 

 

 

京都から新幹線に乗って、品川から地下鉄をふたつ乗り継いで、六本木に着いた。

 

 地下鉄を乗り継ぎしなに、ホームから乗り継ぐべきを改札を出るもんだとばかり思って、出たはいいけど、

 

乗り継ぐべき大江戸線へのエレベーターがあったが、どうも怪しいような気がして、コンシェルジュに聞いてみた。

 

 

何であんなところに彼女がいたのか分からないが、彼女はそういう役どころで、きっと英語も話せるのだろう。

 

今回、随所でそういう方たちが案内をしてくれていて、さすが世界の観光地然たるものがあった。

 

 

すでに、この国は観光立国になっていたと知った。

 

 

で、改札口の兄さんに説明してくれて、自動の改札マシーンに収納されてしまった切符を、

 

認めてくれて、到着駅でこれを渡せばトータルで差額だけで大丈夫です、とやたら田舎もんの老人にやさしい。

 

 

 

六本木に着いたはいいものの、西も東も分からなくて、そうだ iPhone があったと、

 

でも、どれがみんなが使っているナビのアプリか分からない。

 

会社に電話をしようかと思ったが、あまりに情けないので自分で探した。

 

マップというのがあったので、これだと思い検索してみたら、山口県だの広島県だの、

 

で、東京と打ち足してみたら、どうやらこれだというのが出てきた。

 

 

しめしめ、できるじゃん、とか思いながら、歩き出すと、ナビ通り歩いているのだかなんだか分からない。

 

 

結局、案内には 6 分 と書いてあるのに、ナビには 800m とか、歩くごとに到達距離が増えていく。

 

これは、遠ざかってんじゃねぇかと思い、冷え汗かきながら、歩くと六本木ヒルズの中に迷い込んだ。

 

 

もう、帰ろうぜ、という頭にささやきかける魔の誘いと戦いながら、ふと、喫煙所に行き当たった。

 

喫煙所にしては、見晴らしが良く、右にお兄さん、左にお姉さんがいて、どちらに聞こうか迷ったが、

 

こういうときのお姉さんは、冷たくあしらう癖があるのを知っているので、お兄さんに聞くことにした。

 

お兄さんは、私の手にある iPhone を、いいですかと、手にとって、拡大して、ああ分かりました、この下の道を・・・

 

 

と、その下の道までの道筋を丁寧に教えてくれた。

 

 

泣きそうになりながら、6 分をタクシーに乗るわけにも行かないし、まして方向が分からないから、

 

どっち向きのタクシーを拾えば良いのか分からないし、とか独りブツブツいいながら歩いていると、

 

何人か、 iPhone 片手に歩いているスーツ姿のお兄さんとすれ違った。

 

みんながんばってんだ、と自分を励まして、ひたすら心を無にして歩いた。

 

 

どうやら、この角を左に曲がればというところまで来て、左に曲がると、

 

目の前は、とんでもない上り坂だった。

 

たしかに、その交差点は、鳥居坂下、と書いてある。

 

 

 

あきらめて、登っていくと、そこは旧岩崎邸と書いてあった。

 

そうか、弥太郎君の家だったのかと思いながら、入っていった。

 

そもそも、今日は 『 秘密会議 』 という洒落た会合だが、これじゃ秘密も何もないなあと思いながら、

 

フロントのお姉さんに、どこの部屋と聞くと、やっぱり冷たく指で示されただけだった。

 

まったく、関東の女はきつい。

 

 

東男に京女というから、気をつけろとは、幼い私への父親の教え。

 

やはり、父の言う事は正しい。 

 

 

 

 

 

2017.05.30 Tuesday

いい旅をしてるかな

 

 

 

  

 

 

いま、次代を担う息子が、アメリカ視察セミナーに参加させてもらっている。

 

この日本経営コンサルタントが主催されている米国視察セミナーには、昨秋私と中澤も参加させてもらった。

 

 

たくさんの刺激を受けたし、感動もした。

 

とりわけ私は、水元氏や稔子ウイルソン女史が朝にしてくれた講義に触発を受けた。

 

 

 

今回、ひとり参加している彼も、圧倒されているのではないかと想像している。

 

 ここまでやらなければならないのか、と冗談では済まされない事態を感じているのではと思っている。

 

 

こうして、ありがたいことに水元氏が毎日ブログでアップしてくれるので、様子が分かり大変助かっている。

 

このブログの所在を、彼のひとり日本で待つ嫁に知らせたら、やはり様子が見られて嬉しいと返事してきた。

 

 

 

この画像は、PCC という確かシアトルにある COOP 。

 

 

先方の店長さんにインタビューをして、いろいろ聞かせてもらえる機会が設定されていて、

 

ただ、見るだけではなく、考え方とか、見てるだけでは分からない部分も教えてもらえる。

 

昨年は、有機とは地域のこと、とズバリ確信をついた話をしてくれた。

 

 

 

何故、こういう店がいま必要なのか、日本だって同じだということを、彼が理解してくれればいいと思う。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
Sponsored Links
a>
香川県-坂手
提供:釣り情報フィッシングラボ